猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ひさびさ、単独ライブ!

 今年の春先からイベントライブが多かったのですが、
久々にHip Line単独ライブをやりました。対バンいないのって楽ですね。
どうして単独でギャラまで出るのかナゾですが、気合いが入ります。
イベントライブは自分たちが主役ではないから、あまり出過ぎないように
するのが難しく、心底楽しむ雰囲気ではありません。
自分たちだけのライブは、観客を楽しませるのももちろんですが、
自分たちもかなり楽しめる機会になるんですよ。

で、当日は大雨、というか台風。
ほら、10月の終わり頃、ものすごい嵐がやってきたでしょ。あの日です。
こんなんじゃお客さん来ないでしょ、と思ったら、世の中には有り難い人が
いるんですね〜、数組のお客さんが来てくださいました。
ありがとうございました!

今回はプロ活動をしているpagiさんをゲストに迎え、
2ステージ約20曲で構成。かなり長〜い、辛〜い!
当日までコーラスがいない予定だったので、必死こいて一部覚えました。
でもいつものコーラス隊えっちゃんが当日来てくれたので、安心しました。
やっぱりコーラスは重要なんです〜〜〜!!

特にpagiさんの歌は素敵だから、コーラスがいればもっと引き立つ。
コーラスの才能をお母さんのお腹の中に忘れてきてしまった私としては、
(他にもたくさん忘れたけど)頑張ってもできないものなんですよ、ホント。
音感のセンスがないので、ハモることができない。
ということで、ハモリがない1曲だけ集中して覚えました。
練習以降にやることを決めたので、ぶっつけ本番で。(危険だ!!)

ライブそのものは、お客さんの力添えもありとても楽しかった〜!
プレイヤーと観客が一体になる、Hip Lineらしいライブになりました。
音は悪いけど、ここでのライブはやっぱり楽しいね。ご飯も美味しいし!

自分の中では、新しい歌い方に挑戦するも未消化なため、
なかなか思い通りには行かず、難しい感じでした。
が、コーラス挑戦のおかげか後半の1曲だけは自分の思い描く歌を
少しだけ掴むことができ、収穫は大きかったな。
プロであるpagiさんの歌に接することも大きなプラスとなり、
今回は本当に勉強になったライブでした。

しかし、私の歌って乱暴だな〜。これがロックだといわれる所以だ。
これはイカン!次回は全ての歌が乱暴でなくなるよう、精進します。
[PR]
by nana_gizmo | 2007-10-27 17:29 | 音楽

ある惨状

b0118624_23185770.jpg


 この憎たらしいツラ!!

これはある日、帰宅したときの写真。
何が起こったかといいますと、ケージの上に置いてあったペットシーツ1袋、
全てをケージ内に引っ張り込んで遊びまくった後の状態です。
あんなでかい袋、どうやって??と思われるかもしれませんが、
やつらにはたくさん時間がありますので、まず外袋に小さく穴をあけて、
1枚ずつ引きずり込み、全てのシーツを引き裂いて遊んだのでした。
我が家に与えられた被害は甚大で、わんズはかなりキツ〜く怒られたのでした。
くっそ〜〜〜!!!シーツは高いんだぞ〜〜〜!!!

b0118624_23244330.jpg

[PR]
by nana_gizmo | 2007-10-25 23:19 | ウィペット

ルアーコーシング体験!

b0118624_12483676.jpg

 「犬と一緒に楽しもう」企画第3弾、ルアーコーシング体験の日が
やってきました。場所は那須高原・動物王国。片道4時間の旅です。
今回はクラブギャロップさんの体験会に参加させていただきました。

耳慣れない方のために簡単にご説明を。。。
〜ルアーコーシングとは、犬の本能を刺激するような、獲物に似せた擬似獲(ビニールやラビットファー)を、ワイヤーの先に付けルアーとし、電動モーターで引っ張り、設置されたコースを走らせて、それを犬に追わせ、その走ったタイムを競う競技です。(クラブギャロップさんのサイトから引用)〜

つまりウマの先にぶら下げたニンジンよろしく、目の前に魅力的なモノを
ちらつかせ、それを犬に追いかけさせタイムを競うということです。
一般的にサイトハウンド(視覚で獲物を追う犬種)と呼ばれる犬たちが
最も得意とする競技だと言われています。
もちろんサイトハウンド以外でも楽しむことができます。
獲物を追いかけることが好きな犬なら、どんな子でも楽しめる競技。

が、先週の50m走大失敗があるので、飼い主的には期待ゼロ。
のんびり楽しもうというお気楽な企画なのでした。

高速の途中でもボルゾイのステッカーをつけたワゴンなどを見つけると、
「同じ場所に行くのかな??」と期待感が高まります。
サイトハウンドは日本ではあまり人気がなく、行き会うことは稀な犬種なので、
サイトが集まるかも?!と思っただけで興奮してしまうのです。
実際サイトはあまりいなくて、他の犬種ばっかりだったら残念だなぁ。。。
なんて取り越し苦労をしながら、車は一路、福島県にほど近い那須高原へ。

駐車場についてみると、なんとそこかしこにサイトハウンドが!!!
イタグレ、ウィ、ボル、サル、あバセンジーもいる!
ものすごい密度のサイト軍団に飼い主、鼻血を出さんばかりの興奮ぶり。
だって、こんななんだも〜〜〜ン!
b0118624_12494241.jpg
b0118624_1250240.jpg
b0118624_12501780.jpg

いったい何頭、何家族が参加しているのかわかりませんが、
なかりの数がいたことは確かです。
集合写真を撮影されていたので、そのうち手に入るのではと思います。



肝心のコーシングは、とっても楽しかったですよ〜。
主催の方たちはとても親切・丁寧で、参加する犬たちを可愛がってくれました。
皆さんの苦労が偲ばれます。大変です、ホントに。お疲れさまでした。
最初は案の定走らなかったのですが、回を重ねるごとにコース内で
何をすべきか覚え始め、最後には立派なタイムを出すことが!!
コースはダートな上り坂70mでしたが、50mより良いタイムでしたよ。
今度は本当の競技にぜひ参加したいと思います。



見ての通り素晴らしい景色と自然に囲まれた那須高原で、コーシングをしたり
周囲のランで走らせたり、のんびり犬と一緒に楽しむことができました。

が、やはりただでは終わらないのが我が家なのか。。。
とても楽しい1日でしたが、問題が1つ。。。
それは、、、












ストーカー・ボル。
しかも1頭じゃない〜〜!!!!
うちのはまだ8ヵ月、オスに追いかけられても怒ることを知らない子供。
怒らないせいか、とにかくオスどもがキュー&マーのみをしつこく追い回す。
特に何頭かのボルは執拗に追い回し、ラン中を駆け巡ってついてくる。
(ボル以外の犬種にもキッチリ追いかけ回されてましたが)
最後は疲れて横たわってしまい、2〜3頭のオスにのしかかられる始末。。。
仕方のないことだとはわかっていても、人間は手を出さないようにと思っても、
体格差がありすぎてホントにやられちゃいそうでコワい!!
これがボル君たち、床上手!?ばりに、前脚を器用に使って抱き寄せる。
このため一番広いランに投入できず、狭いランで小型犬と遊ぶはめに。

b0118624_13152767.jpg


久々にボルを間近で見ましたが、やっぱり大きいですね。。。
襲われているキュー&マーを抱いて救出すると、「待て〜」とばかりにボルが
立ち上がって人間の肩に手をかけて、腕の中に長い顔をねじ込んでくる!
これはかなり恐怖でした。しかも2〜3頭が立ち上がって行く手を阻む!
怖い声で「ノー!!」と言っても、地面を蹴ったり手を叩いたりしても怯まない。
もう、どうにもならないのですよ。

b0118624_1316139.jpg


こういう時って、どうしたら良いんでしょうね。
最終的にキューはキレて「ガウッッ」て小さく言って噛みつく真似をしましたが、
マーキーはまったく何もできず、ひたすら走って逃げるのみ。
何が良いのか、キューの方がより多く追いかけられてたせいかもしれません。
人はともかく、犬はヘロヘロでバテバテになった1日でした。
b0118624_13164197.jpg



本文とは関係ナシですが、今回はけっこう人と犬が入り乱れていたので、
ブログでは初めて顔にモザイクをかけさせてもらいました。
何気にこの作業、楽しいですねぇ。。。心が歪んでるのかなぁ。。。
[PR]
by nana_gizmo | 2007-10-21 12:27 | ウィペット

初洋服&ロング散歩

b0118624_1049321.jpg

 那須高原でのルアーコーシング体験を明日に控え、急いでわんズの洋服を購入。
まだ洋服を持っていなかった2匹。間に合って良かったね、危なかった〜!
昨日の朝注文して、もう今日のお昼には届いたんだよ!ネットの力ってスゴい。

ダックスLサイズなので長さが少々足りませんが、よくお似合い!
貧乏性の飼い主がアウトレット商品を注文したので、サイズ優先であまり色柄を
選べなかったのですが、そこはそれ、可愛さでカバー。
バカと呼ばれても仕方ありませんが、やっぱり洋服なんか着ると可愛い〜!!
洋服を着せると、なぜか脱いだ時に裸のような気がして、ちょっと恥ずかしい。
不思議な気分に陥る飼い主、そしてとっても嫌がる犬たち。
ソッコーで胸元をかじり、毛糸がビヨンって出てました。

せっかく可愛い服が届いたので、ロング散歩にでかけました。
家を始点に横にある岩山から切り通しを抜ける約3時間のハイキングコース。
この街には7カ所の切り通しと呼ばれる古〜い道が残っています。
その昔、様々なことに利用された旧跡でもあります。

で、これが切り通し。海側からの入り口。けっこう難所です。
b0118624_1131390.jpg

すぐ下まで住宅街が迫っているのですが、突如現れるトンネル。
かなり不気味な雰囲気があります。夜ならまさしく真の闇でしょう。


内部はこんなふう。
b0118624_1144278.jpg

かなりコワいです。暗くなってから近寄りたくないです、絶対。


山側の出口です。
b0118624_1154133.jpg

ホラー映画の撮影なんかにピッタリですね。


山道&トンネル初体験のわんズは、かなりビビっておりました。
b0118624_117891.jpg
b0118624_1172755.jpg

結局、家を見るのが大好きな飼い主に引きずり回され、素晴らしい作りの
家々を巡りながらのハイキングコースは4時間を越え、犬も人もクタクタ。
思いのほか長〜い散歩になってしまい、明日が少々不安なのでした。
[PR]
by nana_gizmo | 2007-10-20 10:46 | ウィペット

呟き

b0118624_1252817.jpg

マーキー「で、どうなの?じょに家」
ステファン「ん〜、なかなかイイカンジ」
マーキー「後ろにいるちっちゃい兄貴はどう?」
ステファン「口数少ないけど、けっこう優しいかも」

b0118624_1284471.jpg

マーキー「じゃ、幸せってこと?」
ステファン「うん、けっこう。そっちはどう?」
マーキー「ママ、コワい。かなり」
ステファン「げっ、マジ?!」
マーキー「…うん。」

b0118624_1332280.jpg

マーキー「あ、ママが呼んでる!」
ステファン「すぐ行った方が良いよ」
マーキー「うん、行ってくる」
ステファン「じゃ、またね」
[PR]
by nana_gizmo | 2007-10-15 01:24 | ウィペット

50m走

b0118624_0224241.jpg

 「疾走」というよりは、「あひ〜っ!」とか叫んでいそうな
マーキーの走る姿。じょにさん、会心の一枚。

ここは千葉県茂原市にある「すいらんグリーンパーク」。
ペットと泊まれるホテル&ドッグランがウリのスポットです。
先週は千葉の港、そして今週は千葉の山奥。
なぜか?といえば、じょに家が出場すると言っていた犬の50m走に、
我が家も参加したくなったから。ウィを飼っていたら当然の欲求。
なにしろ時速60kmの犬を飼っていて、走らせないって手はない。

どんな競技かといえば皆さんの想像通り、50mのコースがあって、
その中を犬が走る。スタートのかけ声で犬を離し、ゴールさせる。
いたってシンプルで、わかりやすい競技であります。

しかし、いくら走れば早いったって、走らなかったらどうする??
飼い主的には初チャレンジでものッスゴいタイムを叩き出すドリームを
抱えながら、コースに入ってまったく走らない悪夢に怯える。
うちのわんズはビビりだし、特にキューはおっとりしていて足も遅いから、
なんだか悲しい結果に終わりそう。
せめてもの救いは、マーキーが興奮しやすくて足が速いこと。
頑張れマーキー、飼い主の期待はお前の4本足にかかってるぞ!

さてさて会場に到着。普通にドッグランとしての価格の安さに驚き!
でもランはスゴ〜く広くて、リンクがたくさんある。確か11個とか。
こんなの近所にあったら毎週通っちゃう!いいなぁ、千葉。
すでにコースがセッティングされて、別の競技が始まっていました。
犬たちは互いに興奮して、ワンワンギャンギャン、大騒ぎ。
その雰囲気に、さっそくわんズはビビり始める。
「これはイカン!」と、慌てて物陰にあるランへ連れて行った。

そこはすぐ裏の森林を利用した傾斜のある場所。
人影もないからとリラックスしていると、不吉な影が。
なんとわんズの苦手な○ーギーが入ってきたではないか。
案の定わんズを認めるや、ものスゴい勢いで吠えだしたコー○ー。
実はうちの近所にめちゃめちゃ吠える○ーギ−3頭立てがいて、
わんズは思わず2足歩行でピョンピョン飛ぶくらい苦手なのです。
それ以来、見た目コー○ーは全てダメになってしまったのです。

仕方なく、すっかり怯えてしまったわんズを捕まえて別のランへ。
今度は広い円形のラン。芝生も具合よく生えて、素敵なところです。
心無しかわんズもリラックスしてきました。リラックス、と言えば。。。
もちろん爆走です。このあと走るっていうのに、全力です。
なんだかあまりにもはしゃいで走るので、心配になり撤退。
その頃にはじょに家も到着し、競技の順番を待つことにしました。

見ていると、コースに入る前からヒートアップしている犬たちは
とっても早いんですよ。やる気マンマン。闘争心ムンムン。
あれくらいの気迫がないと、走れないんですね、やっぱり。
もしくは飼い主さん大好きで、コースに入ることで飼い主さんと
離れ離れになり、ゴールで待つ飼い主さんのもとへ一刻も早く行きたい!
という健気な犬の気持ちが重要になるよう。
そうか〜、勉強になるな〜。でも無理だな〜、わんズ。

犬の喧噪から視点をずらすと、飼い主の闘争心も見えてきます。
これがまたハンパじゃない。かなりコワいくらい真剣です。
子供の運動会なんて目じゃないくらい殺気立っています。
こんなプレッシャーの中、走る犬も楽じゃないなぁ。

で、予想通りというか何というか、やっぱり走りませんでした、わんズ。
が、予想を裏切り、走らなかったのはマーキー。全然ダメ。
キューは並足くらいのスピードで何となくゴール。
ウィにはあり得ないくらいのタイムを叩き出してしまいました。
最高で8秒くらいだったでしょうか。ま、初めてでしたから。
マーキーは内弁慶、決定です。ヨワヨワ。

飼い主的には「あははは〜」ってなもんで、犬と一緒に走りまくった
良い思い出ですが、たぶんこの競技に出ることはもうなさそう。
1つはわんズのボ〜ッとした性格は向いてそうにもないこと。
もう1つは、悲しいことにウィペットは歓迎されないこと。
ギャラリーからこんな陰口が聞こえてきました。
「ああいう犬を出すのはずるい。大会がめちゃくちゃになる」。
たいしたことではないかもしれませんが、ヒドい発言です。
しかも「あれはグレイハウンド(違〜う、知ったかぶるな!)だ」
と、間違った知識を周囲に広めていた。ヒドい。
こういう理不尽な発言を黙っていられない私としては、
関わらないのが1番かと思いました。

楽しかったのに、何だか残念。
ということで、次の「犬と一緒に楽しもう」企画は、
ルアーコーシングとなりました!
[PR]
by nana_gizmo | 2007-10-14 00:20 | ウィペット
b0118624_17221935.jpg

 さてさて、感動の姉妹再会!ですが。
ママを従え元気イッパイなステファン登場です。
すみません、アップまでずいぶんと時間が経ってしまいました。
こちらの写真は、引き続きちろるパパさん撮影です。
ん〜〜〜〜、可愛いステファンがさらに可愛くみえます!!

離れ離れになってまだ2ヵ月、6ヵ月まで一緒に育ったサークル内で
ウンコを踏みまくった仲ですから、当然のことながら覚えている様子。
匂いを確認後、すぐに口元を舐め合って再会を静かに喜ぶ姉妹。
普通の犬はどうするか知りませんがとってもウィらしく、犬が嬉しい時の
「あひゃひゃ〜!」みたいな感動はありません。人間で言えば無言の再会?!
ジットリべったり、口や顔を舐め合うことしばし。

キューとマーは普段から片時も離れることはないのですが、
今日はステファンも交え、3匹で絡み合ってべったりと寄り添う。
暖かいというより汗がにじむこの日差しの下で、寒いのか??
なぜ、そうやってグルグルと絡み合うのだ!!

b0118624_17241552.jpg

こちらはじょにさん撮影のそろい踏みバージョン。
ジャンゴは見ての通りきれいなパピヨンで、あまりにも小さくて愛らしくって
メロメロになってしまいそう!小型犬の可愛さを再認識しました。
動物の看護婦になる、なんて学校を乗り越えてくるとどうにも
小型犬に偏見があった自分を反省しました。
(ヤツらは噛む、ヤツらは凶暴、とか)
本当に可愛くて、可愛くて、誘拐したくなりました。

そこへじょにさんから「ドッグランへ行きませんか?」のお誘い。
(誘拐したい気持ちが顔に出てしまったんだろうか??)
願ったり叶ったりの我が家は、じょにズカーのテールにひっつき、
ジャンゴ&ステファンのホームラン(?)へ案内してもらいました。
信号で泣き別れてしまうと、キッチリと前方で止まって後続車を
待ってくれるじょにさんの生真面目さに脱帽でしたよ。

話は違うんですが奇遇なことに、なんと車も似た者同士。
じょに家はかなり珍しい「レガシィ・ランカスター」という車のオーナー。
そして我が家のアウトバックは、このランカスターの後継車なのです。
あ〜、つまり(言っちゃダメだよ)、じょに家もけっこう「○わりモノ」と見た…!
(ごめんなさい、言っちゃった〜!!)
違ったらごめんなさい、でもウィを飼っている時点で既にノーマルから
遠い場所に位置しているということは事実ですよね。。。

やってきました、某所ドッグラン。
ちょうどお昼頃だったせいか他に誰もいない貸し切り状態。
水を得た魚さながらに、ニュルニュルと交差しながら爆走する3匹。
いや早いですよ、やっぱり。それに危険。人にぶつかる。物にぶつかる。

そしてここでもいじめられ役のキュー。
体が一回り小さいせいか、いつも追われ役が多いのです。
でもってキューは、自分より小さいものと遊びたがります。
家では猫に必死に遊ぼうアピール。今日はジャンゴにアピール。
ジャンゴはお兄ちゃんなので「遊んでやるか」と渋々引き受けてくれました。
途中、立ち入り禁止区域の網の中にキューが入り込み、捕まえるのに
大騒ぎしたりしましたが、約2時間、3匹で爆走し続けました。


疲れきったヤツらは次の日まで熟睡&筋肉痛(ドンヨリしてる)?でしたよ。
じょにさん、ママさん、ジャンゴ、ステファン、楽しい時間を
本当にありがとうございました!また遊んでくださいね〜!!


申し遅れましたが、ディスクの大会での出会いやじょに家との邂逅が、
アナスタシア&クロエのことで落ち込んでいた私を元気づけてくれました。
「犬って良いな、犬好きって良いな」と心から思える1日に感謝しています。
本当に、本当に皆さん、ありがとうございました!!
[PR]
by nana_gizmo | 2007-10-07 16:51 | ウィペット
b0118624_21155959.jpg


 姉妹犬の飼い主・じょにさんに誘われて、ディスクの大会へ行ってきました!
憧れのディスクドッグ達を間近で見れるチャンス&姉妹犬に再会できるのです。
かな〜り気合いを入れて準備しましたよ〜。

姉妹犬のステファンは、じょにさん宅で兄貴分の
ジャンゴ(パピヨン)と暮らしています。
我が家は姉妹で飼っているので、他犬種との暮らしに興味津々。
やっぱり兄貴がトイレとか教えてくれたりするのかな、、、とちょっと羨ましい。
猫たちじゃせいぜい「ムキーーーッ、あっちイケーーーー!!」くらいなもので。

さてさてわんズを引き連れ、行ってきました千葉ポートタワー。
と〜〜〜っても広々としていて、素敵な公園です。
その一角に漲る熱気!!ムンムンですよ、もう。
犬たちとともに情熱を傾ける人々がぐるり。
その熱気に少々気圧され、リングのかなり外周を遠慮がちに
歩いていたら、さっそくウィオーナーに発見されてしまいました。
たくさんのウィにご対面&オーナーさんにご挨拶。
皆さん気さくな方ばかりで、少しだけお話しできました。

本日掲載している写真は、すべてディスクに出場するちろるちゃんの
パパさんが撮影してくださり、ママさんが送ってくださいました。
ちろるパパさん、ちろるママさん、ありがとうございました!

それにしてもディスクドッグたち、スゴいですよ〜〜〜!!!
そのひたむきさと健気さに感動します。素晴らしい競技でした。
サイトハウンドをここまで仕上げるのはさぞ大変だろうと、
オーナーさんたちの影の苦労が偲ばれます。
我を忘れて見入ってしまったせいで、写真も動画もありません。
みなキラキラと輝いて、本当に美しい姿でしたよ!

ということで、ステファンのお話はまた明日。。。

b0118624_21311521.jpg

ちろるちゃんはキューと同じレッドブリンドル一枚の子で、
すらりと背が高くて、つぶらなまん丸の瞳がキュートな女の子。
こうやって見るとまだまだキュー&マーは子供ですね。

b0118624_21331925.jpg

姉妹犬・ステファンです。とっても明るい元気な子です。
心配だった骨折が治って良かったね!

b0118624_21343261.jpg

ちょっと怖くて飼い主に寄り添うマーキー。
体は大きいくせにかなりのヨワヨワ。
[PR]
by nana_gizmo | 2007-10-06 21:12 | ウィペット

多言語

 最近忙しくなってきました。
毎日多言語の冊子を作成をしていると、私ってもしかして
しゃべれるんじゃないかと錯覚している気分になります。

英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ドイツ語、中国語、そしてロシア語。
ちょうどこのくらいの順番でわからなさが大きくなって行きます。
中国語は字面で意味を汲み取れる反面、読みがまったくわかりません。
が、多言語の中では英語に次いで作業がはかどる言語です。

作業が遅々として進まないのはロシア語。
なにしろアルファベットがよくわからない。読みがわからない。
意味だってもちろん全然わかりません。これがかなり辛い。
アルファベット通りに読めばほぼOKのス・イ・ド語に比べ、
パッと見の認知度がどうしても低い。
読めないと文字を1つ1つ追わなければならない。時間がかかる。
しかもロシア語はダントツで単語1つ1つが長い。わかりにくい。
そのうえ似た雰囲気の字面が多く、確認作業に手間取る。
言語としても覚えるのは難しいと聞くロシア語らしく、
ロシア語で作る冊子作りはかなり難航します。

ま、でも、おもしろいのですがね。
[PR]
by nana_gizmo | 2007-10-05 18:43 | 仕事

寅さん、発見!!!!

 私もマジなら、相手もマジだと思いますが。
今日街角で、寅さんを発見しました。
本物です、って言ってもコスプレイヤーだと思いますけど。

ブレブレ写真ですが、雰囲気は伝わりますよね。
雨上がりだったために、いつものトランクに番傘を持ってました。
最初に見た瞬間「っっっっえっっ〜〜〜〜〜???」でした。
顔の雰囲気も似ていて(まさか、愛するあまり整形か??)、
確か寅さん役の渥美さんて、亡くなってるよねと自分の記憶を必死に確認。
実際映画を撮ってる最中かと思うほどしっかりコスプレしてました。
帽子の色、スーツの色と柄、トランク、髪型、顔。。。
しかも一人じゃなくて普通の人と談笑しながら歩いてる。
周囲の人も皆「あれ〜????」という顔をしたり笑ったりしてます。
だから私も「撮っても良いよね」と思い、速攻で撮影しました。

これが浅草だったら面白いんですが、残念ながら蒲田行進曲でした。
b0118624_18405256.jpg

[PR]
by nana_gizmo | 2007-10-04 18:32 | 徒然