猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:音楽( 64 )

ライブ告知

久々の更新でライブ告知って、感じ悪いですが。
3年半ぶりくらいにフルのライブやります。



11/29(土) 新大久保 Quarter note
→ライブハウス リンクはこちら←
14:30OPEN 15:00START
(トップなので15:00スタート)

Motley Crew のコピバンで
Motor crowe というバンドです。



今年は自分の体調を含め悪いことばかりで、
本当に辛い一年でした。
厄払いのつもりで、最後に暴れて参ります。

入口でバンド名を伝えるとワンドリンク代だけで
入場できる?ようなので(違ったら申し訳ありません)、
お時間のある方はお立ち寄りください。

当日は7バンド出演予定で、うちのバンド以外は
ポップスやロックらしく、音楽好きな方にはおすすめ。



唐突な更新&告知。
まぁ、いろいろありますよ。

そうこうしてるうちに、この間生まれた子供は来春、幼稚園。
時間の速さに恐怖を感じる今日この頃。
まぶたのカサカサが無性に痒い晩秋であります。

また、きちんと更新できるようお祈りください。
私もそう、祈ります。


[PR]
by nana_gizmo | 2014-11-24 12:49 | 音楽
 いつも変わった音楽を探してるわけじゃないんですが。
個人的に興味深く、面白かったのでご紹介しようと思います。

バグパイプって、馴染みがないですよね。
たまたま「エディンバラ ミリタリー タトゥー」の動画を見て、
ほとんど知らないバグパイプのことを調べて行き当たりました。




曲は正統派ヘヴィメタル、AC/DCのThunderstruck。
不思議なくらい違和感無く仕上げています。

→元ネタはこちら←


バグパイプの生演奏を見たことがないので、この動画を見て初めて、
演奏する大変さを知りました。
左手はずいぶん忙しいんですね〜、驚きです!

しかも胴体部分がいつも一定の圧力になるよう、
吹いたり押したりで微調整をしているのだそう。


バグパイプの音色は伝統的かつ独特であり、
純朴な響きから牧歌的なイメージを持っていましたが、
実際は進軍の先頭で味方を鼓舞し敵を威嚇するため、武器を持たずに吹き鳴らし、
倒されても後手の演奏者がバグパイプを拾い、何事もなかったように吹き続け、
敵に「相手は不死身なのか?」と恐怖を抱かせる、重要な役目だったとか。
そう聞くとあの牧歌的な音色は、急に物悲しく感じます。




こちらは映像荒いですが、QueenのWe will rock you。
こんなミュージシャンが街角に居たら面白いなぁ。




「オーストラリアで名が知れている」というのは、このせい?
人気オーディション番組で演奏しています。
99 Red Balloonsを最後に演奏していますが、
あの曲、バグパイプに似合い過ぎで笑えました。
ネーナは棒読み、もとい棒うたい歌手でしたもんね。


「バグパイプって面白い!」と、
世界が広がったような気のする動画でした〜。
[PR]
by nana_gizmo | 2013-10-09 18:05 | 音楽

キツネはなんて鳴くの?

 先日、衝撃を受けた動画をご紹介。




昨日、音楽ニュースで配信されたのでご存知の方もいらっしゃるかと。
世界を席巻中の“キツネ・ソング”
イルヴィス「ザ・フォックス」日本語字幕付ビデオ公開


いや〜、いいですねぇ、これ。
突き抜けた感じがとっても良いです。
しかも音楽としてもきちんと聞けます。


こちらはエレン・デジェネレスのショーでのパフォーマンス。
個人的にはこれが一番好きです。
(3:10あたりからパフォーマンスが始まります)

コメディアン魂が騒ぐんでしょうかねぇ、3人で盛り上がってます。


なんですかね、北欧っていうのは突き抜けた芸が得意なのか。
ロック、ある意味 激しいロックでもノルウェーのバンドを紹介しましたが、
彼らはコメディアンのようなミュージシャンでした。
今回のイルヴィスは本物のコメディアンだそうです。

好きずきは分かれそうですが、私は、好きです。
[PR]
by nana_gizmo | 2013-10-03 00:54 | 音楽

珍しく良かったこと

 毎年恒例、パーティーライブが終了しました。
年一本番、年二練習のバンドとしては珍しく、良い出来だったようです。

年一活動はバンドとして機能しているのか疑問ですが、
リーダーがいて、彼が声掛けしていれば、まぁバンドなのだと思います。


しかし今回は、焦りました。
もちろん、自分の下手さ加減に。
ただの下手じゃなく、過去最悪の衰えた下手さです。

他のメンバーは技術が高く、なおかつ掛け持ちでバリバリ活動しているので、
皆いいトシだけど、年一回だろうが十年に一回だろうが上手なわけですよ。

翻って毎日、子供時間、童謡ばかり歌ってる浦島太郎子には、
もう、すべてにおいてペースが合ってないのです。
音楽どころか流れてる時間が違うよね、という感じ。
一言で表現すれば、鈍い。頭の芯まで鈍ってる。
「これが老化ってやつなんだ…」と落ち込みましたよ。

ただでさえ下手で、楽器隊に申し訳ないレベルなのに、
基本的なことも出来ないオバサンが、バンドに居て良いはずない。
バンドも、音楽もいっそ辞めようかと考えました。
「いつもそんなん言ってる」ようだけど、今回は冗談抜き。
今までは「自分が納得できないから辞めようか」だったけど、
自分の存在が迷惑だから辞めようかと思ったのです。


悩んだあげく、最後の練習前日、と〜るちゃんに相談しました。
プロのミュージジャンであり、アマチュアの指導にも
心を砕いてくださる素敵な方です。
そしてなんとか、と〜るちゃんの励ましと的確なアドバイスで、
最後の練習を納得のいく形で終えることが出来ました。

さすが、多くの痛みを知ると〜るちゃん。
本当にありがとうございます。


今回、一番嬉しかったのは、スーパー辛口評論家のクマから
バンド全体としても、私個人的にも過去最高に良かったと、
初めてお褒めの言葉を頂いたことでした。

同じバンドだったり、ライブを見たり、練習音源を聞いたり、
夫婦で音楽やってますから、お互いの音はイヤという程よく知ってます。
今まで一度も褒められたことはありませんでしたが、
そのクマが「良かった」と言ってくれたことは、
やっと大きな壁を越えられたように思いました。


音楽のことを書くと、いつも暗い気持ちになりますが、
今回は珍しく良いお話でした。


ステージにご協力くださった皆さん、本当にありがとうございました。
これからも歌の道、精進いたします。



そんな良い話が進行中の裏で、密かに洗濯機が故障中。
我が家とパナソニック製品、相性悪いなぁ、ホント。
ちなみにこの洗濯機、7年物ですが修理4回目です。
どうなってるの、もうっっ。
[PR]
by nana_gizmo | 2013-09-25 15:33 | 音楽
 以前紹介したKazakyがイチオシしているPV、
これまたゲイゲイしく堪らないので、ぜひ見てくださいな!






オフィシャルサイトはFacebookのこちら→JbDubs

最初はユニットかと思ったんですが、歌をうたっている真ん中の彼がJbDubs。
どうやら本業はボストン・バレエのプリンシパルで、
この度ミュージックアルバムをリリースしたとのこと。

それ以上の説明書きがないので何とも言えませんが、
ま、お歌は「あまりアノ…」なんですが、踊りとポップさが良いかなと思います。
ニューシングルらしい ' I hate my job ' ではピンヒールを履いているせいか
素晴らしい踊りというより『ゲイゲイしい動き』となっていますが、
実際のライブ画像?(ショーパブのパフォーマンス?)は良いですよ。
バックダンサーは、やはりボストン・バレエの団員らしいです。









ドラァグクイーンやお客さんが乱入してる楽しそうなパフォーマンス。
明るくって良いなぁ、と思います。
商業的に成功するかわかりませんが、面白いので好きですわ。


どうして色モノをピックアップするかといえば、もう単に「好きだから!」。
思えば私が初めて自分で購入したレコードは、沢田研二の『TOKIO』。
小学校2年か3年の時だから筋金入りですよ。
周囲の女の子はデビューしたての「たのきんトリオ」に夢中でしたっけ。
家族の誰一人として沢田研二のファンではなかったのに、
幼い頃から色モノに惹かれる性癖があったんですねぇ。
これまた「三つ子の魂」的なエピソード。
微笑ましくないのがナンとも。

で、もちろん沢田研二も載せるのですよ。
大好きな3曲をピックアップしました。
今見てもジュリーはカッコ良くて、タマらんですわ〜。



作詞が糸井重里なんだ。
どんだけ派手な衣装を着てもジュリーはジュリーですねぇ。










これ、演奏がカッコいいと思ったら、ポンタ&後藤克臣だそうで納得、納得。
あ、ジュリーの衣装はゴミ袋。ゴミ袋を着せたら日本一!ですかね。


こう見るとカールスモーキー石井はジュリーの影響大だと思いません?
もちろん米米クラブも好きですよ、色モノですもん。



画像はガサガサですが、メンツが面白いので。
米米クラブ以外に聖飢魔Ⅱ、松岡英明、プリプリ、ジュンスカと
何かのイベントですかね〜、懐かしい顔ぶれ。
デーモンが霞む派手さのジェームス小野田が素敵です。


いやぁ、いいですね、色モノ。
[PR]
by nana_gizmo | 2011-12-08 15:37 | 音楽
 ブログ放置がすっかり板についてますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
「調子悪いからせめて週1更新」と思ってたんですが、7月も終わりだというのに
まだ2回しか更新してないんですね〜。
ネタはあってもなかなかキーボードに向かうのが難しく…。
ま、ボチボチ更新しますわ。


さてさて、先日ネット上で見た不思議な言葉。


『ギターと冷蔵庫とガスレンジのバンド』


なんですか、これ?どんな冗談ですか??
と思ったんですが、本当にありました。
衝撃的です。



彼らはHurra Torpedoというノルウェーの3ピースバンドで、
本国ではけっこう人気があるよう。
英語版のウィキにもちゃんと載ってました。
Hurra Torpedo 英語版ウィキの解説

公式ページには『kitchen appliance rock group』と書かれており、
日本でいう白もの家電とキッチンツールを使って演奏するロックバンドのよう。
3人それぞれが他にもバンドを組んでおり、Hurra Torpedoで演奏しているのは
カバーなので、これをメインに活動しているのではないかもしれません。
ウィキにはオルタナと書かれていて、そう言われればそうかな?とも思えるけど、
むしろ新しいジャンル?!と思うようなロック。

ロックなのは、間違いないです。
確かにロック魂が伝わってきますから。
ただ、どんな?と言われると表現し難い。
前衛的とかアヴァンギャルドなんて表現している紹介もあるけど、
なんだかしっくりこない。
もっとストレートでパンクとか、そっちの方が近い気がします。

実際、メロディ楽器がギター1本で野外フェスティバルで間を持たせるって、
けっこう高度な技だと思うんですよ。
普通にやったら客ドン引き、かなり寒い結果になりますもん。

お揃いのジャージ(半ケツ気味)、一本調子の歌、
ヘロヘロの裏声コーラス、楽器の破壊などはお約束。
とても彼ららしい、他にはない主張だと思います。





これが一番有名な動画のようです。
私もこれを最初に見たので、絶対コメディアンがアーティストを
真似してるんだと思いました。




こちらはきちんと撮影されたPVらしき動画。
懐かしいt.A.T.u.の曲。さすがに演奏も一番マトモ。



最後は、音が悪いけどライブらしいライブ動画を。
かなり楽しそうに演奏してます。




日本に来日することはまずないだろうけど、
でも生で見てみたいなぁ。

あ、ちなみに彼ら、若く見えますがけっこうトシいってます(笑)。
[PR]
by nana_gizmo | 2011-07-27 14:33 | 音楽

チェロでロック

 チェロって、こんなに激しい楽器だったとは…。



彼らはクロアチア出身のチェロ奏者Luka SulicとStjepan Hauser。
単独で来日公演を組めるプレイヤーだそうです。

もしかして、1曲ごとに弓毛を取り替えるのかしら。
生放送で演奏してる動画を見たら、1曲演奏しただけで
PV同様に弓毛がボサボサになってました。
なんとも、激しいパフォーマンスですねぇ。


もちろん大好きな元PVは載せますよ〜。


カッコいいなぁ、Guns N' Roses。
もう25年近く前の曲(!)なのに、
ちっとも古くさく聴こえない。



こちらは Michael Jackson ' Smooth Criminal '



元PVも載せておきますね。
なんだか懐かしいなぁ。



Michael Jackson は亡くなったし、1人Guns N' Roses の Axl Rose は
太って見る影もなく、不摂生で声は出ない体たらく。
曲は色褪せなくても、時は経ってるんですね…。
[PR]
by nana_gizmo | 2011-06-21 13:05 | 音楽

大スターたちの競演!

 すっかりサボってますが…。
いろいろありまして、コメント返し、もう少しお待ちください。


そんな中でもこの動画は凄すぎて腰抜かしました!
亡くなった方も多いですが、本当に凄いメンツ。


説明書きには
Bo Diddley, Jerry Lee Lewis, Little Richard, James Brown, Fats Domino and B.B.King
と、まぁ、大スターばっかりどうやって集めたの?と驚くほど。
イタリアで行われたフェスティバルのようですが、
どのアーティストもトリを飾る大御所ばかりです。

生で見たかったな〜!


*ちゃんと調べたら、亡くなってるのはBo DiddleyとJBだけでした。
[PR]
by nana_gizmo | 2011-05-22 11:01 | 音楽

KAZAKY、アメリカデビュー

 以前、紹介したKAZAKYのアメリカデビューが決定!
5/12に Rockit's Two Year Anniversary へ出演するそう。
絶対にアメリで受けると思います!
アメリカで受け入れられれば、正式に日本へ入って来るでしょう。
今からその日が待ち遠しいです。

ということで、彼らの映像をもう一度。



月末にはサードシングルが発表されるようなので、そちらも楽しみ!
[PR]
by nana_gizmo | 2011-04-27 01:22 | 音楽

めずらしく爽やか系

 普段は爽やか系を聴くことはないのですが、
去年、アメリカでデビューしたBruno Marsは別!

なにしろ『グラミー賞7部門ノミネート』でも話題の実力派。
フィリピン&プエルトリコ系のハワイ出身、デビュー前から
有名アーティストのプロデュースを手掛けていて有名だったらしい。
プリンスやレニー・クラヴィッツみたいに、自分で全ての演奏をこなすとか。
詳しいプロフィール↓はこちらをチェック
ブルーノ・マーズ『ドゥー・ワップス&フーリガンズ』




絶対「聞いたことある!」でしょ。
この、透明で伸びのある声が切なくて良い!

あ、ちなみにビジュアルもど真ん中。







たぶんこれはビルボードのライブだと思います。
いや〜、切ない。
演奏もコーラスも、本当に素晴らしい。
まだ25歳にも関わらず、とてもプロフェッショナル。





本当に素晴らしいので、Just The Way You Areのライブバージョンもどうぞ。


'Just the way you are' を意訳すると「そのままの君でいて」
「そのままの君が素敵なんだ」というような雰囲気。
そう思って聴くと、ますます素敵な曲に聴こえます。

最近のアメリカには珍しい、聴かせる男性ヴォーカルです。
今後も楽しみ〜!!
[PR]
by nana_gizmo | 2011-04-26 01:02 | 音楽