猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

依存症って恐ろしい

 本日、またまたあーちゃさんとおしゃべりしていたのですが、
その中のネタで「これはブログネタにピッタリ!」と思った話を一つ。


連日、テレビは薬物依存の話題で盛り上がってますが、
薬物というのは恐ろしいものですよね。
薬物依存症の中でも特に中毒性が高いのは、ヘロインだそうです。
曰く「一番気持ち良くて、一番最悪な薬物」だとか。
人間が一生に感じる快感のすべてを合わせた以上の快感が、
摂取した数秒後に一気に襲ってくる、なんて書いてあります。
興味のある方は、ネットで調べてください。

ところが、そのヘロインよりも中毒性の高い嗜好品が身近にあるんです。
最近はけっこう知られていますが、何だと思います?






実は「ニコチン依存症」です。
つまりタバコが止められない人たちのことですね。
タバコの主な成分であるニコチンは、ヘロインを摂取した時よりも早く脳内へ到達し、
瞬時に脳を気持ち良くさせてしまう、恐ろしい物質。
タバコの煙には4000種以上の有害物質が含まれており、うち200種は発ガン性物質だそう。
いや〜、体に悪そうですね。

「薬物の女王」と言われるヘロイン依存症よりもスゴいって???と思われるでしょうが、
確かに周りを見渡すと「禁煙」を成功させた人って少ないですよね。
禁煙、ってすごく辛いんですよ、本当に。

私は7年前までヘビースモーカーだったんですが、ある日を境に煙草を止めました。
それ以来、1本も煙草を吸っていません。
いえ、それが「偉いッ!!」てんじゃなくて、ここからが恐ろしいお話で。



禁煙に成功した人が、よく「タバコ嫌いになった」と言います。
「煙が臭い」「分煙なんかありえない」などなど。
とにかくタバコが嫌になるんですね。
これは幸せだと思います。だって、嫌いになったんですから。
きっとニコチン依存症の度合いも軽いんでしょう。

ところが私は、止めた7年前から今日に至るまで常に、
いつでも「タバコを吸いたい」と強く感じているのです。
タバコの煙が漂ってくると、喉が渇くような強い渇望感を覚えます。
砂漠を水なしで長時間歩いた人が、水を求める気持ちと同様。
まさしく「喉から手が出るほど欲しい」という状態です。

たまにタバコを吸っている夢を見ます。
シチュエーションはいつも同じで、目の前にあるタバコを「あっ、昔の癖でつい手が動いて、
吸う気もないのに吸ってしまった」と、いったい誰に言い訳してるのか不明なストーリー。
そして夢の中でタバコを吸うと、眠りながらも自分が多幸感に包まれているのを感じます。
体は今でも、自分を騙してまでも欲しているのです。
これぞ絵に描いたような、恐ろしい依存状態。


私は完全なる「ニコチン依存症」だったのだと思います。
もしかしたら今でも、その症状を引きずっているのかもしれません。
私が未だに煙草を吸わない理由は、「止めるのが辛いから」だけ。
もう一度あの辛さを味わうのなら、我慢する辛さの方が絶対に楽なのです。
次はもう、止められないでしょう。


合法なものだってこれだけ恐ろしいんです。
どうですか?
禁煙してほしい身近な人に「今すぐ止めろ!」と言いたくなりましたか。
それとも「そんなに依存症がキツいなら止められないな」と諦めましたか。
「オレはニコチン依存症だから、死ぬまで吸ってやるんだ!」と思いましたか。


でもね、恐怖のニコチン依存症より、
もっと強い依存物質が身近にあるんですよ。
誰でも毎日、普通に摂取している物質。
なんだと思いますか?































答えは「砂糖」。
これに勝る依存症はない、と言われるくらい、一番キツいそうです。
「砂糖依存症」の人が砂糖を止めることは、不可能に近いとか。


今、思わず胸を押さえた人、居ますよね。
どうです、けっこう怖いお話だったでしょ、依存症って。
合法・非合法の差こそあれ、基本は同じですから。
毎日マスコミが垂れ流している話、他人事じゃなくなりましたよね。
誰にでも起こりうる恐ろしいことだと、私は思います。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-08-28 23:20 | 徒然

パスポートの運命

 9月に海外旅行へ行こう!と計画を立てている。
紆余曲折があり、なんとか実行されそうだけれど、困った現実が。
連休に引っ掛けて日程を組んでいるので、もんのすご〜く混んでいる。
フライトが取れない。まったく空きがない。
ので、行き帰りともキャンセル待ち。
確率は、見えない。

こればっかりは待つしか方法がないので、順番が回ってくるよう祈るばかり。
それ以外の外堀をシッカリ固めておこう!と、海外旅行の基本、パスポートを用意した。
いや、気持ちは用意しようとした。

ところが、実体は伴わなかった…。


我が家は大事な書類、というモノを各々で管理している。
にもかかわらず、どうした理由かパスポートだけはクマの管理下に置かれている。
「パスポートを用意する」ということは、クマにパスポートを出してもらうことを意味する。

クマを知っている人が聞いたら驚くだろうが、実はヤツ、スーパー忘れん坊である。
とにかく物体を置き忘れるのが大得意。
現金、財布、鍵、時計、携帯電話、鞄と、大小問わず大事なモノを次々と無くす。
外へ出れば置き忘れてくる、家の中でも置き忘れる、どこへしまったか忘れる。
もちろん、やりかけのことを忘れるのだって得意中の得意。

反対に、普段はボケボケしている私だが、物を無くさずに管理するのが大得意。
自分の持ち物に関して、何がどこにあるかすべて把握していないと気分が悪い。
何かを探すために時間を費やす、ということを絶対にしたくないのだ。

この性癖を理解した上で、どうしてクマにパスポートを預けているかというと、
ん〜、「私を旅行に連れてって!」っていう主張かなぁ。
それにパスポートって出し入れする機会が極端に少ないから、いつでも所在明らかなはず。
クマはたまに海外出張へ行くから使うけど、私はどこにも行かないから置きっぱなしだし。


で、つい先日までは私も所在を確認していた。
そう、引っ越し前までは。
引っ越し後、クマは海外出張の予定があるのにパスポートの有効期限が
切れそうだったので、6月くらいに更新をした。
その時、クマの大事なモノ入れの中に黒っぽい(私のパスポートは5年なので紺色)
冊子があり、それが私のパスポートだろうと思ったそうだ。

クマを問いただしても、ヤツに一切の記憶はない。
引っ越しの荷物を詰める時にどこかへ入れてしまったか、
はたまた要らない書類なんかとともに誤って捨ててしまったか。
クマは必死に家捜しをしたが、とうとうみつからなかった。
真相は闇の中である。


不幸中の幸いと言うべきか、私のパスポートは新婚旅行へ行った時に申請したので、
たぶん有効期限が切れているだろう。
なので、パスポートがあってもなくても新規申請をすることになる。
以前のパスポートを紛失していても「ないです」と申告すれば、問題はないらしい。

ということで、急いでパスポートを申請しなければならない。
出発予定日は9/16、クマの誕生日だ。
行けると良いなぁ。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-08-24 19:41 | 徒然

キューレットの反乱

b0118624_11441344.jpg

 キューは「超ド級・ビビりん」である。
花火、雷、ヘリコプターの音など、爆音系は大嫌い。
レース会場では漂う殺気と緊張に当てられて、震えて縮こまる。
そして私に怒られると、もちろんビビりションをしまくる。

何度も書いているけれど、我が家の躾けは厳しい。
頭数が多い(猫含む)ので、生活ルールは絶対厳守。
躾ける側も「ま、いっか」なんて手抜きは厳禁。
悪いことをすれば、どんな時でもきっちり叱るのが常だ。

我が家で最も怒られる事項に「他人の飯を食べてはいけない」というのがある。
猫は犬、犬は猫のご飯を絶対に盗み食いをしてはいけない、という単純な教え。
ところが犬にとってこのルールを守るのは大変に難しいらしい。

体力を落としているスミコのために、猫のご飯は1日中、
犬が立ち入り禁止のキッチンに置いてある。
暑くて自分たちのご飯は残すくせに、猫ご飯は食べたがるわんズ。
たいていは防衛機能の高いニュウモがキッチンの入り口を見張っていて、
わんズが少しでも近づくとサイレンを鳴らして警戒するので問題ない。
ニュウモ+簡易バリケードもあるので、普段は顔を突っ込むこともできない。

ところが先日、私は夜の散歩用にビニール袋を取ろうと、キッチンへ入った。
私を追いかけて、わんズもキッチンの入り口へ興奮してなだれ込んできた。
意図的ではなかっただろうが、目の前にあった猫ご飯に、キューが鼻を突っ込んだ。

瞬間的に「ノー!」と叫ぶと、ケージへ向かって一目散に逃げるキュー。
絶対にビビりションをするので、ケージに入られては大変ともう一度「ノー!」。
なんとかケージの手前で止まったものの、その場でジョジョジョー。
しかもシッポをお腹にピッタリ付けながらジョンジョンするので、あらぬところから垂れてくる。

言葉には出さなくても危険なほど怒り狂っているのは一目瞭然!の飼い主を見て
ますますビビり、素早くダイニングテーブルの下へ逃げ込み、ジョジョジョー。
ビビって小刻みにうろつくので、さっきよりも広範囲に汚れて、その上に座り込む。

ここで飼い主の怒りは、口を開くこともできないほどの怒りレベルに達していた。
たぶん鬼の形相だったのではないかと思う。
怒気を激しく発しながらキューの汚れた体を簡単に拭いてからケージへ移し、
ケージ内トイレの上で再度きれいに拭こうと体を触ったら、キューは変な叫び声を上げて
噛みつくフリをしはじめた。あまりの恐怖にパニックを起こしているらしい。
手を出すと「ギュワッッ!」と叫んで噛もうとする。

残念ながら「噛む」という行為はどんな時も許されず、厳しく怒られる。
実際に噛んではおらず歯を当ててくるだけだが、それでも飼い犬には許されない。
キューは飼い始め(生後6カ月)の頃、怒られた時に恐怖のあまり噛みつくフリをした。
成長とともに大きな問題となりうる癖なのでかなり厳しく叱り、それ以降は噛むフリを
することはなかった。

そしてまた、怒られた。厳しく、厳しく怒られた。
トイレの上で、ますますビビりションをした。
もし犬が泣けるなら、きっと泣き叫んでいただろう。
キューはそんな顔をしていた。
その顔を見た私の怒りは萎み、怒る悲しみと苦しみを味わった。

でも、怒らなければいけない。
犬を家庭で飼うために生じる義務を、果たさなければいけない。
たかだか噛むフリだとて、絶対に許されるべき行為ではない。
それが飼い主の責任だと思っている。



b0118624_11452263.jpg

が、あれだけ激しく怒られた割にキューはケロっとしていて、
そのあとは普通に遊びたがったし、ご飯もガツガツ食った。
いつもだったら次の日までご飯を食べないくらいなのに、謎だな〜。
「親の心子知らず」と言うけど、飼い主の気持ち、少しは通じたのかねぇ。


b0118624_1146064.jpg

キュー「親心て、そんなん知るかいな」

b0118624_11461816.jpg

キュー「怒ってばっかでうっとい女じゃ」




〜オマケ〜
b0118624_11463567.jpg

キューのお腹は、おヘソに向かって縞模様が集まってて、不思議。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-08-22 11:57 | ウィペット
 歌係の必需品、マイ・マイクが壊れた(ような気がする)。
ミドルの音抜けがすこぶる悪くなった(ような気がする)。
思えばこのマイク、11年くらい使っているなぁ。

真剣に歌いはじめてから13年、男性ヴォーカルの曲ばかり歌ってた私にとって、
スタジオ標準装備のシュアーのマイクは鬼門だった。
どこのスタジオ、ライブハウスでも使われているシュアーは、たぶん男性ヴォーカル向けに
考えられたマイクだと思う。女性が使うと全くもって使えない音が出る。
ミドルは強いけど高音は音が細るし、低音はカスカスになる、という具合。
男性が使ったら問題なさそうだけど、女性が使うにはバランスが悪い。

この問題を克服するため&ハードロックを歌うために買ったマイ・マイク。
何が良いかなんてわからないし、シュアー以外のマイクを売っているお店がほとんどない。
たまたま行った秋葉原のスタジオ(クロサワ楽器?)にマイクがたくさん置いてあり、
音出しNGだというので「一番音の太いヤツ頂戴な!」と言って出てきたのがコレ。

b0118624_18301733.jpg

左が新しいマイク、右が古いマイク。
見りゃわかるか。

エレクトロボイスのN/D767a(もしかしたらaじゃないかも?)というやつ。
レコーディングモノを除いたハイエンドマイクだった。
高かった〜。ヘッタクソな私に相応しくない高性能&高価格。
でも無理して出した甲斐があり、今までマイクに失望させられることはなかった。
ロウはより太く深く、ミドルは広がりがあり、ハイは太いままキレイに抜ける。

若干大変だったのは音作りで、スタジオだと音が太すぎるためにボワボワになるから、
ハイを限界まで上げて音を抜けさせたり、逆にミドルは絞って、ロウも絞り目。
リバーブはよっぽど気をつけてかけないと、コレまたボエンボエンな音になってしまう。
ライブハウスに行くとプロ(って言えるのかね出来悪いけど)のP.A.がリハーサルで
音を作ってくれるんだけど、シュアーのマイクで音作りに慣れてるせいか気にしないのか、
けっこうひどいバランスにされてさ。プロのくせにちゃんと仕事しろ!と思ったっけ。

そんなこんなで11年間大活躍してくれたマイ・マイクだけど、
鎌倉の家に越してから、あまりの湿気に調子が悪くなった。
出す度になんだかスッキリしない音になっていって。
クマに直してもらったりしたけれど、結局ダメになってしまったみたい。


ということで新しいマイ・マイク登場!
b0118624_18454353.jpg

リサーチ好きなクマが調べた結果、やっぱり同じマイクを購入。
嬉しいような哀しいような、価格はかつての6/1程度。
モノって安くなったんですね〜。
肝心の音は、同じモデルなれど音の設定はかなり一新されているとか。
いったいどんな音が出るのかしら。

気になるけど、まだ動くかどうか確かめただけで、本気の音出しはしていない。
こればっかりはスタジオで真面目に歌わないとわからない。
しばらくお預けかなぁ。
まぁ、もっともっとバリバリ歌うぞ、という気合いが入ったかな。


ぜんぜん関係ないけど今朝、アマゾンで本を頼んだ。
ん〜、8時半頃かなぁ。
「プレミアム便を1カ月間無料体験できます」と書いてあったので、
当日配達してくれるというプレミアム便で配送を依頼した。
19時ちょうど、本が届いた。
すごい!!
当たり前かもしれないけど、恐ろしく感動的だわ〜!!!
世間って驚くほど進化してるんだな。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-08-21 18:54 | 音楽
 相変わらずネタアップが遅い我が家であります。
しかもウジャペット(=ウィペットがウジャウジャ)だったっていうのに、
またもや写真がないという不真面目さ。
当日の模様を正しくお伝えするレポートはこちら!
ほめろぐ 「函南にて。」

14日、ペットメモリアルパーク函南(ペット霊園)に併設のドッグランへ行ってきました。
メンバーはハミハミさん&息子さん率いる玉三郎くん&ゆかちゃん&リン、
モモママさんとモモちゃん、ほめさん&ゆうこさん率いるレイチェル&ブリジット&チャーリー?!
あら、しもさんが居ないのにチャーリー??

そう、チャーリーは捨てられたのです!!
ではなくって、普通に預けられてただけで。
しかしチャーリーは預けの父への気遣いを忘れず、預けの父(ほめさん)の姿が
見えなくなると切ない声で叫びまくる、という可愛らしい一面があります。
一部には「飼い主を間違えている」という意見もありますが、
チャーリーなりの気遣いなんだよね。ね?!


だいたいこの日はノッケから大失敗だった。
前夜、空前の熱帯夜だったお陰で、ほとんど眠れなかった私。
朝方に多少涼しかったようで思わず眠り込んでしまい、見事に寝坊。
起きようと思ってた時間から1時間遅く、出発時間まで30分ほどしかなかった。
焦って用意するも追いつかず、結局15分遅れて1人&2匹で出発した。
それでもこの時点ではまだ、間に合う余地があった。

当然の如く、箱根・三島で渋滞にはまり、ジリジリとする。
三島入り口の渋滞はけっこうキテて「このままでは遅れるよ〜〜〜」と慌てまくり、
思わず抜け道の罠にはまってしまう。
「三島警察署、次の交差点、左」の表示を見つけるや、さっそく曲がってしまった私。

記憶では三島警察署は136号線沿いにあったんだけど、今は移転したんですね…。
まったく違うところにある警察署を見て、ビビる私。
反対車線はスーパー渋滞中だし入る道もなく、しばらく行ってから車を止めて
地図を見たところ、ここは目的の道より大分手前であることが発覚。
このまま真っ直ぐ進むと、箱根の振り出しに戻るという恐ろしい道。
地図上で細い抜け道が一本あるけれど、あまりに細く途中で見えなくなってる。
抜け道の罠にはまった今、さらに抜け道の罠にはまる余裕があるのだろうか。
いや、ない。
この時ほどカーナビが欲しいと思ったことは、ない。

仕方なく国道1号へ引き返すスーパー渋滞に身を沈める。
国1へ戻ってしばらく走ったところで、昔よく通った抜け道の入り口があった!
ここだ〜!と勢いよく曲がったものの、やっぱりここも渋滞してた…。
最後まで渋滞に呪われた私は、45分遅刻で現地へ到着した。
皆さま、本当に申し訳ありませんでした。


やっとランへ乱入するも、すでに皆さんひとっ走り後で、熱烈大歓迎だけれど
走り回るような素振りもなく、半分熱中症のウチのヤツらも草を食むばかり。
こんなに素敵な原っぱランなのに〜、もったいない!!
柔らかい草がミッシリと生えた広いランは、ウィペットにとり大興奮モノなのに。
素朴な作りながら地面が良いので、また行きたいランです。


かなり山奥村にあるので「お昼はどうなるの??」と思っていたら、
ハミハミさんが「朝作ったの」と、おにぎりをくださった〜!!!
ここんとこ自分で作ったもの以外食べる機会のない私は、
嬉し過ぎて鼻血が出そうでしたよ〜〜〜!
ハミハミさん、お忙しい中ありがとうございました&本当にご馳走さまでした!!!


さてさて、参加ワンのご紹介など。
ホントだったら写真付きなんでしょうが、情けないことに文字のみで。

玉三郎くんはお目めパッチリ、とってもスリムで稀にみるハンサムくん!
そのハンサムなお顔で、フェンスの向こうにあるボールを「取って〜!」なんて
切ない声で鳴かれたら、メロメロになっちゃいますよねぇ。
でもハミハミさんは要求泣きに応えない、立派な飼い主さんでありました〜!

前回ゆかちゃんが我が家へ訪ねてきた時は、「怪しい家だ!怪しい匂いがする!」と、
たいそうご立腹でしたが、外で再会したらとっても穏やかで犬好きな子。
やっぱり家の中に猫がいるのは嫌だったのかな??

お久し振りのリンは私のことを覚えてくれていたようで、ピョンピョン大歓迎。
愛らしいリンの歓迎姿に、図らずもウルウルしてしまった私であります。
ハミハミさんのお家で愛情をたっぷりと受け、心身ともに成長していました!
良かったね、リン。とっても幸せだね。

玉三郎くんの子供だというモモちゃんは、飼い主さんにとっても愛されてるお嬢様!
飼い主さんの動きを観察しつつ「私はこう思うの!」「私はこっちがいいの!」と、
しきりにおしゃべりをしていました。お利口なんですよね〜、そういうところが。

すっごく久しぶりのチャーリーはしもさんが居ないせいか、やけに愛らしい。
スリスリッッ、と寄ってきて「撫でて〜!」と言いながら、ハァハァ。
ほめさんにサッカーボールを投げてもらい、嬉しくって走って、ハァハァ。
鼻も足も短いチャーリーにとって、暑くって仕方ない1日のようでした。

最近ノリが悪いというレイチェルはこの日も、動かずに涼しい顔で周囲を睥睨。
どうしたの、レイチェル??大好きなランに居るっていうのに…。
が、後から来たボルゾイにチャーリーが追いかけられた時、助けに駆けつけてました。
さすが姐御体質!チャーリーは弟分なんだねぇ。
しかしブリが追いかけられた時に助けなかったのは、ナゼ?????

反抗期に突入した7カ月のブリは、飼い主のコマンドに「聞こえないも〜ん」モード全開。
マーキーほどアホじゃないけど似ている部分が多いブリは、これからの躾けが難しそう。
お姫様気分を入れ替えて、「レイチェル家の掟」を覚えてくれないと、ねぇ。
頑張れ、ほめさん&ゆうこさん!!
でもって、ますます大きくなったね〜、ブリ。まだまだ大きくなりそうだねぇ…。


しかしダックスって水浴びが好きなんですね〜、知りませんでした!
こんなに水浴びしたい!!と言うくらいなら、水場へ連れてく甲斐がありますね。
今回遊んでくれたダックスの玉三郎くん&モモちゃんは、最初から最後までプールの中。
プールの水を抜いた後のモモちゃんの恨めしい視線が、忘れられません。

それにやっぱり、ダックスやジャック(つまり犬全般?)ってお利口さん!
普段ウィペットばかり見ていると感じないけど、犬って人の動きを見たりして
いろいろ考えてるんだ〜、と感心するような行動をとるんですよ。
これが犬飼いの醍醐味ってヤツか。

ウィペットは素晴らしい脚力で飼い主をシビレさせてくれますが、
おツムの方は少々ね、アレだからねぇ……。
いろんな犬種と遊んでみると、いろんなことを感じるもんです。


ここんとこの遅刻癖に反省しつつ、いろんなことがあった1日でした。
遊んでくださった皆さま、ありがとうございました〜!!
[PR]
by nana_gizmo | 2009-08-19 20:00 | ウィペット
b0118624_19131031.jpg

 マーキーはけっこう、音に敏感です。
といっても花火や雷にビビるのではなく、玄関から入ってくるもの、
という限定した部分だけ、なぜかとっても反応します。
(逆に花火や雷にはまったく無反応)
我が家にいらっしゃる方は犬好きばかりなので、「来訪者=楽しい」という
図式を頭に描いているからかもしれません。

クマが帰ってきた時なんかは、たぶん車の音から聞いているのだと思われまして、
玄関へ入ってくるだいぶ前から飛び起きて、リビングの入り口に陣取ります。
キューはマーキーが駆けつけると「ナニナニ?」と、後を追うくらい。
ほめさん&ゆうこさんが来る時なんかも、かなり前から飛び起きて待ってます。


さてさて、ある晩。
暑さに負け、玄関ドアを開けっ放していた頃。
コメントをくださる湘南ミサイルさんが所用で我が家へ立ち寄られました。
玄関全開でも礼儀正しくチャイムを鳴らしたとたん、誰かが「ワンッ!」と一声吠えた!!
え、誰??????



b0118624_19293923.jpg

どうやら犯人は↑コイツ
マーキー「アヒャヒャヒャ〜〜〜ん」



最初はあまりの驚きで固まってしまった私。
だいだいウィペットは吠えないし、特にうちのわんズは2匹で取っ組み合っている
時なんかに、興奮して「ウヒャンッ」くらいしか吠えたことがない。
警戒吠えの太くハッキリした「ワン」なんて、我が家に来てからのこの2年、
一度も聞いたことがないよ〜!

ちなみにキューはドッグランでしつこくマウントされると、一声「アンッ」と怒り吠えしますが、
マーキーはヨワヨワなのでしつこくされても逃げるか固まるかで、まったく吠えない。
音を出すとしたら、寂しくて「ウヒュン、ウヒュン」と鼻を鳴らす程度だったのに…。

我に返って「ノー!」と怒るも、まったく聞こえていない様子で、尻尾を振って喜んでる。
警戒したような声のくせに、とっても嬉しそうにミサイルさんをお出迎えしてる。
チャイムで吠えるなんて、まったく信じられない!!
ミサイルさんに平謝りですよ、私。
その前に来訪された時、「犬大好き!」のミサイルさんは高級オヤツをお土産にくださり、
わんズは遊んだり可愛がったりしてもらったというのに…。

もしかして夜のチャイムだったから警戒したのでは?と、ミサイルさんも気をつかってくださり、
数日後に立ち寄った時は「こんばんは〜」と玄関口で声をかけてくれました。
が、再度「ワンッ、ワンワンッッ!!」と、ますます吠えてしまった。
飼い主「ノーノー」言いまくり、ミサイルさんを出迎え、またもや平謝り。
でも優しいミサイルさんは、そんなわんズを可愛がってくださいました。

厳しく躾てきた私としては、まさに青天の霹靂。
そんなことをするなんて許せ〜〜〜〜〜ん!!!!!!
しかし友人の間では「ミサイルさんが怪しいから…??」疑惑が持ち上がる。

ところがその後、夜8時過ぎに来た宅急便のお兄さん(犬好きらしい)にも吠えた。
チャイムを鳴らしたとたん、「ワン、ワワンッッ」と、気持ちよく吠えた。
続けて吠えないけれど、一声二声、ワンワンと吠える。
なぁんだ、ミサイルさんが怪しいからじゃないんだ。
いえいえ問題点はそこじゃなく、何を思ったか、来訪者に警戒しているらしい。
いったい何が気になってるんだろう?

〜マーキーの気になる点?〜
1 玄関ドアが開いているから
2 夜だから
3 チャイムだから
4 知らない人の足音(声)だから


ということで昼間、玄関ドアが開いてる時に実験してみました。

〜実験1〜
クマにチャイムを押してもらう。

わんズ、鳴ったとたん、私のところへ飛んできた。→失敗

〜実験2〜
玄関で「ごめんくださ〜い」と声をかける。

わんズ、声を聞いたとたん、私とリビングの入り口を行ったり来たりで大興奮。→失敗


なんとなく簡単にやり過ごしましたが、どうやら夜で玄関ドアが開いてると吠える模様。
玄関ドアが閉まってると、宅急便が来た時でも興奮して走り回る程度ですから。
ジョニーのせいで夜は玄関ドアを閉めるようになり、今後は吠えないかもしれないけど、
近所迷惑だし屈辱的だし、ホントやめてほしいですわ。

b0118624_19545273.jpg

私「まったく、いつもは足りないくせに、そういうとこばっかり…」
マーキー「あッッ、ヒャ〜〜〜ん〜ん〜ん〜」
[PR]
by nana_gizmo | 2009-08-13 20:08 | ウィペット
 今朝の地震、スゴかったですね〜。
このマンションに越してから初めてのミドル(震度4)な地震だったので、
3時過ぎに寝たってのに飛び起きちゃいましたよ。
動物たちを避難させなきゃダメか?!と慌ててリビングに飛び込んだら、
猫、犬ともに「はぁ〜、何やってるの…」と寝ぼけた視線。
先日の地震(震度3)もそうだったけど、本当にコイツら気づかないんだ。
小さくて古いマンションだから「ビリビリ、ガタガタ」と小刻みに激しく揺れるのに、
それでも平気なんだよね〜。

私は地震の国で育ったので、震度5くらいまでなら慌てたりはしない。
でもこのマンションの揺れ方はかなり尋常でなく、避難せねば!とスイッチが入る。
なんか不気味なんだよね、揺れ方が。そのまま倒壊しそうな音がする。
ちなみ地震の国は震度6弱と伝えられ、焦って実家へ電話しました。
スーパー木造日本家屋なので、さすがに震度6と聞くと「ダメかも」と恐ろしくなります。


私は何にしても、手作りが苦手だ。
だいたいにして不器用だし、集中力が無い。
にもかかわらず、犬を飼ってからというもの、不本意ながら手作りをしている。
クマは大変な倹約家なので、犬の特別予算を計上してくれない。
となると、ミジミジ手作りするしか道が無くなるのだ。

最近わんズのカラーがボロボロになってきた。
東京インターで買ったのだから、すでに1年半は使ってるなぁ。
リードは切れそうだったので急遽、革細工にチャレンジし、作った。
カラーも革で手作りしようと思っていたけど、先に問題が持ち上がった。

梅雨に入ってからこっち、とにかく雨が多い。
基本、雨の日は散歩へ行かないことにしたいんだけど、トイレトレーニングのため、
ザバザバと降っていても、仕方なく散歩へ行くようになった。

革は濡れると色落ちするものがほとんど。カラーはもちろん、革だ。
マーキーの白い首毛は、まんまとカラーの裏革でオレンジに染まった。
うわ〜、汚い。野良犬みたい。
もちろんキューも色落ちしてるだろうけど、総ブリンドルは汚れが目立たない。
洗っても落ちないオレンジの汚れ。毛が生え変わるまでは我慢なのか?!
でも色落ちカラーを付け続ければ、抜け替わっても汚れるのは必至。
そんな経緯で、色落ちしないカラーを作ることが火急の任務となった。

また手作りか〜、めんどくさい。
そういえば昔レイチェルがしていた布テープのカラーは便利そうだったなぁ…。
汚れたら洗濯機で洗えばいいから、普段使いにピッタリってゆうこさんが言ってたっけ。
布テープならお安くて簡単そうだなぁ…。


ということで、作りました。コレ。
b0118624_17454549.jpg

いつも通りブルーはキュー、赤はマーキーの。
もっと微妙なニュアンスの布テープもあったけど、幅が2.5cmになっちゃう。
作ったのは3cm幅。4cm幅のテープもあったけど、金具がゴツくなるのでやめた。
こんなのミシンがあったら秒殺だと思うんだけど、残念ながらミシンを持ってないので
チクチク返し縫いをしましたとさ。時間かかったよ〜。


アクセントの輸入ボタンはとってもキュート。気に入ってます。
b0118624_17501811.jpg
b0118624_17503448.jpg


雨の日用にと思って作ったけど、普段使いするだろうなぁ。
なにしろ今のカラーボロボロだから…。
カラーを付けた写真は後日アップしますね〜。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-08-11 00:03 | 徒然
 車を自分で運転する時、必ず音楽を流す。
なにしろ車の中なら、大声で歌えるし。

趣味で音楽をやってるけど、実は音楽を聴く機会はほとんどない。
なぜか音楽に対して真面目に取り組むほど、聴きたくなくなるからだ。
困ったことに、好きなアーティストを嫌いになってしまう。
音楽をやる側の比重が大きくなるほど、音がよく見え過ぎて乗れなくなる。
まぁ、これが音楽耳の成長かもしれないね。

日常生活で音楽を流すのは、家事をやる時と車の中だけ。
何かしながらでないと、よく聴き過ぎて面白さが半減するから。
聞き流してるようで、何かしながらでもけっこう聴けるんだな。


昔は好き勝手に歌っていた。
基礎も無いし技術も無い、でたらめな歌。
それはそれで面白味があるのだけど、壁にぶつかる日が来る。
基礎や技術なしでは越えられない、高い壁。
そこを越えずにデタラメなままやってても問題は無いけど、私は嫌だった。
そこで諦めて「アマチュアだから楽しくやろうよ」というスタンスは馴染まない。
だから「アマチュアなりにやるなら真剣」という道を選んだ。

今やっているバンドでは、いかに上手に歌うかが重要となっている。
もともと自分の無きに等しい技術向上を狙って加入したバンドなので、
進んでいる方向は合っているだろう。
でも、苦しい。
辛いことが多くて、音楽やってて良かった!という幸福感を感じることは少ない。
自分のためにやっていることとはいえ、「もう辞めた」と思うこともしばしば。

歌は誰でも声が出るから気軽な感じがするけど、コントロールとなると手足を
駆使する難易度の高い楽器よりも思うように動いてくれなくて、歯痒く感じる。
解決策はひたすら練習。コントロールしなくても体が覚えるくらいの練習。
近道は無い。出口も見えない。ひたすら一人で、ただ努力。
趣味でやってるはずなのに、こんなに自分を追い込まなくちゃいけない。

音楽に限らず、何かをそれなりにやろうと思ったら当たり前のことなんだろうけど、
全くもって上手く歌えない自分に腹が立って、どうにも煮詰まってくる。
「好きなように歌えばいいじゃん!」という悪魔の囁きが聞こえてくる。

ブログでは何度もこのネタを書いているけど、いつも悩んでる。
どうして辞めないの、って自分でも思うけど、やっぱりどこか楽しいんだろう。
いつか自分の歌を聴いて「どうよ!」って誇らしくなれる日まで、歌うしかない。


一人で車に乗っていて、なんとなくエアロスミスを流してみた。
かつて猛烈に大好きだったバンド。
「空気鍛冶屋疑似楽団」というカバーバンドまでやっていたくらい。
久々に聴くエアロスミスは、鬱鬱とした歌への疑問を忘れさせてくれた。
ライブ音源に合わせ、車を揺らしながらガンガン歌って。

楽しかった〜。これだから歌はやめられない!
いろいろ気にしたりコントロールも必要ない、自分のためだけの歌。
歌をうたうためのストレスから解放される、歌。
これぞ「好きな歌を好きなように歌う贅沢」。

昔はそのために掛け持ちでバンドをやったりしたけど、今それをやると
必死に積み上げているなけなしの技術が壊れてしまうと思う。
だからソウルバンド1本に集中して、そのお陰でストレスが溜まる。

そうか、好きなように歌をうたう機会があればストレス解消できるんだ。
今までも自分でやってたかもしれないけど、初めて自覚した。
カラオケにでも行って、好きな歌を好きなだけ歌いたいよ。

いや〜、ホント、苦しい。
でも、それだけに、楽しい。
音楽、大好きです。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-08-09 19:44 | 音楽
 Gが活発な時期ですが、皆さまいかがお過ごしですか?

ブログにもコメントをくださるJDさんが書いていた「G」の隠語、
素敵なので使わせていただきました。
どうですか、皆さんのお宅の「G」。

察していただけるとは思いますが念のためご説明しますと、
黒くてゴソゴソ動き回る、アレです。

引越当初、以前は事務所使用で4階ということもあり姿を見かけなかったG。
ところが7月下旬あたりから毎日のようにうろつき始めたのです。
世間でどの時期から徘徊していたかわかりませんが、暑さに耐えかねて
夜も玄関を明けっ放しにした辺りから毎晩出没。
サイズはどれも大きくて、憎たらし〜い感じのヤツです。

ちなみに私、Gは苦手ではない。
食べ物を汚染するので親の仇の如く追いかけ回しますが、
益虫であれば駆除するつもりはないんです。
だからクモをむやみに追い払ったりしません。
残念ながら我が家にはクモの捕食者(ニュウモ)がいるので、
殺される前に外へ逃がしてあげますけど。

が、何にしても潰すのがイヤ。
蚊でさえ潰すのはイヤだと思っているので、なるべく丸のまま駆除したい。
そうなると殺虫剤で応戦することになるけど、動物への影響が心配でならない。
以前はキッチンが独立タイプだったので、駆除してから殺虫剤を拭えば、
なんとなく大丈夫だと思っていた。

でも今はリビングとキッチンが繋がっていて、そんな悠長なことはできない。
最初は洗剤や弱い殺虫剤を使ったけれど、あとの拭き掃除が大変メンドウ。
そこでとうとう、殺虫剤を使ってないというアレを投入してみた。
アクリル樹脂で包む、アレですよ。
「ゴキブリが大嫌いな人用!」と高らかに謳ってますが、効果はいかほどか。
CMで見る限りでは、繭玉のようになった樹脂のタマを「ペリペリ」と剥がしてたっけ。
剥がすの大好きな私としては、タマ剥がしはかな〜り楽しみ。
期待大でブツを買ったその晩、やっぱりGはお出ましになり、さっそく使用してみた。


慣性の法則じゃないけど、逃げるGを追いかけながら憤霧するのは人情というもの。
最初は加減がわからず、壁や床にクモの糸のように細長い樹脂の固まりを、
いく筋も描いてしまった。しかもけっこうな勢いで出てくるんだ、コレが。

体に少しでも樹脂がつけば動きが鈍るというから、樹脂を撒き散らし必死で追いかける。
いや〜、かなり難しい。まず命中させるのが難しいし、タマなんてできるわけない!
動いてるGを封じ込めるなんて神業じゃない?!と叫びながら追いかける。


気づけば辺りは真っ白、それでもGは逃げ回り。
確かに動きは鈍るんだけど、逃げることができる程度。
一度こんもりとタマになったかと思いきや、タマ具合が甘かったのか脱走したし。
最終的にあまり動かなくなったGを、やっとこさタマへ封じ込めた。
終わった時には、缶の中身がかなり軽く感じられた。
どうしよう、2回くらいしか使えなかったら…。

とっても失敗だったかも、という挫折感を感じながら気を取り直し、
いざ、楽しみだったタマの撤去!
直にタマをつまんだら「そこがGの場所だった!」なんてことになるとイヤなので、
トイレットペーパーで端っこをソロ〜リ摘まみ上げてみた。
思ったよりも「ぺリッッ」と簡単に剥がれてくれるんだね、タマ。
そしてブラ〜ンとぶら下がった、タマの中には…。


タマへ封じ込めた後は「姿を見なくていい!」が売りのこの商品。
考えてみれば不思議、と思うんだけど、床に這いつくばってるGを
樹脂で持ち上げることが可能ってコンセプトなのかしら?
普通は持ち上がってキレイに包まれるのかしら?
最後の方はもったいなくて、あんまり憤霧しなかった私のせい?

タマの裏側には、もちろんG。
なかなか見ることのないGの腹側をジックリと見ちゃいましたよ。
これでいいのか??


クマに言わせると「君の運動神経が鈍いから正しく機能しないんだ」。
自分がやれば「まき散らさず的確に捕えられる」と豪語してましたよ。
今度Gが出た時は、クマにやらせようと思います。
えぇ、寝ていようが煙を吐いていようが、有無を言わさずやっていただきましょ。
残念ながらほとんど家にいないんですけどねぇ…。

こうして私とGの戦いは続くのでした…。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-08-08 13:20 | 徒然
 人生のお姉サマ・あーちゃさんと、コメダ珈琲店へ行ってきました。
いえ、行ってきました、なんていうほどスゴいことじゃないけど、
その佇まいが不思議で、1度行ってみたかったんですよ〜。
うちのクマはファミレス風な場所へは行かないって言い張るので、
あーちゃさんにお願いしてお付き合いいただいたのです。

なにしろこの辺じゃ、存在自体が不思議。
車で行く喫茶店って、ナンデスカ??
ファミレスと違うデスカ??
珈琲屋さんナンデスカ??

駐車場に車をとめてお店の外観をしげしげ眺めるも、
ファミレス風で不思議感ゼロ。
これで本当に名古屋の喫茶店を味わえるんだろうか…。

入り口をはいると、正面のレジ横にずらりと新聞や雑誌が!
うわ〜、店内は広くてファミレス風なのに、喫茶店っぽい〜。
しかも好きな席に座っていいって、店員さんが言ってる。

おしゃべりが長いので、奥まった窓際を陣取る。
あ、なんだか椅子が「喫茶・田園」っぽいよ。
えんじ色のビロード調1人ソファを、4個くっつけてある。

いそいそとメニューを開けると、これまた喫茶店っぽいメニュー。
コーヒーやソフトドリンクにくわえ、パン系の軽食や甘味が並んでいる。
ふ〜ん、なんだか懐かしい感じの軽食が美味しそうだなぁ。
スクランブルエッグトーストにしちゃおうかな…。
でも夕飯まであんまり時間ないんだよね…。
でもせっかく来たんだからな…。

「スクランブルエッグトーストとクリーム・オーレ!」
クリーム・オーレは、カフェオレにソフトクリームを浮かべたものらしい。
ソフトクリームは食べないけど、飲み物にアイスを入れるのは大好きな私。
これは外せないでしょう!

まずは飲み物が到着。
え、受け皿付いてるんですか??
っていうかソフトクリーム盛り過ぎじゃないですか???
店員さん、涼しい顔でオマケの豆菓子を置き、サッサと立ち去っちゃいました。
ソフトクリームのトグロが高過ぎて、どっから手をつけるの、コレ??
そのうえ盛り過ぎで斜めに傾いてるよ!!落ちそうだよ!!
でもフロートスプーンはトグロに埋まってるよ、何で抑えろって言うの???

とっさに目の前にあったフォークでトグロを押さえ、フロートスプーンを
救出してみたものの、その衝撃でカフェオレがモリモリッと溢れ出ちゃった008.gif
うわ〜〜〜〜〜っっっっ!!!!!
ソフトクリームが早くも溶け出して、グラスの外を伝ってるよ!!!
ザバザバ、タラタラと外へ溢れ出すクリーム・オーレ。もったいない…。
でもフォークとスプーンでソフトクリームを支え、何もできない私…。

見かねたあーちゃさんが、ストローの袋を破って「先にカフェオレを吸いなさい」と
渡してくれました。あぁ、助かった〜!!!
が、ストローを飲み物部分へ刺すと、今まで以上に内容物が溢れ出ましたよ…。
この後も、ソフトクリームが飲み物へ溶けてなくなるまで、大騒ぎが続きました。
気前が良いんだかなんだかわかんないけど、盛りがイイものに受け皿は大切だよね。
ちなみにあーちゃさんは普通のコーヒーを頼んだので無事でした。

で、軽食の方が到着したんですけど、これまた気前がイイ作りで…。
ちょい厚めの大きな山形パン2枚使い(トースト済)で、間にはタマゴサンドの具が
モリモリッっとはみ出るくらいに入ってる。
で、パンの上部分にはチーズタップリなピザトーストの具がドンッッッと乗っかってる。
この時点で既に、軽食の域は脱してると思うんだけど、どうなの、コメダさん???
かな〜りキツいパンチだよ、コレ。
夜は釜飯を食べるのを楽しみにしてたのに、食べられるんですか、釜飯??

だいたいあーちゃさんが頼んだコロッケだって、コロッケに山盛りキャベツのサラダ、
そこにパンが付いてる。どうしてこのボリュームなの??
何よりメニューで見るより、どれもカナ〜リ大きい。とにかく盛り盛り。
この盛り具合が名古屋式なんでしょうかねぇ…。
名古屋の喫茶店がスゴい、というのは全国的に知れ渡ってますが、
やっぱり不思議空間。一筋縄ではいかない模様。

もちろん夜は釜飯、食べましたよ。フフ。
あーちゃさん、楽しいお時間をありがとうございました〜!
[PR]
by nana_gizmo | 2009-08-07 11:33 | 徒然