猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:徒然( 324 )

今年も明けましたねぇ

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


あぁ、今年も年が明けたんですねぇ。
って、もう1月終わりですが。
さすがに、2月に新年の挨拶は無かろうと思い、
取り急ぎ更新しました。

いや、もちろん1/30の挨拶もないですが。


更新無しの言い訳をしますと、
またもや体調を崩していたり、
年末に急遽、引越しをしたりと、
身の回りがガタガタしていまして。

しばらくは更新もポツポツかと。
あ、何時ものことか。


そんな間に、ようやっとiPadデビューしました。
PCが無くなって1年半、ようやく自分のマシンがやってきたのです!
至極快適、楽しくて一日中触っていたい気分です。心は。

そうはいかないのが主婦の悲しさ。
せっかくのiPad、活躍度の低さが悩みの種です。


ということで、体と相談しつつ、
ボチボチ更新していきます。
[PR]
by nana_gizmo | 2014-01-30 08:40 | 徒然

寒くなると…

b0118624_14504735.jpg



 いや〜、寒くなりましたねぇ。
最後にブログを更新した時は、半袖半ズボンで家の中を
ウロウロしていたように思いますが、今やヒートテック下着なしでは
耐えられないような寒さとなってます。

あ、我が家の場合ですが。
寒いんですよね、うちのリビング。
しかし今から暖房を使用すると光熱費がバーストしてしまうので、
暖房費節約を目指し、着込める物を目一杯かき集めてます。


でね、こう寒くなると、ムクムクとある欲望が…。
もう、抑えきれなくなってしまうのです。






いろいろ想像しました?
たぶん、ハズレですよ、どれも。
答えは簡単、しかし想像しにくい。

正解は「寒くなると『編み物』をしたくなる』でした〜。
なんとオーソドックス。

下手の横好き魔王としては、手軽な手芸として外せないです、編み物。
初めて編んだのは中学2年のとき、しかもサマーセーター。
何を考えてたんでしょうね、自分。
まぁ、学生時代はマフラーだのセーターだの、いろいろ編みました。
若い頃にありがちな「お付き合いしてる人用」でしたっけ。

その後は編んでない時期もありましたが、決定的だったのはクマが手作り好きなこと。
結婚するまでは毎年、なにかしら編んでましたっけねぇ。
「釣った魚に…」じゃないですが、そういえば結婚してから作ってないなぁ。


寒くなれば編みたい欲望が湧く。
しかし編むには何か、原動力が欲しい。
実際、面倒なんですよ、編み物なんて。

自分が身につける用に編めばよいのでしょうが、
自分が使う物を作る気がしない。
これは編み物に限らず、物を作るときは何でもそう。

「ありがとうって言われたい!」とか「誰かが使ってくれたら幸せ」なんて
考えて作るわけでなく、単純に自分の物を作るのは面倒くさいってだけ。
もちろん使ってもらえたら嬉しいですが、そこは目的でなく、
誰かにあげるという大義名分が欲しいのですよ。
まったく面倒くさい人間でホント、申し訳ない。


そして今年、久々に寒くなって始めました、編み物。
大義名分が見つかったからです。

「子供に編んであげる」という大きなヤツ。


いいですねぇ、この響き。
どっかの素敵ママみたいじゃないですか。
現実は全然、素敵じゃないですがね。

下手なので素敵じゃないし、帽子というお手軽アイテム。
しかも昔々、クマのマフラーを編んだときの余り毛糸で作るという手抜き加減。

だいたい子供のためじゃない。
自分の欲望のためですもん。


名人は2時間くらいでチャチャっと編み上げちゃうそうですよ、
美しい模様編みとかバンバン入れちゃって。
私はといえばスーパー初心者向け・メリヤス編み一辺倒、しかも輪針使用。
クルクル進んで、先を絞っておしまい。
あぁ、なんて簡単。

初心者でも簡単なはずの帽子なのに、
何年ものブランクがある浦島太郎子な私がやることといったら、
まず始める前に時間がかかり、編み始めては何度もやり直し。
こんなもんです、私の手作りなんて。


それにしても自分がよくわからない。
面倒くさがりで不器用なくせに、どうしてこう、物を作りたくなるのか。
「『人のため』という大義名分が欲しい」なんて生意気なことを言って。
まったく理解不能であります。

きっと物作りじゃなくても良いんだと思います。
すべてを忘れて単純作業をただ繰り返す、
没頭してるその時間が欲しいんじゃないか、と。

こんな人間はリンゴの袋を作るような内職でもした方が、
世のため人のためですかね。


あぁ、画像なんかアップしませんよ。
本当に素敵じゃないですもん。

逆にストレスが溜まったような気もするけど。
いやいや、それでも。

スッキリした〜!
[PR]
by nana_gizmo | 2013-11-27 15:10 | 徒然

えー。

 もう、何がなんだか。

えー、パソコンが壊れました、またもや。
こんなことを書くの、何度目なんだろ。


事の発端は昨年9/1、ゲリラ豪雨を浴びた私のパソコン。
起動中ということもあり、見事撃沈。

その後はクマのパソコンを共有し、過ごしてきました。
が。

そのパソコンのハードディスクが、今年のお盆中にクラッシュ。
「ここが変、あそこが動かない」という前兆はあったものの。
バックアップにマメでない二人は、大打撃を受けました。

5年経ったMacBook Pro。
電池パックも膨張し放題で、そろそろ限界かと思われています。
とりあえず応急処置をして、最低限使用できる形ではありますが。


普段ならそれでも構いません。
そんな時に限って、仕事が入るのですよ。

仕方がないので、知人からPCを借りてきました。
Illustrator CS4のパッケージ付きで。

インストールしました。
途中まで作業して保存しました。



続きの作業をしようと立ち上げたら、クラッシュしてました。
もちろんファイルも飛びました。

その後、再インストールするも動かなくなり、
最終的にOSの再インストールが必要な状態に陥りました。



何ですか、これ。
電子機器の呪いですか。

もうね、本当に嫌になってます。
どうなってるんでしょ、我が家って。


あがいても締め切りはやってくるので、
姑息な手段を使って突貫工事中。

ストレスフルな中での、愚痴でした。
[PR]
by nana_gizmo | 2013-09-13 15:53 | 徒然

恒例の。

 夏休み最終日です。
今時は小学生さえバラバラ日程の夏休みですが、
私の心の夏休みは、もちろん8月31日まで。


最近は小学生ママの談話が聞けたりして、
とっても懐かしい気持ちになったりします。
夏休みの宿題が少なくなったという昨今ですが、
それでも親と子は変わらず、悪戦苦闘してるんですねぇ。

曰く
「お母さん、自由研究、やってない…」
「なんで今、言うのーーー!もっと早く言いなさいっっっ!!」

「ねえママ、工作、作ってない」
「ママが作るからよこしなさいっっっっ!!!」


変わらない風景が、今もあるんです。
ちょっと嬉しいような、同情しちゃうような。

自分も何年か後にこんな台詞を叫ぶのかなぁ?なんて
微笑ましくも恐ろしい気持ちになりました。



しかし。
うちの子供は容姿、性格ともにクマ似。
夏休みに入ったとたん宿題を片付けていた脅威のクマに似ている、
ということは、やはりサクサクと宿題を片付けてしまうのでしょうか。

そうだとしたら、何となく寂しいような。
イベント一つ、すっ飛ばした気分。



どんな事が起こるのだろうと妄想する、
珍しくのんびり気分な8月31日。
暑いけれど、虫の音が響く夕べです。
[PR]
by nana_gizmo | 2013-08-31 19:02 | 徒然

久々の海外ドラマ紹介

 いやぁ、良い時代になりましたね〜。
かつて海外ドラマは、スカパーへ加入して番組表と首っ引きになり、
何時間もテレビの前から動けない!なんて日々もありましたが。

今や『hulu』という素晴らしいモノがあるお陰で、
空いた時間に一気見したり、僅かな時間にチョコチョコ見たりと、
自分の都合で自由に海外ドラマを見られるようになりました。

これが便利でして。
毎日、どうにかして2〜3エピソードを見ています。


さて。
自由に見られるようになると、気づくことがあります。
今まで好きだったドラマを、寝る間を惜しんで通して見たりすると、
気づかなかった良い所を発見したり、逆に粗が目立ってガッカリしたり。
テレビでだったら見なかっただろう作品も見るようになり、
新たなドラマを好きになったり。


そんな中、大のお気に入りになったのは『Bones』。
若干、ご都合主義的な事件の経緯が気になったりしますが、
登場人物の魅力が大きく、主役から脇役まで深く作り込まれています。
「事件ドラマ」というより、キャストたちの成長を見るドラマのよう?!
重いテーマも彼らの魅力で、楽しく見られるのが気持ち良く。
以前から面白いと感じていましたが、お気に入りに昇進しました。


お次はシリアスな『クリミナル・マインド』。
FBIの行動分析課(BAU)に持ち込まれる事件を、
プロファイラーたちが解決するクライムシーンドラマです。
BAUでは警察で抱えきれない凶悪犯罪や、専門家でないと解明できない
異常犯罪が持ち込まれるため、エピソードは重く厳しいものばかり。
しかし登場人物たちは予想外に人間味あふれ、現実に苦しみ抜く。
そこが胸に迫り、涙なしには見られないエピソード多数。

続けて見るとテーマの重さや残酷さに疲れることはありますが、
モーガンとガルシアのやりとりは見事に重いムードを打破し、
時に涙を誘い、愛を感じる一服の清涼剤となります。
そのバランスも良い具合で、とても引き込まれます。


新しい作品が次々と追加されていますが、犬好きには嬉しい
シーザー・ミランの番組がこの度、追加されました〜。
映画・ドラマ・ドキュメンタリー、いろいろ見られるhuluです。
月額料金も良心的だし、おすすめです!
[PR]
by nana_gizmo | 2013-08-21 10:52 | 徒然

続・物が壊れる

b0118624_410941.jpg


 記事を遡って気づきました。

我が家は未だ、テレビがありません。


でもテレビが無いって、困らないもんです。
むしろ昨年9月に壊れたパソコンの方が、
何倍も、何十倍も痛いです…。


物が壊れまくった昨年、最後を締めくくったのは車でした。
子供が生まれてから車2台体制だったのですが、
結局、1台体制に戻りました。


それで止まったかと思いますよね、普通。
ところが、相変わらず物は壊れます。
例えば今年4月、テレビと同時期の昨年4月に壊れた
電話機の替わりが、1年ほどで壊れ始めました。
新品だったんですけどね、電話機。

最近では物が壊れすぎ、覚えていられなくなり。
「あ、また〜」くらいの感じです。


なんですかね、誕生と破壊はセットってことなんでしょうか。
差し引きゼロ、みたいな。

何となく、ここに住んでいる限り破壊から逃れられないような気がして、
引っ越ししたいなぁ、なんて思う、今日この頃であります。

いや、今日この頃でなく、ずいぶん前から思っておりますけど。


とは言え。
かつて転勤など関係なく、2年に一度は引っ越していた
アホな私ですが、最近はさすがに億劫で。

さらに家族が増えたことで物件選びの難易度が増し、
引っ越したいと思う物件をみつけるのが難しく、
検索し疲れて終了。


まぁ、物は壊れますが、我慢できなくもないので
(もう大切な物が残ってないって?!)、
思うような物件が見つかるまで、物は壊れ続けるのでしょう。


もうね、面白がるしかない。


この先、何がどれくらい壊れるのか、
ある意味、楽しみであります。
[PR]
by nana_gizmo | 2013-07-31 03:20 | 徒然

ぱっちん留め

b0118624_141630100.jpg

 我が家では『ぱっちん留め』と言われてますが、
世の中ではこのピン留め、なんて呼ばれてるのでしょうか。


先日、ネットで素敵なぱっちん留めを見かけたんですよ。
アンティークな雰囲気の、渋い色の花モチーフ。
手作りだそうで、販売されてたら購入したかったなぁ、と。

で、たまたま、近所のお店で似たようなパーツを見つけました。
「これなら出来るじゃん!」ということで、作りました。

いやいや、作るなんて書きましたが、接着剤で貼っただけ。
大変に簡単な作業であります。
注意するのはモチーフの向きと、接着剤の量だけ。


この花パーツ、写真に撮るとプラスチックっぽい光沢がありますが、
実際は質感がマジパンに似た、粘土っぽい物体です。
樹脂なんでしょうが、マットでザラザラとした手触り。
そんなところがアンティークっぽく感じるようで。

モチーフがゴージャスなので、簡単なのに大作を仕上げた
気持ちになり、満足感がと〜っても高いです。
えぇ、単なる自己満です。


しかし。
活躍するかは、また別の問題であります。
付け所がなく、プレゼントになってしまうのかなぁ。
[PR]
by nana_gizmo | 2013-07-16 14:30 | 徒然

七夕

今更なトピックを一つ。


なんと。

七夕飾りを作りました。
自分でもびっくりなこの現象。

だいたい我が家はクリスマスツリーでさえ飾らないくらい、
イベントとほど遠い生活を送っておりました。
そんな家に七夕飾りとは、自分が一番驚いてます。


b0118624_16544093.jpg

って、素敵なものじゃなくて申し訳ないです。
七夕前夜に作った、やっつけ飾りであります。

クマ実家の庭から笹を頂き、家にあったホイル折り紙でちまちまと飾りを作り、
やけに短冊の目立つ七夕飾りが出来上がりました。
(短冊に書かれたお願いは、恥ずかしいんで消してあります)

作り始めると妙に楽しくて、最初は作るつもりのなかった紙鎖まで
切って、貼って、切って、貼って…。
実に35年(以上)振りくらいに、紙の鎖を作りましたよ。
子供の頃はこの作業が大嫌いで、自ら進んでやる日が来るとは
夢にも思いませんでした。

こういう変化、自分が一番驚くんです。
自分のことはよくわかってるつもりなのに、こんな一面があるとは、
なんだか自分に騙されたようで、信用できなくなります。


ちょっと聞き『素敵な私』自慢っぽく感じられますが、
あまりに驚いたため記事にしました。
いや、本当。
[PR]
by nana_gizmo | 2013-07-11 17:20 | 徒然

夢のさくらんぼ狩り

b0118624_19185718.jpg


毎回で恐縮ですが。
こんなに時間が経っていたとは。
考えてみれば、前回の更新を思い出せない。
それくらい前だったのだと、少し反省。


さて先月末、さくらんぼ狩りへ行ってきました。
シーズンになる度、お腹いっぱい食べてみたいと夢見ていたさくらんぼ。
しかし彼らのお里は山形で、山形へ行かなければ無理だと諦めていたんですが。

知りませんでしたよ、山梨でさくらんぼ狩りができるとは!
素晴らしきフルーツ王国、山梨。
良いとこですね、ホント。


喜んだのも束の間、スムーズに済まないのが我が家の理。
「いつ行こう?」と話す間に時は過ぎ、決定したのは6月最終週。
調べてみると、その前週末でシーズン終了との表示。
「あら〜」と思いつつ、融通の利きそうな所をピックアップし、
電話で交渉を試みました。

「実の傷みも目立つし、高い所しか残ってない状態で良ければ」と
快諾してくださったのは小野まるよし農園さん。
予約前日にも「昨日いらしたお客様に『傷みが目立ってガッカリだった』
と言われてしまい、心配になりまして…」と電話をくださいました。
当日も良くしてくださり、本当にお世話になりました。


さてさて初のさくらんぼ狩り。
いや〜、お腹いっぱい食べましたよ〜。
クマなんて「200個は食べた!」と喜んでましたもん。

傷みのある実は目立ったものの熟している実も多く、
低い所にもたくさん実があり、全然問題ナシでした。
むしろ小さい子連れなので他にお客さまがいないのは助かったし、
広いさくらんぼ園を3人で独占し、の〜んびりと満喫しちゃいました。


しかし。
常温のさくらんぼ、かなり甘いです。
お水かお茶を持って入れば完璧でした。

来年はもう少し早い時期にお邪魔して、
もっとお腹いっぱいになろうと思います。



冒頭の写真ですが。
農園の方に「ご近所でお弁当を食べるのに良い所は?」と伺って、
教えてもらった伊奈ヶ湖の風景です。
不思議な色の湖面で、ちょっと神秘的な雰囲気。
とても静かで涼しい風が吹き、ゆっくりできました。

b0118624_19185513.jpg



今度は桃狩りか梨狩りですねぇ。
うふふ。

山梨、素敵です!
[PR]
by nana_gizmo | 2013-07-08 19:32 | 徒然

ふと気づけば…

b0118624_1325168.jpg


 もう3月折り返しですねぇ。
「私の2月はどこへ行ったの??」ってくらい記憶ないなぁ。

2月を越し犬たちと私、3月を迎えニュウモがそれぞれ歳をとりました。
犬たちは6歳、ニュウモは13歳。
一緒の時間が増えたことより、一緒にいられる期限が迫って来るような、
そんな歳になってきたことが、とても切ない今日この頃であります。
春だからでしょうか、なんだかセンチメンタルな心持ち。


あれー、何か書こうと思ってログインしたのに、
何を書くつもりだったんだろう??
んー、忘れちゃいました。


ま、いつも通り書いておきますか。

もうちょっと更新するよう努力します。


最近、日常を切り取るのが難しくて。
終わらないスーパーリアル、って感じです。
なんだ、それ?ですが。


冒頭の画像は、1月の夕暮れに江ノ島で写した夕日。
肉眼より写真の方が雰囲気出ますね。
[PR]
by nana_gizmo | 2013-03-18 13:35 | 徒然