猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo
カレンダー

<   2009年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

キューの出産記録1

 子犬たちは生後16日目を迎え、とっても元気です。
開眼した目はなかなか開き進まず、みなホラー顔で愛らしくない。
ので、今日は写真お休み。

暖かくなったら爪を切ろうと思ってたのに、今日も寒かったので
ケージの中でキューと一緒にヌクヌクさせておきました。
明日こそ切るからね〜(暖かくなってよ)!


子犬が生まれてしまってから毎日、怒濤の成長日記を書いてきましたが、
キューの出産についてまだ書いていないことが気になっていました。
私は非常に忘れっぽいし、自分の未来のためにも、そして出産の難しさを
世間に知ってもらうためにも、出産の記録を残しておこうと思います。


私はブリーダーとしてウィペットの発展のために尽くすことを決心して
繁殖という手段をとりましたが、それ以外の繁殖については反対です。
『命』を軽々しく扱うべきではありませんし、生まれて来る子たちの
未来に対し責任を持つことが難しいからです。
大義ももちろんですが、もっと目先のことを言えば『出産』はとても
生々しく、環境を整えて待っていれば無事生まれるものでもありません。
「我が子の子犬を見てみたい」「愛犬に交配・出産の経験をさせたい」
という軽率な感情から繁殖を考えるのは止めてください。



あなたの愛犬と交配する相手は、交配・繁殖をしても差し支えない
遺伝的性質を持っていますか?

それでも子犬が先天的な障害を持って生まれてきたらどうしますか?

愛犬が難産のために命を落としてしまったらどうしますか?

子犬の貰い手が見つからなかったらどうしますか?

貰われた子犬たちが虐待されたらどうしますか?

すべてのことに責任を取り、その困難を乗り越えることができますか?




その自信があるならば、繁殖をしてみるのも良いかもしれませんが、
想像以上に辛く苦しい気持ちも生むことでしょう。
相応の覚悟がなければ、手を出さない方が身のためです。

よく考えてください。
この世に命を送り出すということは、簡単ではないのです。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-11-30 23:50 | ウィペット

キューの出産記録2

2009年11月13日(金) 出産予定日前日

10:00 体温37.4度
昨晩排出した水分が破水なのか粗相なのか、
また低体温が続いて子犬たちは元気なのか、
超音波検査を受けに病院へ行く。
とりあえず破水はなく、5頭とも元気。
お腹はかなり角張って、固く張っている。
どちらにしろ、出産は遠くなさそうだ。

22:00 体温36.9度
検温を始めた時から37度台だった体温が
初めて36度台に落ちる。この時間の体温から1度は低い。
出産から12〜24時間前になると、体温は1〜2度ほど下がる。
いよいよ出産が迫って来たようだ。



2009年11月14日(土)出産予定日

1:00 体温37.3度
早くも体温が上がり始めた。
前日昼に体温を測れなかったため、もしかしたらその頃から
体温が低下していたかもしれない。
しきりに舌なめずりをして、少し水を飲む。不安げな表情。

2:00
特に変わりはなく、水を飲む。

3:00
眠っているようだが、時折落ち着かなげに動く。水を飲む。

5:00
オシッコをする。特に尿以外は出ていない。

8:30 体温37.3度
ひどく震えている。
暖かくしたら眠る素振りを見せたが、目がうつろ。
少し呼吸が速い。ペットタブを食べて水を飲んだ。

8:40
冷たい雨が降っているが、マーキーを散歩へ連れて行く。
キューも行きたそうな顔をしたが、ケージから出てこない。

9:30
散歩後、マーキーはご飯。
キューも食べたそうなのでご飯を与える。
横たわったまま少し食べて、少し水を飲む。

12:00 体温37.5度
立たせて検温するのが大変。すぐに横たわろうとする。

13:30
雨が上がったので、今のうちにキューを散歩へ連れ出す。
家から出るなり急いで3回ウンチ、3回オシッコをする。
ウンチはだいたい1回で、かなり歩かないと3回もしない。
体の中から出さなければ、という気持ちになっている?
外陰から黄色い粘液がしたたる。
戻ってから少しご飯に口をつけるが、あまり食べない。

15:15
少し呼吸が浅くなってきた。
胎動があると腹部が大きく痙攣をする。
少しご飯を食べ、水をたくさん飲む。
しきりに床を掘る。

19:30 体温37.7度
相変わらずの状態。陣痛の兆候は見られない。
獣医師が心配して電話をくれた。

22:00
特に変わりはなく、今晩は「なさそう」と
関係各位に連絡を入れる。
胎動は激しい。

23:30 体温37.9度
執拗に産箱を掘り返し突然ケージの外へ出て来たので、
「これ幸い」と体温を測りケージへ戻そうとしたら、
中で破水(実際は羊水ではない)をしているのを発見。
さっき掘り返していたのは破水をしたかららしい。

産箱内をキレイにしてキューを入れると、激しくいきみ始めた。
胎動はまだある。同時に何度も激しく嘔吐。
水を欲しがるので飲ませると、それも吐いてしまう。
声は上げないものの、のたうち回って激しく喘ぐ。




b0118624_0481779.jpg

我が家はコタツ以外の暖房器具がないので、部屋の中が寒い。
産箱にはペットヒーターとぶら下げ型の赤外線ヒーターを入れて、
ケージを毛布で覆って暖めている。
ので、出産の介助はどうしてもこんな格好。
飼い主も寒いので毛布に包まり、ケージを覆う毛布の開口部をなるべく
小さくするように腹這いで産箱へ体を突っ込んでいる。この体勢は辛い!
実際出産が始まったら、飼い主は毛布に包まって寝転がれる訳はなく、
膝立ち中腰で10時間、出産介助をした。

ケージ上部には出産に必要となるものを並べてある。
出産中に子犬を避けておく小さな段ボール、子犬を暖める湯たんぽ、
産湯をつかわせるボウル、消毒薬、ハサミ、糸、ガーゼ、ペットシーツ、
子犬用ミルク、シリンジなどなど。
これは14日夕方の写真なので、まだ滅菌した道具を覆ってある。

「こんな姿をカメラに収めやがって!」とその時はクマに腹が立ったけど、
あとから見返すと「これはこれで記録として面白いかも」と思う。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-11-30 23:45 | ウィペット

キューの出産記録3

2009年11月15日(日)出産

0:30
激しい陣痛に産箱内をのたうち回る。
出産前に出るものを排出。
水を飲んで吐く。何度も激しく吐く。

1:40
1時間経ったが本格的な陣痛は来る気配がなく、
ぐったりと横たわったまま浅い息を繰り返す。
胎動はまだある。
陣痛を促すため、外を歩かせる。
その後、何度か軽くいきむが、すぐに止まってしまう。

2:50
産道に子犬が降りてきたらしく、痛みで一声吠える。
立ち上がって激しく動き回る。
時折陣痛が1〜2回来るが、周期的ではない。

3:15
痛みで激しくのたうち回り、立ったり横たわったり。
なかなか大きな陣痛がなく、子犬が出てこない。

3:35
激しくのたうち回っていたが突然立ち上がり、ケージ外へ飛び出す。
そのままリビングの戸口へ向かうのでドアを開けると、一直線に玄関まで走る。
玄関を開けるとホールへ飛び出し、オシッコをしてすぐウンチの姿勢。
と思ったら、すぐに第1子の鼻先が現れた。
そのまま出てしまいそうなほど激しくいきんでいるので、
第1子の鼻先を支えつつキューを抱えて室内へ戻る。

3:40
産箱へキューを入れたが再度飛び出してきて、結局ケージ前で出産体勢。
あわてて産湯を汲みにキッチンへ走る。
破水をしたがなかなか出ないので、ガーゼで掴んで回し出す。

3:45
072.gif第1子出産 牝 レッドブリンドル 226g

子犬が出たと思ったら、キューは猛然と胎盤に食いつき
あっという間に臍の緒の処理を始めた。
その間、こちらはガーゼで子犬の鼻を拭き取り呼吸確保に努める。

が、鳴かない。
鼻から呼吸を吸い出したり、息を吹き込んで詰まっているものを
吐き出させても一向に鳴かない。
臍の緒が切れたので、切り口を縛り産湯へつかわせて体をこすり
刺激を与えて温めても鳴かない。

最後の手段として、自分の頭の上から股下まで子犬を逆さに振り下ろす。
10回ほど繰り返し、やっと産声を上げる。
元気そうに動くので、体をよく拭いてから乳首を含ませおっぱいを飲ませる。
よく飲んでいる。この間に写真を撮る。

4:00
すっかり落ち着いておっぱいを飲ませるキュー。
臍の緒から血の匂いがするため、しきりに舐め倒している。
あと4頭残っているのに、すでにお産を終えたかのような落ち着き。
そして疲れきってぐったりしている。

4:40
最初の出産から1時間経ったが、大きな陣痛がこない。
歩かせて促そうとするも、疲れて立ち上がる力がない。
陣痛を促すマッサージをするが、気持ち良さそうに目を細めるばかり。
いつ陣痛が来ても良いように子犬を避けておく箱を暖めて、
第1子を避難させておく。

5:00
やっと激しい陣痛が来る。
羊膜が少し見えるも、すぐに引っ込んでしまい激しく苦しむ。
先に破水してしまったが、出ない。
そのまま死んでしまうかもしれない、と怖くなるくらいもがき苦しむ。

5:20
どうやら第2子は最初の子より大きいらしい。
立ち上がっていきむものの出ず、ドッと横たわる、を繰り返す。
キューはいきみ過ぎて瞳孔が開き、目の焦点が合っていない。
猫が最期に見せた表情にそっくりで、あの恐怖を思い出す。
再度激しい陣痛が来て痛みに堪えきれず、一声叫ぶ。
本当に死んでしまいそう。

5:25
072.gif第2子出産 牡 レッドブリンドル&ホワイト 270g

第1子の出産から時間がかかったものの、鼻先を拭いて水分を吸うと
元気に産声を上げた。おっぱいへの吸い付きも良い。
もう胎盤を食べさせたくはなかったけど、あっという間に口へ入れて処理。
キューは母性がとても強い子だ。

なかなか出なくて産湯を汲んでいなかったので、慌てて産湯を用意する。
子犬を避けておく箱の保温状態も再度チェックする。

5:35
072.gif第3子出産 牝 レッドブリンドル&ホワイト 170g

特に陣痛が来ていなかったので5分ほど産箱から離れてバタバタし、
再度のぞいたら第3子が出る瞬間だった。胎盤は出ていない。
胎盤が出てこなかったせいなのか、臍の緒を縛れないくらい短く切ってしまった。
前の2子に比べ恐ろしく小さく、痩せてお腹がへこんでいる。

鼻先を拭き羊水を吸い出し、産湯をつかわせるとかろうじて鳴いたが、
かなり危険な状態。臍の緒からの出血も止まりが悪い。
体を拭いて乾かし乳首を含ませてみたが、全く吸い付く力がない。
むしろ口を閉じることができない。
乳首を絞って口へ含ませたが、舌や喉を動かさない。

おっぱいを吸わせることは諦め、熱めのお湯をペットボトルに入れ、
体を温めながら体をこすり、刺激を与える。
子犬を温めつつ、片手で猫ブリーダーであるJDさんにメールで
子犬の状態を伝えたら、アドバイスを返してくれた。

JDさんのアドバイスを実行するも、第3子は次第に呼吸が
途切れがちになってきた。体温は全く上がらない。
呼吸が止まった、と思うと、思い出したように息を吸い込む。

この間、キューは断続的に陣痛が来ていた。
いつ第4子が生まれてもおかしくないくらい。
クマを叩き起こして、子犬を温めて刺激を与えてもらう。

第3子の出産から1時間ほど経った頃、部屋に朝日が射し込み始めた。
キューの陣痛がいったん収まったのでクマと代わり、
朝日を浴びながら呼吸を促し、温める。
わかっているけれど、止められなかった。
ほとんど息はしていない。

8:00
第3子 死亡。

8:15
072.gif第4子出産 牝 レッド&ホワイト 283g

やはり目を離した隙に出産。
なんとか胎盤を確保して、臍の緒だけ処理させた。
鼻先を拭いて、羊水を吸い出すと元気に鳴いた。
大きくて動きがよく、元気が良い。サンディに似ている。
元気が良すぎて臍の緒の口を縛るのに一苦労した。
おっぱいを激しく吸い、引き離す時は大騒ぎする。
第3子の胎盤が一緒に出るかと思ったけれど、出ない。

8:50
072.gif第5子出産 牝 レッドブリンドル&ホワイト 220g

小さいためか疲れているのか胎盤が出きらない。
胎盤は産道、子犬は外へぶら下がったままキューが歩き回るので、
なんとか座らせて胎盤を引っ張り出す。
臍の緒だけ処置させようとすると胎盤を口に入れるので、
この子だけハサミで臍の緒を処置する。
鼻先を拭き羊水を吸い出すが、鳴かない。
産湯を使わせて体を拭き、何回か逆さに振り下ろしたらやっと鳴いた。

キューの外陰を見ると千切れた臍の緒らしきものが少しだけ出ているので、
ガーゼを使い、渾身の力を込め引っ張る。
案の定、第3子の胎盤が出てきた。これで胎盤はすべて出た。
胎盤が子宮に残ると腐敗して酷い炎症を起こし、最悪の場合死に至るので
胎盤がすべて出たかどうかは重要。



最初の陣痛から10時間近くかかり、やっと5頭の子犬を出産した。
1頭は助けられなかったものの、他の子犬たちはとても元気。
子犬をキューへ戻し、大切な初乳をタップリ飲ませる。
途中大変だったので、第2子以降の写真はこのとき撮影。
出産直後の写真でないのが残念。

疲れきって虚ろな表情のキューだけど、ご飯をガツガツ食べ水を飲んだ。
臍の緒の匂いを気にして、しきりに舐め倒す。
おっぱいを上手に与えているし、かいがいしく世話を焼いている。

17:00
出産後初めての体重測定。
この時、体重が減っていることも多いけれど、
4頭はしっかりと体重を増やしている。
臍の緒はすでに乾いてきた。
とりあえず、これで一安心。
キュー、お疲れさま。
私もやっと眠れる!
[PR]
by nana_gizmo | 2009-11-30 23:40 | ウィペット
 女子の開眼から1日経ち、やっとアッシャーも開眼。
人の時間に直せば1日の差ですが、子犬時間では大きな差。
犬らしく鳴いたりするのも一番早かったアッシャーですが、
牡と牝の成長速度って、やっぱり違うんですねぇ。

そうそう昨日「某ウィペット女子飼い」から面白いことを言われました。
ウィペットの牡(未去勢)といえば、成犬ともなると立派な
ブラサガリくんを拝ませてくれます(短毛種はねぇ〜)。
このブラサガリくん、今のアッシャーにはまだありません。
お腹の中から飛び出るのを「今か、今か」と待機中、てなところ。
だいたいブラサガリくんがお目見えするのは生後30〜60日頃。

某が「アッシャーのブラサガリくんは?」と聞くので、
「いつ降りて来るんだろうね〜、まだないね〜」
なんてアッシャーのお股をのぞきつつ呑気に話していたら、


「そうだよね、まだ這ってるだけだから、
そんなものがブラブラしてたら擦れて痛いだけだもんね」
*イメージ図*
b0118624_17324658.jpg




そうなのか、そうなのか子犬???
それもあるけど、そうなのか、そうなのか某??


その時は流してしまったけど、あとで考えたらかなりウケました。
そんな貴方が大好きです。



今日の子犬

アイス
b0118624_15532297.jpg

なんて恐ろしいホラー顔。
だいぶ黒の刺し毛が薄れてきたけど、それでも立派に地獄系。



アッシャー
b0118624_15534924.jpg

なんだろう、最近アッシャーの写真うつりがとってもイイ。
別にブチャイクくんではないけど、妙にうつりが可愛いな。



アッコ
b0118624_1554339.jpg

鼻の頭が、黒くなりそうでならないアッコ。
体はずいぶん淡い色みたいだから、時間がかかるかな。



アイダ
b0118624_15542047.jpg

今や兄妹との体重差が200gもできたアイダ。
たくさんおっぱいを飲んでよく寝てるのにね〜、がんばれ!






アイス「正面顔だったら可愛い??」
b0118624_15533891.jpg

………もっと怖い。







今の子犬たちがどれほど暴れん坊か、動画におさめました。
ただ抱き上げただけで、何にもしてないんですよ。
でもこの騒ぎっぷり。起こしておいて顔を撮るのがどれほど困難か!

聞け!アイスの絶叫 ****音声注意****


この顔を見て「何かに似てるなぁ…」と思ったらアレでした、
公開中の映画『スペル』で、主人公に呪いをかける婆さん。
その顔にそっくりだと思い当たった、飼い主なのでした…。

『スペル』公式サイト
**ホラー映画につき閲覧注意**

まぁ、そのうち可愛くなるんだけどね。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-11-29 15:50 | ウィペット
 待ちに待った開眼!
と言ってもすぐに「パチッッ」とはなりません。
焦らすようにミリミリと開いていきます。
その間はまるでホラーのような形相。
でも「成長してるな〜!」と実感させてくれる出来事です。

面白いことに女の子たち3頭は開き始めましたが、
アッシャーだけは全く気配がありません。
一番成長が速いわりに成熟度がイマイチなの?
男の子は成長が遅いっていうセオリー通り?
よくわかりませんが、兆候はありません。

一番開いているのはアイスで、昨日の写真を見ても全然ですが
両目ともに目頭がうっすら開いています。
本当はアイスの目元をアップで撮りたかったのですが、
あまりにも暴れるのでアイダの目元のしました。
起きている顔を撮りたいがため、クマに協力してもらってます。




今日の子犬

アイス
b0118624_12491570.jpg




アッシャー
b0118624_12492797.jpg




アッコ
b0118624_12493822.jpg




アイダ
b0118624_1249516.jpg





アイダの目元アップ
b0118624_1250395.jpg

こっちは開いていない方。



b0118624_12501541.jpg

こっちは開いている方。
わかりますか??




最近は寝込みを襲う以外の撮影はほとんどできない状態。
もう、暴れ方が半端なく、押さえるなんて絶対無理です。
どれくらいの勢いで暴れるか、次回は動画をアップしますよ。
こんなにチッコイくせに、どこにそんなパワーがあるの??というくらい。
目元がすっきりするまで、あと3〜4日はかかると思います。
皆さま、お楽しみに〜!
[PR]
by nana_gizmo | 2009-11-28 12:42 | ウィペット
 体調不良により、更新が1日遅れてしまいました。
皆さん楽しみにしてくださっているのに、申し訳ないです。
私の方はもう大丈夫です。心配しないでくださいませ。
ということで、とりあえず生後13日の写真を先にご紹介します。




今日の子犬

アイス
b0118624_17435212.jpg

やっぱり幸せそうな顔のアイス。
肉球の黒ポチもアイスならでは。
b0118624_1744773.jpg

b0118624_17442045.jpg




アッシャー
b0118624_17443247.jpg

活発すぎていつも面白い格好を見せてくれるアッシャー。
面白すぎて、シャッター切りすぎちゃうんだよねぇ…。
b0118624_17444492.jpg




アッコ
b0118624_17445858.jpg

いったい何色になるのか、本当に読み難いアッコ。
背中はだいぶ、グレーがかってきたんですよ。
b0118624_17451073.jpg




アイダ
b0118624_17453943.jpg

本当にいつも良く寝てるアイダ。
アッシャーが横で大暴れしていても、我関せずでよく寝てました。
b0118624_174665.jpg





かつての仕事の癖で、「そんなに?」というくらい写真を撮ってしまう私。
毎日70〜100枚くらい撮って、その中からベストショットを10枚ほど選んでます。
撮る時はしつこいんですが、選ぶ時は早いのでそんなに時間はかかりません。
一瞬で良し悪しを判断する目を養ってありますから。

が、昨日撮ったアッシャーの写真。
これを選ぶのが大変だった〜。

基本ヤラセなしで子犬たちの姿を撮ってるので、面白い格好をされると
猛烈にシャッターを切りたくなるわけですよ。
だいたい1頭20枚前後を目安に撮るのですが、面白いと50枚くらい撮る。
アッシャーはいつも面白い格好や顔をするので撮られることが多く、
今回はアッシャーだけで何枚撮ったことやら。

どれも同じ姿を撮ってるんだけど、面白くて選べない!
困って困って、なんとか3枚まで選び抜きました。
いつもは1枚だけアップするんだけど、スイマセン今日は3枚で許して〜。



b0118624_17461977.jpg

b0118624_17463033.jpg

b0118624_17484138.jpg






最後はなんだか楽しそうなアイスの動画をどうぞ。

[PR]
by nana_gizmo | 2009-11-27 14:59 | ウィペット

生後12日目

b0118624_827891.jpg

 諸事情があり更新が遅れて申し訳ないです。
しかも内容があっさり、さっぱりでなんだか手抜きっぽい…。



ヅラじゃないです、お股の間から顔を出すアッコ。
おっぱいを飲みたいときは潜れば良いし、暖まりたい時はここから顔を出す。
何気にベストポジションを獲得している模様。
b0118624_8273944.jpg




アッシャーのあご下からお腹。
一番ムチムチのアッシャーだからこその子犬ショット!
なかなかイイ子犬してます。
b0118624_828367.jpg





今日の子犬

アイス
b0118624_8303265.jpg

ちょっと暗くなるとアイスの顔を撮影するのは難しい!
黒いお顔はキュートなんですがねぇ、難しい。



アッシャー
b0118624_8305231.jpg

生まれたての頃はいつもキューの首に巻き付いていた甘えっ子。
今でも一番の甘えっ子かなぁ。



アッコ
b0118624_831868.jpg

どうもアッコはこの格好が好きらしい。
わざわざ這っていってこの体勢で眠るんですよね。



アイダ
b0118624_8312456.jpg

いつもよく眠ってるアイダ。
起きてるショットをなかなか撮れないのが玉にキズ。




「私のものよ、手を出さないで!」
と言っているような、キューの目線。
毎日ゴメン。
b0118624_8313935.jpg





マーキーはといえば、こんな感じ。
手前はコタツの布団。
コタツで暖まりながら、外の様子は見逃さない。
b0118624_8315824.jpg

[PR]
by nana_gizmo | 2009-11-26 08:26 | ウィペット

生後11日目&大きさ比べ

b0118624_23312261.jpg

 にくきゅう。
ピンクでピカピカ、ポヨポヨです。

「もう目が開くかな〜」なんて思っていたら、生後11日。
先生の見立ては「早く開く?」でしたが、やはり普通に開く模様。
何かにつけそうなんですが、先生の見立ては犬一般のセオリーで、
どうやらウィペットにはそれが当てはまらないようです。
犬は通常、生後7日から10日、遅くとも15日くらいで目が開くそうですが、
ウィペットは15日くらいから開くとのことです。
サイトハウンドだから目の成長に時間がかかるの??
答えはわかりませんが、やっぱり何かが違うんですね〜。

さて、ずいぶん大きくなった子犬たち。
せっかくなので何か比較対象と一緒に撮影してみようと考えました。
登場したのは500mlのペットボトル。
これに熱めのお湯を入れ、子犬を暖めて寝かしつけて撮影しよう!
という試みです。これは大成功でした。

子犬たち、皆さんが思うより大きいのではないでしょうか。
そして運動能力の見本としてアッシャーの動画をアップしました。
もうここまで動けちゃうんですよ。

イモイモするのもあと数日。
やっぱり、ちょっと寂しいかな…。




今日の子犬

アイス
b0118624_23315538.jpg

ペットボトルから鼻一つ分くらい大きいアイス。
最近アイスは『カバ』に似てるなぁ、とつくづく思います。
b0118624_23321183.jpg

b0118624_23322435.jpg




アッシャー
b0118624_23323629.jpg

ペットボトルから頭半分くらい大きいアッシャー。
ヤンチャ度が一番上なので、動画登場率が高いです。
b0118624_23324912.jpg

b0118624_2333191.jpg




アッコ
b0118624_23331884.jpg

ペットボトルから頭一つ分くらい大きいアッコ。
今日の体重はアッシャーを抜いて堂々の1位でした!
b0118624_2334945.jpg

b0118624_23342554.jpg




アイダ
b0118624_2334389.jpg

ペットボトルとほぼ同じ大きさのアイダ。
顔も一番華奢だし、繊細な作りの子になるのかなぁ。
b0118624_2334514.jpg

b0118624_2335380.jpg




やっぱり文句を言っちゃうアッシャー

[PR]
by nana_gizmo | 2009-11-25 23:30 | ウィペット

生後10日目

b0118624_23315158.jpg

 うっっ、大きい…。
2日間個別写真を撮らなかったせいか、ものすんごく大きくなった気がします。
もう片手に乗り切ってない。だから居心地が悪くて暴れます。
這う時に顔を上げられるようになったので、力も強くなりましたよ〜。
それに暴れると駄々っ子みたいな声を上げるもんで。
なんだか虐待してる気分になっちゃう。
ゴメン子犬たち。

とはいえ、最初の週ほどの増加率(1日100gとか)はなくなり、
今は1日に30~50gに落ち着いています。
この子たちは一度も体重が減ることなく、丸々と太っていて優秀!
本当に手がかからなくって(今だけ)有り難いですわ。




今日の子犬

アイス
b0118624_23303752.jpg

今日の体重は632g。
なんとなく目を閉じたままの瞬き、アイスが一番多いかも?
目周りの筋肉の動きが、群を抜いて良いんですよね。
一番初めに目が開くのはアイスかなぁ?
目に光が当たった時に大騒ぎするのもアイスだしね!



アッシャー
b0118624_23304941.jpg

今日の体重は675g。
さすが男の子、アッシャーが一番重いです。
でも体の大きさはアッコの方が大きいかな?
この写真は美少年風に写ってますね〜。
本当に美少年になると良いのですが…。
b0118624_23305848.jpg




アッコ
b0118624_2331927.jpg

今日の体重は671g。
アッシャーと抜きつ抜かれつ、いい勝負しながら育ってます。
アッコは成長が良いわりに目の開きは遅そうかな?
瞬きとかなんとか、そんなにしないんですよね。
とにかく大人しいので、撮影のため抱っこしてもすぐに寝てしまいます。
そんなところが愛らしいアッコなのでした。
b0118624_23312055.jpg




アイダ
b0118624_23313027.jpg

今日の体重は562g。
兄弟で一番小さいアイダですが、順調に育ってますよ。
今はレッドの色合いが濃いのですが、マーキーみたいな色になるかな?
と思っています。ちょっと願望も入ってますが(笑)。
最近はケージの中央でヘソ天になって寝てることが多いアイダ。
なにげに一番、大物かもしれませんね〜。
b0118624_23314155.jpg





暇だから、てわけじゃないんですがジグソーパズルをやろうかな、
なんて思ってます。
まだ仕事をしてることに絵柄が好きで購入した1000マイクロピースの
やつが未開封でとってあるんですよね。
昔からジグソーパズルが大好きで、はまってた頃は5000ピースとか
やったりして。死にますが、その数は。
でも組み上がった後の処理に困るので(飾る趣味がない)、
長らくその趣味を封じていたのですが、マイクロピースのバズルを
どうしてもやりたくって、思わず買ってしまったのです。

子犬の離乳食が始まる前に終わるかな〜?
できたら報告します(そんなのどうでもいいって)。
[PR]
by nana_gizmo | 2009-11-24 23:29 | ウィペット
b0118624_1311119.jpg

 昨日とはうってかわって暖かかった本日。
調子に乗って窓全開、ケージの覆いも全開にしていたら、
子犬が鼻水垂らしちゃいました…。

覆いをして時間が経ったら止まりましたが、焦りました。
ということで、またもや写真はこんなんです。すみません。
体重測定以外、ケージ外へ出せませんでした。
鼻は垂らしましたが体重は順調に増えています。



b0118624_1312678.jpg

ケージはどうしても暗いので写真が今一つですねぇ。
動画も撮ってみたんですが、やっぱり無理でした。
明日に期待、です。




さて一方、昨日のウィペット祭りではしゃぎまくったマーキー。
一日中遊んだ次の日は一日中寝る女なので、寝ます。
b0118624_1313956.jpg




日向で気持ち良く、こんな顔で寝てます。
b0118624_1315315.jpg




ともすると、こんな格好をしちゃうくらい寝てます。
あんたの鼻って、いったい…。
b0118624_132689.jpg

[PR]
by nana_gizmo | 2009-11-23 01:30 | ウィペット