猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ニュウモが旅立ちました

b0118624_10292994.jpg

昨晩、ニュウモが虹の橋を渡って行きました。
16歳半、大往生です。
いつも騒がしい子だったのに、
最期は眠るように逝きました。

我が家に来たのは、ちょうど16年前の8月。
3頭いる中から選んだのがニュウモでした。
次は絶対キャリコ!と決めていたのに、
背中に飛び乗って甘えてきて、
手を出すと甘咬みするホワイトの子に、
すっかり虜になってしまったのです。


b0118624_10293065.jpg



案の定、神経質な子で、怒られると脱糞、
尿を漏らしながら壁を駆け上るほど。
なかなか手を焼かされました。

我が家ではスミコに懐いて人にはあまり慣れず、
スミコが旅立った時は、一時的に人べったり。
その後はマーキーにべったりとなりました。


b0118624_10293016.jpg



あまり丈夫な子ではなかったので、
ここ数年、夏は越えられない、冬は迎えられない、
と季節ごとに心配していましたが、
我が家の猫たちの中では一番の長生き。
本当によく頑張りました。


b0118624_10293115.jpg




我が家で、最後の猫が旅立ちました。
ブログタイトルにある「猫を背負って」は、
もう出来なくなったのです。
この20年、酷い猫アレルギーを抱えながら、
自分もよくやったなぁ、と思います。

ひとまず、猫はおしまい。
将来的に飼うことがあるかもしれませんが、
猫アレルギーが改善されないと難しいでしょう。

ということで、このブログも終了です。
もう猫は背負っていませんので。
って、これだけ放置しておいてナンですが(;^_^A

今年は仔犬を迎えたこともあり、
別ブログを立ち上げるつもりです。
申し訳ありませんが、ここで告知はしません。
知っている方にだけご連絡させてください。
もし、まだこのブログをチェックしてくださっていて、
引き続きブログを読みたいと思ってくださるなら、
コメント欄から「鍵つきコメント」でご連絡ください。

ブログという媒体を利用しながら恐縮ですが、
ある時点から自由に書けなくなったこのブログに、
とても疲れてしまい更新できなくなりました。
今度は内輪向けの、ごく個人的なブログです。

皆さま、長い間、当ブログを読んでくださり、
本当にありがとうございました。
またお会いすることがあるかもしれませんが、
その時は改めてよろしくお願いいたします。


[PR]
# by nana_gizmo | 2016-08-27 09:46 |

ライブ告知

久々の更新でライブ告知って、感じ悪いですが。
3年半ぶりくらいにフルのライブやります。



11/29(土) 新大久保 Quarter note
→ライブハウス リンクはこちら←
14:30OPEN 15:00START
(トップなので15:00スタート)

Motley Crew のコピバンで
Motor crowe というバンドです。



今年は自分の体調を含め悪いことばかりで、
本当に辛い一年でした。
厄払いのつもりで、最後に暴れて参ります。

入口でバンド名を伝えるとワンドリンク代だけで
入場できる?ようなので(違ったら申し訳ありません)、
お時間のある方はお立ち寄りください。

当日は7バンド出演予定で、うちのバンド以外は
ポップスやロックらしく、音楽好きな方にはおすすめ。



唐突な更新&告知。
まぁ、いろいろありますよ。

そうこうしてるうちに、この間生まれた子供は来春、幼稚園。
時間の速さに恐怖を感じる今日この頃。
まぶたのカサカサが無性に痒い晩秋であります。

また、きちんと更新できるようお祈りください。
私もそう、祈ります。


[PR]
# by nana_gizmo | 2014-11-24 12:49 | 音楽

今年も明けましたねぇ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


あぁ、今年も年が明けたんですねぇ。
って、もう1月終わりですが。
さすがに、2月に新年の挨拶は無かろうと思い、
取り急ぎ更新しました。

いや、もちろん1/30の挨拶もないですが。


更新無しの言い訳をしますと、
またもや体調を崩していたり、
年末に急遽、引越しをしたりと、
身の回りがガタガタしていまして。

しばらくは更新もポツポツかと。
あ、何時ものことか。


そんな間に、ようやっとiPadデビューしました。
PCが無くなって1年半、ようやく自分のマシンがやってきたのです!
至極快適、楽しくて一日中触っていたい気分です。心は。

そうはいかないのが主婦の悲しさ。
せっかくのiPad、活躍度の低さが悩みの種です。


ということで、体と相談しつつ、
ボチボチ更新していきます。
[PR]
# by nana_gizmo | 2014-01-30 08:40 | 徒然

寒くなると…

b0118624_14504735.jpg



 いや〜、寒くなりましたねぇ。
最後にブログを更新した時は、半袖半ズボンで家の中を
ウロウロしていたように思いますが、今やヒートテック下着なしでは
耐えられないような寒さとなってます。

あ、我が家の場合ですが。
寒いんですよね、うちのリビング。
しかし今から暖房を使用すると光熱費がバーストしてしまうので、
暖房費節約を目指し、着込める物を目一杯かき集めてます。


でね、こう寒くなると、ムクムクとある欲望が…。
もう、抑えきれなくなってしまうのです。






いろいろ想像しました?
たぶん、ハズレですよ、どれも。
答えは簡単、しかし想像しにくい。

正解は「寒くなると『編み物』をしたくなる』でした〜。
なんとオーソドックス。

下手の横好き魔王としては、手軽な手芸として外せないです、編み物。
初めて編んだのは中学2年のとき、しかもサマーセーター。
何を考えてたんでしょうね、自分。
まぁ、学生時代はマフラーだのセーターだの、いろいろ編みました。
若い頃にありがちな「お付き合いしてる人用」でしたっけ。

その後は編んでない時期もありましたが、決定的だったのはクマが手作り好きなこと。
結婚するまでは毎年、なにかしら編んでましたっけねぇ。
「釣った魚に…」じゃないですが、そういえば結婚してから作ってないなぁ。


寒くなれば編みたい欲望が湧く。
しかし編むには何か、原動力が欲しい。
実際、面倒なんですよ、編み物なんて。

自分が身につける用に編めばよいのでしょうが、
自分が使う物を作る気がしない。
これは編み物に限らず、物を作るときは何でもそう。

「ありがとうって言われたい!」とか「誰かが使ってくれたら幸せ」なんて
考えて作るわけでなく、単純に自分の物を作るのは面倒くさいってだけ。
もちろん使ってもらえたら嬉しいですが、そこは目的でなく、
誰かにあげるという大義名分が欲しいのですよ。
まったく面倒くさい人間でホント、申し訳ない。


そして今年、久々に寒くなって始めました、編み物。
大義名分が見つかったからです。

「子供に編んであげる」という大きなヤツ。


いいですねぇ、この響き。
どっかの素敵ママみたいじゃないですか。
現実は全然、素敵じゃないですがね。

下手なので素敵じゃないし、帽子というお手軽アイテム。
しかも昔々、クマのマフラーを編んだときの余り毛糸で作るという手抜き加減。

だいたい子供のためじゃない。
自分の欲望のためですもん。


名人は2時間くらいでチャチャっと編み上げちゃうそうですよ、
美しい模様編みとかバンバン入れちゃって。
私はといえばスーパー初心者向け・メリヤス編み一辺倒、しかも輪針使用。
クルクル進んで、先を絞っておしまい。
あぁ、なんて簡単。

初心者でも簡単なはずの帽子なのに、
何年ものブランクがある浦島太郎子な私がやることといったら、
まず始める前に時間がかかり、編み始めては何度もやり直し。
こんなもんです、私の手作りなんて。


それにしても自分がよくわからない。
面倒くさがりで不器用なくせに、どうしてこう、物を作りたくなるのか。
「『人のため』という大義名分が欲しい」なんて生意気なことを言って。
まったく理解不能であります。

きっと物作りじゃなくても良いんだと思います。
すべてを忘れて単純作業をただ繰り返す、
没頭してるその時間が欲しいんじゃないか、と。

こんな人間はリンゴの袋を作るような内職でもした方が、
世のため人のためですかね。


あぁ、画像なんかアップしませんよ。
本当に素敵じゃないですもん。

逆にストレスが溜まったような気もするけど。
いやいや、それでも。

スッキリした〜!
[PR]
# by nana_gizmo | 2013-11-27 15:10 | 徒然
 いつも変わった音楽を探してるわけじゃないんですが。
個人的に興味深く、面白かったのでご紹介しようと思います。

バグパイプって、馴染みがないですよね。
たまたま「エディンバラ ミリタリー タトゥー」の動画を見て、
ほとんど知らないバグパイプのことを調べて行き当たりました。




曲は正統派ヘヴィメタル、AC/DCのThunderstruck。
不思議なくらい違和感無く仕上げています。

→元ネタはこちら←


バグパイプの生演奏を見たことがないので、この動画を見て初めて、
演奏する大変さを知りました。
左手はずいぶん忙しいんですね〜、驚きです!

しかも胴体部分がいつも一定の圧力になるよう、
吹いたり押したりで微調整をしているのだそう。


バグパイプの音色は伝統的かつ独特であり、
純朴な響きから牧歌的なイメージを持っていましたが、
実際は進軍の先頭で味方を鼓舞し敵を威嚇するため、武器を持たずに吹き鳴らし、
倒されても後手の演奏者がバグパイプを拾い、何事もなかったように吹き続け、
敵に「相手は不死身なのか?」と恐怖を抱かせる、重要な役目だったとか。
そう聞くとあの牧歌的な音色は、急に物悲しく感じます。




こちらは映像荒いですが、QueenのWe will rock you。
こんなミュージシャンが街角に居たら面白いなぁ。




「オーストラリアで名が知れている」というのは、このせい?
人気オーディション番組で演奏しています。
99 Red Balloonsを最後に演奏していますが、
あの曲、バグパイプに似合い過ぎで笑えました。
ネーナは棒読み、もとい棒うたい歌手でしたもんね。


「バグパイプって面白い!」と、
世界が広がったような気のする動画でした〜。
[PR]
# by nana_gizmo | 2013-10-09 18:05 | 音楽

キツネはなんて鳴くの?

 先日、衝撃を受けた動画をご紹介。




昨日、音楽ニュースで配信されたのでご存知の方もいらっしゃるかと。
世界を席巻中の“キツネ・ソング”
イルヴィス「ザ・フォックス」日本語字幕付ビデオ公開


いや〜、いいですねぇ、これ。
突き抜けた感じがとっても良いです。
しかも音楽としてもきちんと聞けます。


こちらはエレン・デジェネレスのショーでのパフォーマンス。
個人的にはこれが一番好きです。
(3:10あたりからパフォーマンスが始まります)

コメディアン魂が騒ぐんでしょうかねぇ、3人で盛り上がってます。


なんですかね、北欧っていうのは突き抜けた芸が得意なのか。
ロック、ある意味 激しいロックでもノルウェーのバンドを紹介しましたが、
彼らはコメディアンのようなミュージシャンでした。
今回のイルヴィスは本物のコメディアンだそうです。

好きずきは分かれそうですが、私は、好きです。
[PR]
# by nana_gizmo | 2013-10-03 00:54 | 音楽

珍しく良かったこと

 毎年恒例、パーティーライブが終了しました。
年一本番、年二練習のバンドとしては珍しく、良い出来だったようです。

年一活動はバンドとして機能しているのか疑問ですが、
リーダーがいて、彼が声掛けしていれば、まぁバンドなのだと思います。


しかし今回は、焦りました。
もちろん、自分の下手さ加減に。
ただの下手じゃなく、過去最悪の衰えた下手さです。

他のメンバーは技術が高く、なおかつ掛け持ちでバリバリ活動しているので、
皆いいトシだけど、年一回だろうが十年に一回だろうが上手なわけですよ。

翻って毎日、子供時間、童謡ばかり歌ってる浦島太郎子には、
もう、すべてにおいてペースが合ってないのです。
音楽どころか流れてる時間が違うよね、という感じ。
一言で表現すれば、鈍い。頭の芯まで鈍ってる。
「これが老化ってやつなんだ…」と落ち込みましたよ。

ただでさえ下手で、楽器隊に申し訳ないレベルなのに、
基本的なことも出来ないオバサンが、バンドに居て良いはずない。
バンドも、音楽もいっそ辞めようかと考えました。
「いつもそんなん言ってる」ようだけど、今回は冗談抜き。
今までは「自分が納得できないから辞めようか」だったけど、
自分の存在が迷惑だから辞めようかと思ったのです。


悩んだあげく、最後の練習前日、と〜るちゃんに相談しました。
プロのミュージジャンであり、アマチュアの指導にも
心を砕いてくださる素敵な方です。
そしてなんとか、と〜るちゃんの励ましと的確なアドバイスで、
最後の練習を納得のいく形で終えることが出来ました。

さすが、多くの痛みを知ると〜るちゃん。
本当にありがとうございます。


今回、一番嬉しかったのは、スーパー辛口評論家のクマから
バンド全体としても、私個人的にも過去最高に良かったと、
初めてお褒めの言葉を頂いたことでした。

同じバンドだったり、ライブを見たり、練習音源を聞いたり、
夫婦で音楽やってますから、お互いの音はイヤという程よく知ってます。
今まで一度も褒められたことはありませんでしたが、
そのクマが「良かった」と言ってくれたことは、
やっと大きな壁を越えられたように思いました。


音楽のことを書くと、いつも暗い気持ちになりますが、
今回は珍しく良いお話でした。


ステージにご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました。
これからも歌の道、精進いたします。



そんな良い話が進行中の裏で、密かに洗濯機が故障中。
我が家とパナソニック製品、相性悪いなぁ、ホント。
ちなみにこの洗濯機、7年物ですが修理4回目です。
どうなってるの、もうっっ。
[PR]
# by nana_gizmo | 2013-09-25 15:33 | 音楽

えー。

 もう、何がなんだか。

えー、パソコンが壊れました、またもや。
こんなことを書くの、何度目なんだろ。


事の発端は昨年9/1、ゲリラ豪雨を浴びた私のパソコン。
起動中ということもあり、見事撃沈。

その後はクマのパソコンを共有し、過ごしてきました。
が。

そのパソコンのハードディスクが、今年のお盆中にクラッシュ。
「ここが変、あそこが動かない」という前兆はあったものの。
バックアップにマメでない二人は、大打撃を受けました。

5年経ったMacBook Pro。
電池パックも膨張し放題で、そろそろ限界かと思われています。
とりあえず応急処置をして、最低限使用できる形ではありますが。


普段ならそれでも構いません。
そんな時に限って、仕事が入るのですよ。

仕方がないので、知人からPCを借りてきました。
Illustrator CS4のパッケージ付きで。

インストールしました。
途中まで作業して保存しました。



続きの作業をしようと立ち上げたら、クラッシュしてました。
もちろんファイルも飛びました。

その後、再インストールするも動かなくなり、
最終的にOSの再インストールが必要な状態に陥りました。



何ですか、これ。
電子機器の呪いですか。

もうね、本当に嫌になってます。
どうなってるんでしょ、我が家って。


あがいても締め切りはやってくるので、
姑息な手段を使って突貫工事中。

ストレスフルな中での、愚痴でした。
[PR]
# by nana_gizmo | 2013-09-13 15:53 | 徒然

恒例の。

 夏休み最終日です。
今時は小学生さえバラバラ日程の夏休みですが、
私の心の夏休みは、もちろん8月31日まで。


最近は小学生ママの談話が聞けたりして、
とっても懐かしい気持ちになったりします。
夏休みの宿題が少なくなったという昨今ですが、
それでも親と子は変わらず、悪戦苦闘してるんですねぇ。

曰く
「お母さん、自由研究、やってない…」
「なんで今、言うのーーー!もっと早く言いなさいっっっ!!」

「ねえママ、工作、作ってない」
「ママが作るからよこしなさいっっっっ!!!」


変わらない風景が、今もあるんです。
ちょっと嬉しいような、同情しちゃうような。

自分も何年か後にこんな台詞を叫ぶのかなぁ?なんて
微笑ましくも恐ろしい気持ちになりました。



しかし。
うちの子供は容姿、性格ともにクマ似。
夏休みに入ったとたん宿題を片付けていた脅威のクマに似ている、
ということは、やはりサクサクと宿題を片付けてしまうのでしょうか。

そうだとしたら、何となく寂しいような。
イベント一つ、すっ飛ばした気分。



どんな事が起こるのだろうと妄想する、
珍しくのんびり気分な8月31日。
暑いけれど、虫の音が響く夕べです。
[PR]
# by nana_gizmo | 2013-08-31 19:02 | 徒然

久々の海外ドラマ紹介

 いやぁ、良い時代になりましたね〜。
かつて海外ドラマは、スカパーへ加入して番組表と首っ引きになり、
何時間もテレビの前から動けない!なんて日々もありましたが。

今や『hulu』という素晴らしいモノがあるお陰で、
空いた時間に一気見したり、僅かな時間にチョコチョコ見たりと、
自分の都合で自由に海外ドラマを見られるようになりました。

これが便利でして。
毎日、どうにかして2〜3エピソードを見ています。


さて。
自由に見られるようになると、気づくことがあります。
今まで好きだったドラマを、寝る間を惜しんで通して見たりすると、
気づかなかった良い所を発見したり、逆に粗が目立ってガッカリしたり。
テレビでだったら見なかっただろう作品も見るようになり、
新たなドラマを好きになったり。


そんな中、大のお気に入りになったのは『Bones』。
若干、ご都合主義的な事件の経緯が気になったりしますが、
登場人物の魅力が大きく、主役から脇役まで深く作り込まれています。
「事件ドラマ」というより、キャストたちの成長を見るドラマのよう?!
重いテーマも彼らの魅力で、楽しく見られるのが気持ち良く。
以前から面白いと感じていましたが、お気に入りに昇進しました。


お次はシリアスな『クリミナル・マインド』。
FBIの行動分析課(BAU)に持ち込まれる事件を、
プロファイラーたちが解決するクライムシーンドラマです。
BAUでは警察で抱えきれない凶悪犯罪や、専門家でないと解明できない
異常犯罪が持ち込まれるため、エピソードは重く厳しいものばかり。
しかし登場人物たちは予想外に人間味あふれ、現実に苦しみ抜く。
そこが胸に迫り、涙なしには見られないエピソード多数。

続けて見るとテーマの重さや残酷さに疲れることはありますが、
モーガンとガルシアのやりとりは見事に重いムードを打破し、
時に涙を誘い、愛を感じる一服の清涼剤となります。
そのバランスも良い具合で、とても引き込まれます。


新しい作品が次々と追加されていますが、犬好きには嬉しい
シーザー・ミランの番組がこの度、追加されました〜。
映画・ドラマ・ドキュメンタリー、いろいろ見られるhuluです。
月額料金も良心的だし、おすすめです!
[PR]
# by nana_gizmo | 2013-08-21 10:52 | 徒然