猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Pink

b0118624_128878.jpg


 本日はお下劣風味なお話を少々。
苦手な方はお読みにならないがよろしいかと思います。


さて、先月末からヒート中のキュー。
彼女も5歳、お色気ムンムンの熟女となりました。
散歩へ出れば、自己アピールに余念がありません。


ヒート期間は、大まかに「前期(前触れ)」「中期(ど真ん中)」
「後期(おまけ)」と、3つの時期に分かれています。
中期のど真ん中、わずか2〜3日が交配可能日となります。

まぁ、僅か数日のために種族繁栄本能が騒ぐわけですから、
キューの行動だって時期により大きく変わります。
中期になると「いよいよ」感が高まり、特有の行動を示します。
おしっこの回数や場所など、わかりやすい変化でしょう。
牝は一カ所におしっこをする子が多いですが、
未避妊の牝は牡ばりにちょこちょことマーキングをする子が多く、
ヒートともなれば牡も真っ青なほどマーキングをする子もいます。


キューは通常、折り返し地点の公園(という名の野原)まで
用足しを我慢するタイプ。
公園に着いてから、「私キューちゃん、よろしくね」と名刺を配るわけです。
名刺=おしっこで、犬同士を繋ぐ重要な連絡ツールなのですよ。


昨日の散歩時。
公園へ行くまでに3カ所、けっこうな量を用足し。
「そんなに貯めてたの?!」と驚くほどの量。
どれも同じくらいの量で、熱心にしたためていました。
場所にもこだわりがあり、特定の犬へ向けたアピールらしく。

そして公園へ着いたとたん、
腰を上げる暇がないくらい名刺を配りまくるキュー。
もうね、中腰で後肢をガバっと開き、カクカク歩きながら。
他の名刺を嗅ぎ取るのも真剣で、繁みに顔を突っ込みっぱなし。
「へんないきもの」に載せてもいいくらい、変な生物。

そこで配っているのは、いつもの「私キューちゃん、よろしくね」
という挨拶メッセージではなく、たいそうピンクに染まった名刺では
ないかと思えるわけですよ。

例えるなら、一昔前、電話ボックスに貼付けられていたピンクチラシ。
肌も露なお嬢さんの写真とメッセージに電話番号が書かれた小さな紙片が、
ボックス中に貼りまくられてましたっけねぇ。
まさしくアレを、公園中に貼付けまくってるように見えるのです。
メッセージ内容なぞ、ブログ上で文章に出来ませんわ。


考えると、あぁ、赤面。


飼い主の考えをよそに、キューは腰砕けで歩きまわり、目はイってました。



帰宅してキューの体を拭こうと思ったら、顔と腹&股下がベタベタ。
これ以上無い、ってくらいオヒシバの媒介者となってました…。


この季節、犬の飼い主を悩ませるオヒシバは、よくある雑草の顔をしながら
ネバネバした樹液のような汁を分泌し、通りかかるもの全てをベタベタにし、
種を運ばせるのです。
このネバネバ、石けんで洗うまでとれないんですよ〜。

そう、いつも行く公園は一面、オヒシバが繁っているのです。
通常のキューなら、足先にちょっとベタベタが付くくらいなのに。


結局、コレで得をしたのはオヒシバだけ。
キューの一方通行なピンクに染まったメッセージは、
昨晩からの雨にかき消されていることと思います。



そういえば。
一つ前の記事で「iPhoneの修理」と書いて思い出しました。
パソコンが壊れたんですよ、9/1に。



ゲリラ豪雨に襲われ、水没しました。
例えでなく、本当に水没してました。
本体傾けたら、ザーッッって水が出てきましたから。

電源入ってたんでね。火事にならなくてよかったです。



今年、どれだけの物が壊れれば連鎖が止まるの〜?!
[PR]
by nana_gizmo | 2012-11-06 12:11 | ウィペット