猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今でも怖いもの

 さてさて、前回書いたウィペットと見間違えたモノ。
コメントは入れずとも、皆さん頭の中で想像したのでは??



実はですね…。
信号待ちで止まっていた、折りたたみ自転車2台だったのです。
色はイエローとカーキで、まさにレッドっぽい!
自分で何を見間違えたか気づいた時は、けっこう納得しました。
折りたたみ自転車のシルエットって、ウィペットに似てる?!
そう思うのは私だけでしょうかね〜。



よく考えたら今回も見間違いシリーズかも??
いや、驚いたんですって、さっき。

人により怖いものってイロイロですよね。
皆さんは何が怖いですか?私は得体の知れない人が怖いです。
それに比べたら、幽霊なんてぜんぜん可愛いもんで。
最近は街に得体が知れない人、増えましたよね。怖いですよ。
昔は真っ昼間っからそういう人は歩いていなかったのに、
今は街中に明るい時間からうろついてたりしますからね〜。

私が小学生の頃、「口裂け女」の話が全国的に広まっていました。
冷静に考えればホラ話だとわかるのですが、子供の心には深〜く
刺さってしまう恐ろしい話でしたね〜。
スイミングスクールへ通っていた私はレッスンが終わった後、
真っ暗なバス停でバスを待つことが何より恐ろしかったものです。
都市伝説だと思っても、今でも怖いんですよ、口裂け女。


さっき、わんズと夜の散歩をしてきました。
この辺りは田舎なのでけっこう道は暗いんですよ。
特に鳥目気味の私では、眼鏡をかけてもほとんど見えない。

とある小学校の横を歩いていた時のこと。
最初は向こうから何が来るのかよく見えなかった。
が、何かが動いている気配だけは感じられて。
次第に輪郭が浮かび上がり、真っ白いコートを来ている女性だと
いうことが辛うじて見えてきた。

さらに近づくと、白い帽子を目深にかぶっているのが見てとれる。
この季節の夜も遅い時間に帽子とコートはかなり異様。
そこに気づいた私は、とっさに「口裂け女」を思い出した。
白いコートに白い帽子。昔聞いた噂にそっくり。
思わず別の道へ逸れたくなったがここは一本道で、進路を変えるには
背中を向けなければならい。嫌だ。

見たくないのに、前から来る女の姿から目を離せない。
もうすぐすれ違う。すれ違いたくない。
すると女は、両の手を顔の前へ持ってきた。


なんてこと!!
女の口元から喉元へかけて、朱色に光っているなんて…。
ボーッと赤く光る口元は、まさに噂に聞いたあの姿。
私は心臓が止まりそうなくらいの恐怖で、立ち止まってしまった。


女が何かをしゃべっている。
「ワタシ、キレイ…」と言うのだろうか。
そんなセリフを聞いたら、失神してしまうかもしれない…。



—ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

思い出すだけでも怖いですね〜。
書いてるだけでも怖くなってきましたよ。
私だけでしょうか、怖がってるの。

つまりコレ、向かいから女性が歩いてきて、
すれ違う少し前に携帯電話で話し始めたんです。
格好は白いワンピースとベージュっぽいチューリップハット。
ナチュラルなボヘミアン、みたいな格好(夜見ると異様かな?!)。
でも本気で怖くって、凍り付きました。

まったく「度が合ってない眼鏡で歩くな!」という感じで。
コンタクトを入れてればそんなこともないんですが。
レーシック手術を受けたいですよ、心から。
[PR]
by nana_gizmo | 2008-06-24 23:22 | 徒然

脳内ウィペット

 私は目が悪い。
以前にも書いたけれど、裸眼では手元も覚束ないほど。
視力測定をすると左右とも0.04とか0.05くらいしかでない。

どれくらい見えていないかといえば、道を渡ろうと道路の前に立って、
目の前から車4台分くらい距離が離れると、車が消える。
ぼやけ過ぎて車自体が見えなくなり、うしろの風景が見える。
夜ならライトの明かりがボンヤリ見えるから多少存在を把握できるが、
昼間はほとんど車が見えていないという恐ろしさ。
普段はコンタクトだが角膜に傷がつきやすい(しかも傷ついたことに
気づかないので危険)ため、眼鏡も併用して目を休める。

今日は5年前に作った眼鏡をかけていた。
駅からの帰り道、バスの車窓から何気なく外を見ていると、
遠くに2頭のウィペットを発見!!
うわ〜、レッドの1枚とフォーンの1枚の子だ〜!
こんな近所にウィペットがいるなんて知らなかった。
もしかして観光客が連れているのかしら??


その場で飛び降りようかと思うほどの興奮でバスの外を凝視
していたら、なんとなく違うような気がしてきた。
あれ………。


あれはもしかして……。


皆さん、なんだと思いますか??
この答えは、また次回…。
[PR]
by nana_gizmo | 2008-06-10 22:16 | 徒然

突発性玉突式粗相

 梅雨ですね〜。
雨が降ると散歩、いろいろ大変ですわ。
でも犬って外でトイレをしたがる。雨が降っていてもしたがる。
レイチェルは家の中で全くおトイレをしなくって困るそうです。
「膀胱炎になるのでは?!」と、気が気じゃないとか。

ウィペットは比較的、雨降りの日に外出するのを嫌うと言いますが、
残念ながらわんズはそんなことありません。
雨が降ろうが雷が鳴ろうが、雪が降ろうが散歩へ行きたがります。
けれどキューが脚を怪我しているので、地面が濡れている日に
散歩をさせたくないのですよ。仕方ないので室内で遊んでやる。

そうそう、そういえばわんズはケージが大好きです。
ブリーダー宅で長らく姉妹一緒にケージで生活していたため、
ケージに入ることを全く疑問に思っていないどころか、
家の中で一番心が休まる大切な隠れ家。なにはともあれ、ケージ。
嬉しい時も怒られた時も、いつでもケージへ飛び込むのです。

こんな事情を背景に、この事件は起きたのでありました…。



数日前の晩、雨がザンザンと降っていたので、室内で遊ぶことにした。
マーキーがヒートで元気がないせいか、いつになく興奮するキュー。
放り投げられたオモチャを空中でキャッチして、振り回して噛みまくり
無邪気に遊び続ける。その様が面白く、次々とオモチャを放る飼い主。
1時間近くも遊んだろうか。
「そろそろおしまい〜」とオモチャをケージへ戻そうと入り口に
座り込んでいたら、キューがあわててケージへ飛び込んできた。

遊ぶのが楽しくて、ギリギリ限界まで我慢していたのだろう。
ケージへ入った途端、毛布の上でシッコが漏れてしまった。
一度出たものは止められない。もの凄い量のシッコを毛布の上で
最後まで出し切った。大変なことである。
残念ながら我が家の躾は厳しい。キューも身を以て知っている。

もちろん飼い主は怒った。
怒りながら汚れたケージからキューを引っ張り出し、汚れた手足や
シッポを拭いた。怒られることに慣れていないキューは、これだけでもう
体が激しく震え、オドオドと小刻みに動き回る。

飼い主の剣幕に驚いたマーキーは、キューと入れ違いにトイレへ
駆け込みビビりウンチをして、そのまま毛布へ潜り込んで避難しようと、
汚れた毛布へ勢いよく飛び込んだ。
これを目にした飼い主はさらに怒り、シッコで汚れたマーキーを
ケージから引っ張り出し、体を拭きまくった。

すると今度は度を超して怯えたキューが、入れ違いに毛布へダイブ。
ますます怒った飼い主は、嫌がるキューを毛布から引っ張り出し、
汚れた体を拭きながら、2頭に厳しい声音でシットを命じた。

この様子を見ていたマーキーがさらにビビって、テーブルの下で
これまたもの凄い量のビビリしっこをしてしまった。
火に油を注ぐようなシッコの量を目の当たりにした飼い主は、
頭痛を催すほどの怒りに見舞われ、とにかくこれ以上ケージへ犬たちが
駆け込まぬようドアを閉め、シットとステイを言い渡した。

恐ろしいほどの怒気を発する飼い主に睨まれたキューは失神寸前で、
さっきしたばかりなのにシットしながらビビりシッコとビビりウンチを
フロアでしてしまい、その恐怖からか腰が抜け、自分がしたばかりの
シッコとウンチの上にヘナヘナと腰を下ろしてしまい、お尻が○○に
まみれてしまった。


飼い主は、
この怒りの矛先を、この惨状をどうすれば良いのか。
あまりのことに、しばし呆然と佇む。
シッコとウンチだらけの部屋と犬。誰が綺麗にするのだ。自分だ。
「運転手は僕で車掌も僕だ」的な孤独感に襲われ、フリーズした。


掃除、しましたけどね。どうにもならないから。
冗談みたいな、本当の話。
まったく、犬を飼っていると信じられないくらい予想外な出来事が
起こりますね。ドリフのコントかって、こんなの。
右往左往して怒りまくる自分は、いかりや長介のようでしたよ。
[PR]
by nana_gizmo | 2008-06-06 00:08 | ウィペット

口を開かなきゃねぇ

 ほめろんさん&ゆうこさん&レイチェルが遊びに来てくれた時の
写真をアップしておきます。画像暗くてスミマセン。
逆に味があっていいかな、なんて思うんですがね(フラッシュ嫌い)。
マーキーってば、伊豆高原の時はすべてと言ってもいいくらい口を開けた
写真ばっかりだった。今回は口を閉じてるので写り良し。
口を開かなきゃ美人風に見えるのに。

ちなみにキューが写っていないのは、ほめろんさんの膝の上で
ずっと抱っこされていたから。よかったねぇ、キュー。




b0118624_21393731.jpg
b0118624_2139524.jpg
b0118624_2140884.jpg
b0118624_21402432.jpg
b0118624_21404246.jpg
b0118624_2141160.jpg
b0118624_21411455.jpg
b0118624_21412985.jpg
b0118624_21414844.jpg
b0118624_21421538.jpg
b0118624_21423285.jpg

[PR]
by nana_gizmo | 2008-06-02 21:44 | ウィペット

ゲ〜リ〜

 ボ〜ッとしてる間にもう6月。
こないだ年が明けたと思ったのに、月日が経つのは早いもんです。
そういえば最近、犬ネタ以外書いてないなぁ。
時事ネタとか書こうと思いつつ、時間は過ぎて行くのです。

さてさてお祭りヒート女・マーキー。
まだまだ出血していますが、それよりも大変なことが!
なんと、原因不明の下痢になりました。
先週の水曜日あたりは柔らかいな、程度だったのに、
金曜日には噴水になってしまいました。もちろん外へ噴出。
なにかというと大騒ぎになってしまうマーキーのことだから、
下痢だって普通じゃありません。外へ向かって放射するのです。
どれだけ掃除が大変だったことが…。

そんなこんなで、デルクリアを飲ませ様子をみることに。
飲ませたらすぐに止まりました。何が原因だったのか??
しか〜し、マーキーですから、薬は立派に拒否。
オヤツとともに口へ入れても、噛み砕いた後に薬の滓だけ
吐き出す徹底ぶり。オマエの頭にそんな知能があったのか??
仕方がないので口の奥へ放り込む方法へ変えました。

ここ2〜3日、お腹が痛いのかヒートでダルいのか元気がないマーキー。
ちょっと遊んではすぐに座り込んでしまいます。それはそれで心配。
ちょっと鼻水も垂れてるし、もしかして風邪なのかしら??
なんだか大人しいマーキーって、気味が悪い。
マーキーが大人しい時って、たいてい悪いことをしてる時なんだけど。
普通に座り込んでいる姿なんて、ちょっと不気味だ…。
[PR]
by nana_gizmo | 2008-06-01 21:36 | ウィペット