猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2009年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

祝・成功!!

 皆さま、キューの交配についてご心配いただき、ありがとうございました!
本日、サンディくんオーナーさんより連絡があり、無事交配できたそうです。
連れて行くのが早過ぎたので、「もしかして交配できないかも」と
大変心配していたのですが、迎えに行く前夜、なんとか終了した模様。

それまではサンディくんが上手く乗れなかったり(サンディくんはドイツで交配経験アリ)、
キューがすぐに腰を落としてしまったりと、成功する気配はあまりなかったようですが、
「今よ!」という時になると上手くいくもんですね〜、感心しました。
もちろん百戦錬磨のサンディくんオーナーさんの気遣いの賜物であります。
あとは我が家に帰り、栄養をたくさんとって、ノンビリ過ごすだけなのですが…。


幸か不幸か、飼い主たちは旅行に行くことが決定しました。
日程を前倒しして短縮して、やっと行けることになったのですよ…。
間の悪いことにキューが戻ってから、すぐ出発しなければならないんですねぇ。
今回はヒートが来てしまったので、動物病院ではなくペットシッターをお願いしました。

まぁ、もし妊娠していたとしても、初期は別段変わりないのですが。
でも、気がかりだなぁ…。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-09-12 23:41 | ウィペット

嗚呼、ヒート…!

 次に来るヒートで、キューの交配を予定している。
彼女は今までに3回ヒートが来て、その間隔は7カ月ごと。
前回は3月だったので10月のヒートに向け、準備をしていた。


さてさて。
私にとって人生は易きモノではない。
そして目の前に易き道があるとすれば、その脇にある険しい道を選ぶ、
という困った性癖がある私の人生は、穏やかで平坦だったことがない。
自ら選ぶまでもなく、災厄が降り掛かる星の元に生まれたので、
何事につけ、メンドウで訳のわからない顛末になってしまう。


「旅行に行けるかどうか?」という緊張感が高まる9/2、
形容しがたい違和感をキューに覚えた。様子がなんとなく変。
とっさに外陰をチェックしたものの、変化はない。

9/3朝の散歩後、オシリ周りを拭こうとして外陰の腫れを確認。
何かの間違いであってくれ、と切に願う。

数時間後、出血を確認し深く落ち込む。
通常、出血を確認してから7〜10日ほどで排卵が起こる。
とすると排卵は旅行あたりにぶつかってしまい、色々問題が生じる。
先日、一人日帰りで交配先の滋賀へ車を飛ばしたが、かなり辛かった。
できることならクマと交替で運転をしたいが、旅行を挟むと無理だろう。
思わず焦ってゆうこさんに相談し、「今できることをとりあえずやろう」
ということで、慌ててJKCの会員登録と犬舎登録をした。

9/4、動物病院でキューのスメアチェック。
外陰からの分泌物を顕微鏡で観察し、発情のどの辺りか確認するためだ。
驚いたことに、キューの発情はかなり排卵に近い状態だということが発覚!
上皮細胞の核は限りなく「消失」に近く、白血球もかなり少ないそう。
1週間預ける予定なら、明日連れて行くのが良いだろうとアドバイスされた。
うわ、なんてこった!!

急遽、交配先のオーナーさんと連絡を取り、明日から1週間のお預けと
交配をお願いした。もちろん先方もかなり驚いたご様子。
そして再び、日帰り滋賀のドライブが肩へ重くのしかかった。
b0118624_239293.jpg

キュー「私を置きざりにするの?!」

















なんて。実際はこんなにリラックスムード。
b0118624_2324641.jpg

天の助けにより(実際はほめさん&ゆうこさんの助け)、ほめ号で車中泊も入れて
運転を交替しつつ、滋賀までお付き合いしていただけることになった。
ほめさん&ゆうこさん、いつもいつも本当にありがとうございます!!





b0118624_2372184.jpg

ブリ「コウハイってナニ? オイシイ???」





車中泊を入れたことで時間に余裕が出たため、京都に寄り道。
『哲学の道』を少しだけ歩いた。
b0118624_23193291.jpg



残念ながら哲学の道、犬は入れない。
なので途中の橋から哲学の道をバックに記念撮影。
b0118624_23221146.jpg



哲学の道で思索中のレイチェルとブリ。
b0118624_23255970.jpg

b0118624_23284837.jpg

ブリは正面の顔と横顔がぜんぜんイメージ違うね〜、面白い。




そんなこんなで、ムコ殿・サンディくんの御殿に到着。
後からikkoさんと旦那さま、サラちゃん&リナちゃんが到着。
ikkoさんは夏バテで体重を減らしてしまったキューを心配してくださり、
サラちゃんブリーダーさんおすすめの栄養補助食品を持ってきてくださいました。
そのうえ可愛らしいデコラティブクッキーまでいただき、感謝感謝の嵐です!
(ちなみにデコラティブクッキーは人間用だと勘違いしてました。危ない、危ない)

7頭揃い、3000坪もあるサンディくんのプライベートドッグランにて、でしばし遊ぶ。
b0118624_23463326.jpg
b0118624_2346573.jpg

ひ、広〜い!!
コンデジじゃこんな写真で精一杯。
サンディくんとキューが戯れる図も、米粒にしか写らない。



この日はサンディくんの良い写真が撮れなかったので、前回撮影した
何度見ても惚れ惚れする、サンディくんのステイ姿をもう一度!
b0118624_2339471.jpg

まるで小さなボクサーの如く、厚く引き締まった、充実した筋肉。
イギリスの有名犬舎で生まれ、ドイツのショーで絶賛の嵐だったという、素晴らしいバランス。
そして大人しく愛情深いキャラクターと、どこをとっても非の打ち所がないウィペット。
サンディくんと交配できるなんて、いや〜、我が家は幸せものだわ〜!!!


日が陰り心地よい風が吹きはじめ、キューと別れる時間がやってきた。
私もちろん寂しいが、キューとマーキーは生まれてからこのかた、半日より長く離れたことがない。
飼い主より姉妹依存が激しい2頭はいったいどうなってしまうのか。

とうとうサンディくんと隣り合わせのバリケンに入れられたキューの表情は、切なかった。
ただでさえ昨日から慌てる私に不安を募らせていたキュー。
ゲートの中で目を見開き、こちらを一心に見つめていた。


帰路につき、1頭減った車内は思ったよりも広く感じた。
が、当のマーキーはキューが居ないことにまったく気づいていない。
疲れも手伝い、ヘソ天でリラックスして寝ている。
「家に帰ったら気づくかな〜」なんて皆で笑っていたのだけど、なんだか怪しい。

結局、ほめさんが滋賀往復をすべて運転してくれた。
おんぶに抱っこに肩車、ってな感じで、なんだか申し訳ない。
ありがとうございました!

翌日、さっそくサンディくんオーナーさんから連絡があり、最初は緊張していたけれど、
徐々に慣れてサンディくんと仲良くしている、とのこと。
心配していた食事は、食べやすいように工夫してくださり、すんなり食べたそう。
まずは一安心。

初めての一人っ子(猫は居るけど)となったマーキーだけど、
予想通り「キュー不在」という不安は感じてないらしい。
飼い主の目から見ると「家に居ると、なんか楽しいことがあった気がするけど、
なんだったっけ?? ま、いっか」くらいにしか見えない。
相変わらず楽しそうだし、一人で遊んで、寝て、猫に追っかけられていた。
探すような仕草したり、寂しがっているような素振りは、まったく見られない。
これがウィペットの良い所でもあるけれど、サッパリしたもんだねぇ…。


不安材料はあるものの、恙無く交配が行われることを祈る毎日であります。
スムーズにいけば、11月中旬にはベビーたちの誕生?!
ん〜〜〜〜、待ち遠しい!!
[PR]
by nana_gizmo | 2009-09-07 00:32 | ウィペット