猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo

<   2009年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

時間が

 珍しく午前サマ近いこの頃。
忙しくて、何にも出来んです。うむむ…。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-01-28 01:34 | 仕事

トイレの大きさ

 いつも独り言じゃ何なので、たまにはわんズの話でも。

相変わらずシモの始末がいま一つなヤツら。
先日読んだ本の中に「足触りの違いでトイレを覚える」的な記述があり、
そうか、わんズのケージ内には寝床とトイレしかないから、外へ出たとき
判別つき難いよね、と納得した。
もしかしてケージに寝床とトイレと床があれば、トイレの足触りを認識して、
ケージから外へ出てもトイレの足触りを探すようになるかもしれない!

ということで、先日旅行用に買った今の半分サイズのトイレを
ケージ内に入れて床を露出させ、元のトイレをケージの外へ設置した。
しかし半分サイズ故、わんズには少々小さい。
乗っからないこともないけれど、的を外さずに致すにはワザがいりそう。

ウンチはできた。ちゃんと的の上にできる。
どうしたことか、オシッコは上手くできない。
シッコ外し屋がいるので、そのせいだろうか。
もちろんマーキーのことだけどさ。

いつか的を外さなくなって、きちんとできる日が来るんだろうか。
そう、期待してるんだけどねぇ…。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-01-21 20:55 | ウィペット

今年は旅行の年(かも)

 年明け早々、旅行をしてみた我が家。
実はこれ、たいへん珍しい現象でございます。
日帰りならかなりフットワーク軽いんだけど、泊まりとなると
なにしろ動物がたくさんいるし、人間もなかなか腰が重い。
国内は2年半前に和歌山へ行ったきり、海外は2年前に社員旅行で
台湾へ行ったきり、どこへも行っていないのでした。

ところが今年、クマが勤続20年でお休みをもらえることになり、
クマが退職するまで行けないと思ってた海外旅行を計画中。
しか〜し、不況の嵐が吹き荒れる今、召し上げられる可能性もアリ。
4月になるまでは、本当にもらえるかわからないんだよね。
プランニングするにもドキドキな旅行であります。

さて猫3匹、犬2匹の我が家において旅行と行ったらもう、ペットシッターを
お願いするほかないと思います。預けるには猫も年寄り過ぎるしねぇ。
これもドキドキだよね。だって誰かに世話してもらったことなんてないから。
土地柄か何件かあるようなので、いろいろ吟味しよう。

んふふ。楽しみ〜♪
[PR]
by nana_gizmo | 2009-01-19 21:58 | 徒然

旧友

 ずっと連絡が取れなかった学生時代の同級生と久々に話した。
実に6年ぶり。でも6年というブランクは感じられないほど、
ごく普通に楽しく話すことができた。

去年のいつ頃だったか、このブログをきっかけに連絡をくれて、
そこから復活した関係。ブログも役に立つことがあるんだ。
6年経っても、彼女はさっぱりと元気一杯だった。
嬉しかった。

ブログを書きはじめて6年近く。
やめようと思ったこともあるけれど、書いていて良かった。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-01-18 22:02 | 徒然

海(病院)へ行った

 
b0118624_1928459.jpg


 マーキーが下痢。
火曜あたりからユルくなり、だんだんひどくなったので今日は病院。
クマが土日とも休出らしいので、歩いて行くことにした。
海の街とはいえ我が家はそこそこ内陸にあり、海の目の前にある病院へ
歩きで行くには、だいだい45分ほどかかる。
ここまで来たなら、海を散歩しないで帰るのもなんだろう。


b0118624_19333134.jpg


いや〜、天気よいなぁ。
サーファーもウィンドの人たちも、水上バイクもいるよ。

もちろん犬もいた。
えらく汚い川へ棒切れを投げて、取ってこいと命令するニューファンの飼い主。
1回目はもの凄い勢いで飛び込んで行ったけど、水の冷たさか汚さか、
2回目はいくら命令しても飛び込まない。いや、あれは嫌だよ。
せめて海にしてやれば良いのに、あんな汚い川に…。

ゴルラブ系は当然、とでもいうようにノーリード。
ゴルラブ系ミックスももちろん、という雰囲気でノーリード。
冬のせいか、いつもたくさんいる小型犬はいなかったな。


b0118624_19403568.jpg


海をバックに撮りたいけど、1人じゃ上手くいかないね。
ただ砂地を歩く犬になっちゃうよ。
途中、厳ついカメラを携えた年配の人々の一団と出会った。
この街ではよく見かける、カメラ同好会系の遠足だ。
皆さん、バズーカみたいなレンズをつけて、テントを立てられそうな太くて
デカイ三脚をずらりと並べ(もしかしたらレンズの下に支えがあったかも)、
重装備である。皆さん良い持ち物をお持ちである。

それまでは撮影する人、おしゃべりする人とマチマチだったのに、
「撮影させてください」と1人の男性が言ったのでわんズにポーズを
とらせたら、皆さん電気でも走ったように自分のカメラへ飛びついて、
シャッターを切りはじめた。その音といったら、アイドルの水着撮影会に
引けを取らないくらいの多さと量感。バシャバシャと降ってくるよう。
あんなカメラで撮ったなら、ぜひ送ってほしいもんだ。




b0118624_19581453.jpg


20分くらい海を歩いて、街へ戻った。
来た時は表通りだけど、帰りは裏通りを通る。
途中、警察の大型車両が停車していて「何だろうねぇ」と思ったら、
手前でお婆さんとお爺さんたちが井戸端会議をしていて、「あそこの娘さんが」
「可哀想にねぇ」としきりに話していた。何があったんだろう。

警察車両を追い越した先にも井戸端会議の一団がいて、「車にぶつかられたんだ」
「腰から下だよ」「突っ込んできたんだから」という声が聞こえて、
事件の概要が見えてきた。恐るべしローカルネットワーク。

そんなこんなで午前中めいっぱいのロング散歩を終えて帰った。
気持ちよかったわぁ…。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-01-17 21:50 | ウィペット

茨城に思いを馳せる夜

 楽しかった茨城旅行、次の日。
年末年始と風邪をひいて挨拶できなかった私の実家へ行くことにした。
突然行くことにしたので、当たり前だけど手土産がなんにもないよ。
仕方なく、散歩がてらわんズを連れて街へ。
この辺はお正月、大変盛り上がる地域である。
お正月から2週間近く経って、もう街も空いてるだろうと思った。

間違いだった。
お正月並みに混んでいる街。人垣で前へ歩けない。
それでもなんとか、たくさんの手土産を手に入れる。
1軒寄るごとに荷物が重くなり、最後には歩くのも困難な状態。
ん〜、わんズを連れてこなきゃよかった。

3連休最終日、それでも下りは混んでいる。
ま、そんなに急ぐ道中ではないので、気長に渋滞にはまる。
それでも2時間くらいで到着した。

父に茨城へ行ってきた話をすると、自然と鉾田時代の話になった。
娘だった頃、単身赴任だった父の話を聞く機会はほとんどなく、
娘でなくなった今の方がいろんな話を聞くことができる。
スーパーファザコンの私にとって、幸せな機会だ。

橋だのトンネルだのを造る土木工事は、なかなか荒っぽいことだ。
そこにまつわる話もなかなかに荒っぽいもの。
今回は、茨城で知らない人はいないという傑物と渡り合った話を聞いた。
最終的に気に入られた父は「7千万の支度金をやるからオレの所へ来い」
とスカウトされたとか。む〜ん、面白い。
あとは不法占拠を排除するための強制執行の話とか。

父は恐ろしく頭が堅くて厳しい男だが、話し好きだ。
しゃべらせておけば何時間でも1人で話す。かなり面白い。
嫁に出てしまった今、この話をあとどれだけ聞くことができる
だろうかと思うと、外へ出てしまったことを後悔したくなる。
それだけに、一夜一夜が大切な時間だ。

父と繋がっている気がする茨城。楽しかった茨城。
好きな場所が、また一つ増えた。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-01-12 00:03 | 徒然

茨城の思い出2

b0118624_2251775.jpg


 2日目はポティロンの森へ。
ギャロップさんのスタッフ新年会に混ぜてもらうことになりました。

その前に。
朝8時、食事を知らせる電話が鳴りました。
そこそこ寝た男たちは、ブラブラと朝ご飯を食べに行きました。
さっき寝た女たちは、唸っていました。

と、外へ行った男たちにつられて起きたレイチェル+わんズが、
散歩へ連れてってくれと騒ぐ。ん〜、無理、ぜんぜん酔ってる…。
しかし、昨晩からトイレへ行っていないわんズ。
マーキーがピーピー鳴くのはいつものことだけど、
なんとキューがムームー鳴いてる。ヤバい、切羽詰まってる。
新品のソフトクレートが汚れてしまうのは嬉しくない…。
…………………。


しょうがない、酔ってるけどトイレをさせに行くか〜。
ハンパないくらいフラフラしてるけど、旅館の中でされると
困るので、4階から外まで2頭抱っこして連れて行く。
よく転ばなかったもんだ。
本当はレイチェルも連れて行きたかったけど、フラフラで人様の犬を
連れ出し、何かあったら大変だと思い控えた。ごめん、レイチェル。

部屋へ戻って転がっても、眠れないんだけど起き上がれない。
それにしてもゆうこさんはスゴい。途中で起きて朝食を食べに行った。
キチンと身支度も整えて、しゃっきりして出て行きましたわ。
私はといえばチェックアウトギリギリまで寝転がり、辛うじて顔を洗い、
なんとか車に乗った。

お昼近くにポティロンへ着いたけど、とても歩ける感じはしないし、
この時間だとまずお昼を食べようって話になるだろう。
何かを食べるのも無理そうなので、皆さんがお昼を食べている間
車の中で寝てしまおう、とクマとわんズを送り出した。

そして1時間後。
ランチタイムが終わったよとクマから連絡が入る。
お天気がよかったこの日、車中の気温は30度くらいまで上がっていたか。
どうやら体が異常に冷えていたせいで動かなかった代謝機能が回復し、
睡眠1時間ですっかりお酒が抜けました。いつもより調子良いくらい。
スッキリサッパリでお化粧をして、歯を磨いて、合流。
皆さま、本当にご迷惑をおかけしました。

合流したとたん、グレママさんの元気一杯な声が!
いつも長野からお疲れさまです!頂き物、とっても美味しかったです!
本日は来る途中、グレースちゃんが怪我をしてしまったそう。
ションボリとしているグレース姉さん。痛々しいです。
対照的にゲンキな弟・マセラ、ラン中を駆け回って遊んでいます。
やっぱりマーキーと似てますねぇ。

ポティロンはさすがに寒いものの傾斜があって広くて、良い具合。
わんズも喜び、ゴロゴロ、ゴロゴロ。あら〜、走り回るんじゃないんだ〜。
犬たちがもの凄い勢いで嗅ぎまくる茂みへ寝転がり、ごろごろゴロゴロ。
キューなんか追いかけられて降参してるんだか臭い付けしてるんだか、
わからないくらい転げ回ってる。マーキーはフラフラと歩き回ってる。

そしてボルゾイがたくさん!
特にリンちゃんは「スッ」と体をすり寄せて、撫でてと甘えてくる。
なんて可愛いの〜〜〜!可愛くって持って帰りたい。
悲しい生い立ちも何のその、セトくんは絡んでくる大型犬を相手に
一歩も引かぬ立ち回り。立派ですな〜。
最後にはキューマーを追いかけ回すほどの男気を見せてくれました。
この日、一番弱かったのはキュー。2番目に弱いのはマーキー。
ヨワヨワ姉妹・確定です。

そして流し目がクールなアルビスくん登場!
どうやらキューはアルビスに惚れている模様。かな〜り体を許してる風。
でもねぇ、アナタの大きさじゃグレハンの子供は産めないでしょ。
叶わぬ恋なんだよ、キューちゃん。

まぁ、そんなこんなで色々ありまして帰り道、ディオパパ&リン子さん、
ほめさん&ゆうこさん、そしてウチの2人でご飯を食べました。
17時半くらいに入って22時半くらいまで、ご飯食べてデザート食べて
お茶飲んで5時間ほどおしゃべり。それでもしゃべり足りないってくらい。
ディオパパ&リン子さん、ほめさん&ゆうこさんにはお世話になりました!


22時半過ぎ、牛久の地面は霜が降りてました。
帰ったら1時近いかなぁ、なんて思ったら、24時に着きました。
近い!茨城ってこんなに近いんだ!とっても大冒険のつもりがご近所でした。
たとえ冒険じゃなくっても、とても楽しかったです。
関係者の皆さま、本当にありがとうございました〜!
[PR]
by nana_gizmo | 2009-01-11 22:48 | ウィペット

茨城の思い出1

 土日は茨城へ。
人間10名、犬13頭(うち超大型犬3頭)の行軍はかなり面白かった。
旅行中の楽しさは参加各人のブログでチェックしてください。

一緒にお泊まりさせていただいた方々
●ディオパパ&リン子さん&リンディス&エルディオス&サリー&セト
        ⇒リン&ディオのお気楽な日記
●ほめさん&ゆうこさん&レイチェル⇒ほめろぐ
●ジャスパパ&ジャスティス&フィー
●ルーキャスママ&娘さん&ルーク&キャスター
        ⇒ボルラブ☆ルークとボルゾイ☆キャスター
●メイママ&メイ&パピヨンくん(お名前忘れてしまいました、スミマセン)


昼間のイベントはなかったから、温泉に浸かりたかった。
宿は水戸なのでそこから近めで、良さげな温泉をリサーチ。
けっこう調べたけど捗々しい結果は得られず。
最終的に、到着時間でひたちなか市と鉾田市のどちらかにした。

心が騒ぐのは鉾田市の存在。
私の父は公務員で、勇退する1〜2年前までずっと単身赴任だった。
ちょうど小学校低学年だった頃、橋だのトンネルだのを造る監督で鉾田市へ
赴任しており、夏になるとカブトムシやクワガタをたくさん捕ってきてくれた。
メロンとかサツマイモなんかもお土産に持ってきてくれた。
いつも不在だった父の、数少ない思い出である。

父が設計したトンネルだのをちょっと見たいなぁ、と思い、
ぜひとも鉾田市へ行きたかった。
結局、いろんな邪魔が入り鉾田へは行けなかったけど、
茨城がわりと近いことに初めて気づいた。
また行こう。


時間が押したので、宿から車で30分ほどの所にある
阿字ケ浦温泉へ向かった。目指すは「のぞみ」。
外観はなんだけど口コミが高感触だったので選んだのだけれど。
温泉といえば箱根が定番の我が家には、ムズカシイ感じ。
地元の人たちで賑わっていた。海が目の前にあり、夏はさぞ盛況だろう。

とりあえず温泉に浸かり、宿へ向かう。思ったより近い。
ご飯の時間に集合!のお約束だが、けっこう早く着いた。
せっかくだからわんズのトイレがてら水戸の駅前をウロウロ。
犬が異様なのか小型犬じゃない犬の服が変なのか、街の人にガン見される。
一様に驚いた顔。でも「可愛い」と言ってくれている。
ん〜、水戸の人たちは良い人だ!
いえ、自分ち犬が褒められたからじゃなく、街も穏やかで
人も穏やかで、広々のんびりの優しい街でしたよ。

宿はなかなか不思議なコトが一杯で、闇鍋のような所だ。
レジャーだと思えばかなり楽しめる。何が出るかはわからない。
それでも人より犬が多い一行に、精一杯サービスしてくれたように思う。

夜は皆さんと宴会(飲食しながら3時間しゃべる)⇒部屋で皆さんと2次会
(飲食しながら4時間近くしゃべる)⇒そして相部屋のゆうこさんと自分ちの
部屋で3次会(飲食しながら3時間しゃべる)と、犬に揉まれながら酒を飲み、
明るくなるまで語り続けた。

せっかくの泊まりだからと、私は珍しく酒を飲んだ。
飲めないわけではないけれど、数年前に消化器の手術をしてから
アルコールの消化能力が極端に低くなり、飲んでる最中からひどい
二日酔いを起こすため人前であまり飲まないようにしていた。

床に着いたのは推定6時〜6時半。すでに頭痛が始まっていた。
朝食は8時。1時間半〜2時間の睡眠で酒が抜けるのだろうか。
睡眠時間が短いのは問題ない。今でも徹夜OKだ。
そして朝食…。



想像つくだろうけれど、明日へつづく。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-01-10 20:02 | 徒然

初・犬連れ旅行

 雪が降るという予報だけあって、寒いっすね。
振らないけど冷え込みがキツくて、さすがの暑がりも寒いと思う今日。

そして明日⇒明後日と、犬を連れ旅行、というほどではないけど、
初めて泊まりがけで遊びに行ってきます。
公式記録(?)でも泊まりがけ外出は久々なので、楽しみだな〜!
しかも犬連れさんたちがワンサカ来るようなので、
それもまた楽しみの一つです。

しかし寒いな〜、鼻水が出ちゃう。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-01-09 21:10 | ウィペット

12年に一度

 たまたま見た雑誌に、「今年のアナタの運勢」とやらが載ってた。
星座別・今年1年の運勢らしい。ふ〜ん。
恋愛に片がついてからというもの、すっかり占いを見なくなったなぁ。

それによると今年は、12年に一度のラッキーな年だとか。
む。このセリフ、どっかで聞いたことがある。
そうそう12年前、確かに聞いたよ。
12年に一度のラッキーな年を迎えたんだもん。

………。
確かすっごく滅茶苦茶な年だった気がする。
その時も「12年に一度のラッキーな年だから!」とはしゃいでいた。
だから何もかも上手くいくはずだったのに、惨憺たる結果だったよ。
というかその前年の年末から人生のどん底へ転がり落ち、6年かけて
奈落を掘り下げて行ったんだよね。毎年、前年を上回る最悪な日々。
たいして長い人生じゃないけど、自分にとっては地獄の6年間。
そして6年かけて這い上がってきた。

あれ?ってことは、12年に1度の素晴らしい年は、地獄の入り口?!
「釜の蓋・全開」ってことなの??
なんだか嫌なこと思い出して、嫌なことに気づいちゃったなぁ。

せめてもの救いは、ちょうど12年前の春、それまでお遊びだった
歌を真剣にやろうって決めて、見知らぬバンドに飛び込んだこと。
真剣=プロではなく、真剣な気持ちで臨むということ。
あの時バンドに拾ってもらえたからこそ今があるわけで、
バンドのリーダーには今でも感謝している。



今、怖いこと思い出しちゃった!!!
11年前の今日、私、交通事故に遭ったんだった!
バイクで車とぶつかったの、そういえば今日だよ。
今まで日にちなんか思い出したこともないのに。
そう言えばあれもありえない感じの事故だった。
何の因果か、その後4回も引っ越してるのに、また同じ地域に住んでる。
うわ〜、今年は気をつけよう。危ない危ない。

なんだか前途多難だなぁ、今年。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-01-08 21:55 | 徒然