猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo

<   2010年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧

マーキーって

b0118624_23145517.jpg

 おマヌケだなぁ…。
[PR]
by nana_gizmo | 2010-10-31 23:15 | ウィペット

カイロ

 といっても、暖かいヤツじゃないですよ。
先日、右足の甲の腫れが(ガングリオン)ひかないので、
カイロプラクティックへ行ってきました。


ガングリオンとの付き合いは13歳くらいの時からで、
初めて腫れた時は、ぶっとい注射器で腫れてる中に溜まってる
内容物を「ジュ、ジュ、ジューーーー」と吸い出しましたっけ。
もうね、針の穴が肉眼で見えるくらい太いヤツ。
馬の麻酔用でしょ?!くらい。
脂肪がない足の甲にそんな太い針を刺すと、
そりゃ〜もう、激痛ですよ。

そんなことは嫌なので、その前にどうにかできないかと
ネット検索していたら、カイロプラクティックで直すっていう
方法があるのをみつけました。

注射じゃなきゃ何でもイイ!ということで、
さっそくネットに掲載されていたおススメの治療院へ。
『ソフトカイロプラクティック』という、いわゆる痛みのないヤツで、
「ガキッッ」とか「ボキッッッ」とか、やりません。
治療師が撫でたりさすったりして、少しだけ持ち上げたりして、
それで歪みがスッキリしちゃうんですね〜、不思議!!


治療師さんの見立てだと、私は右側が全体的に下がっているので
右足に体重が多くかかり、そのせいで甲が腫れるのだろうとのこと。
その上、腰が右側に捩じれていて、頭痛などの原因にもなってるとか。

ガングリオンの他にも、右足は酷い捻挫と骨折、左足は交通事故で
膝の靭帯を酷く痛めているし、左半身も事故の影響で痛むことが多いし、
けっこう怪我が多いんですよ。


たぶん、施術時間は30〜40分くらいだったと思います。
やってる最中は「これで真っ直ぐになるの??」と半信半疑
(痛くないというか、あまり何も感じないので)でしたが、
終了して立ち上がると、「あ、体の中心に一本、線が通ってる!」
という、体が『しっかり』したような感じがしました。

それまでは甲の痛みもあり、右足の片足立ちができませんでしたが、
終了したら片足立ち出来るし、腫れも少し引いてました。
何より、右足の足裏を正しく地面に接地できてるのが、気持ち良い!

今まで、右足首が外側へ傾斜しているのは「自分の体重が重いから」
だと思ってましたが、体が歪んでたからなんですって。
両足がしっかり地面を蹴ると、足が疲れないですね〜。

それにね、数日経ってから思いますが、頭痛が出ない。
台風はきたし、諸々のことから絶対に頭痛が起こる状況なのに、
頭痛が出ないんですよ〜、驚きました。

もちろん1回の施術では元へ戻ってしまうので、数回通います。
でも、いろんな場所が楽になったから、通うのも苦になりません。

あ、ちなみに私は、マッサージがダメなんです。
揉み返しの酷い体質らしく、何しても次の日から数日は発熱コース。
エステへ行っても発熱するくらいなので、激しいのはダメらしく。
ソフトカイロプラクティックが、ちょうど良かったんですね。

あぁ、これで歪みが直って、痩せたりしないかなぁ…。
[PR]
by nana_gizmo | 2010-10-30 16:52 | 徒然

一日外出していたので

 また明日〜!
[PR]
by nana_gizmo | 2010-10-29 14:10 | 徒然

こんな夜は膝の上

 まだコタツを出す前のある晩、フリースの膝掛けを
使用していた飼い主をジッと見つめ、抱っこをねだるキュー。
自分だけ暖かい思いをしていたので気が引けて、
仕方なくキューを抱っこして、フリースで包んだ。





b0118624_031347.jpg

満足げなキュー。






包みをひっくり返してみた。
b0118624_0111415.jpg





「邪魔しないでって、言ってるでしょ!」
b0118624_0112343.jpg






い、いつもごめん…。
[PR]
by nana_gizmo | 2010-10-28 00:10 | ウィペット

暑さ、寒さ

「季節の移り変わり」なんて情緒を
まったく感じられなかった、今年の秋。
秋どころか、一気に冬へ駆け抜けて行ったかのよう。




ちょっと前まではこんなだったけど…
b0118624_2337316.jpg





今はこんなふう。
b0118624_2337179.jpg

マーキーはおマヌケだけど、毛布へ潜る技はピカイチ。
キューを指導してほしいくらいだ。
[PR]
by nana_gizmo | 2010-10-27 23:31 | ウィペット

コタツの季節

 木枯らし一番が吹いたらしい本日。
さすがに風が冷たくて、寒かったですね。


ということでやって来た、コタツの季節。
b0118624_2541976.jpg

ちょっとわかり難いですが、2個の椅子それぞれに猫が座り、
座面をくっつけた中央にキューが寝転がってるのです。

これは初コタツを満喫している写真。
キューのうっとりした表情、気持ち良さそうだ〜。

我が家では猫だけでなく犬までも、コタツLOVE。
電源を入れたら最後、誰もコタツから出てきません。
コタツの中は大混雑!
反して無駄に広いリビングは、寒々しい限り。
来春までは、この風景が続きます。
[PR]
by nana_gizmo | 2010-10-26 02:53 | 徒然

My guitar hero 'SLASH'

b0118624_037710.jpg

ギターを弾く人はもちろん、音楽好きなら誰しも、
『憧れのギタリスト=ギターヒーロー』がいます。
好きなジャンルや年代により、ヒーローは人それぞれです。
あ、ちなみに私のギターヒーローはSteve Vaiですが。


先週の土曜日、クマバンドのメンバーが我が家に集まり、
『ライブDVDの鑑賞会』という名の打ち上げをやりました。
集まったのはドラムの大王さん、ヴォーカルのさぉさん♪、
ギターの悠くん、ベースのクマ、撮影隊?だった私。
前回に引き続き、マッタリと楽しい時間を過ごしました。

で、その最中に驚くべき話を聞いたので、ぜひ皆さんにも
聞いていただきたいと思いまして。


トップの写真は有名なハードロック・ヘヴィメタル専門誌、
今年25周年の『BURRN! 7月号』であります。
巻頭インタビューは、元 GUNS N' ROSESのギタリストで、
現在はソロ活動の傍ら、VELVET REVOLVERのギターも務める
『SLASH(スラッシュ)』です。
名前は知らなくても、このビジュアルは知っている人も多いはず。

デビュー当時から独特のスタイルでカリスマ性の高かったスラッシュは、
瞬く間にギタリストたちを魅了し、一時は「若いギタリストは皆、
スラッシュのプレイスタイルを真似てる」と思えるほどでした。
今でも20〜30歳代の若いギタリストに、絶大な人気があります。

彼は今年の3/31に『SLASH』というソロアルバムを発売し、
4月の下旬にプロモーションで来日、インタビューを受けたとか。
来日時にはCD購入特典のプレミアムイベントが開催されたそうで、
その名も『スラッシュなりきりコンテスト』。

全国から「我こそはスラッシュの完コピ・プレイヤー!」という
ギター小憎が、スラッシュと300名の限定招待ファンの前で
完璧さを競う、という大胆な企画。
もちろん全員は出場させられないので、一次審査を通過した
僅か4名が、このプレミアムイベントでプレイできるのです。
優勝者には豪華賞品がスラッシュから贈呈されるらしい?!

審査員は伊藤政則氏、ヤングギター編集者2名、スラッシュの奥さん
(8月に離婚しちゃった!)という顔ぶれなので、BURRN!の
インタビューページでも大きな扱い。
b0118624_23452670.jpg

b0118624_23494952.jpg














でね、ここに注目!
b0118624_043081.jpg





拡大すると、ニヒルな男子のギタープレイ姿。
イベントでプレイした4名のうちの1名。
b0118624_05256.jpg

なんとクマバンドのギタリスト、悠くん!!!!!




私ミーハーなもんで、年甲斐もなく興奮しちゃいましたよーーー!
クマバンドのギタリスト・悠くん、私が今まで聞いたアマチュアの中で
一番上手いとはいえ、ここまで凄いとは末恐ろしい…。

彼のギタースタイルはただの早弾きではなく、プロのようにミスなく、
リズムは安定し、面白いフレーズを次々に繰り出し、なんだかもう、
信じられないような素晴らしさがあるんです。
聞いた人は誰でも「凄い」「上手い」という言葉しか出なくなるほど。
これが若干21歳だと言うんだから、本当にドギモを抜かれます。

惜しくも優勝は逃しましたが、審査員たちにたいそう好評だったとか。
伊藤政則氏とヤングギターの編集にウケたってことですよ!!
そのレポートはこちら↓
元ガンズ・アンド・ローゼズのギタリスト、“スラッシュ”来日記念特別イベント
『スラッシュなりきりコンテスト!』レポート





いや〜。
興奮した〜。
彼は間違いなく、素晴らしいプロのギタリストになると思います。

そしてね、彼のもっと凄いところは、まったく奢りがないこと。
あの若さでこんなに弾けたら、どんだけ天狗になっても変じゃない。
でも、すごく謙虚だし、礼儀正しいし、本当に好青年!
そこがまた『彼の魅力』だと思います。

ということで、先日のクマバンドのライブ動画、
別の方がアップしてるものがあったので、載せておきます。
こちらの動画はちゃんとしたビデオカメラで録ったらしく、
音がしっかり聞けます。

↓YouTubeにジャンプします↓
MHP 'Private heaven'
MHP 'All Night Party'
MHP 'Paradox'



悠くんの、今後の活躍に期待ですね〜!
オバサン、楽しみだわ〜。

あ、クマバンドは次回、2月にライブだそうです〜。
[PR]
by nana_gizmo | 2010-10-25 23:15 | 音楽

あぁ、明日のはずが

すみません、持ち越し〜!
[PR]
by nana_gizmo | 2010-10-24 00:39 | 徒然

お客様が来ていたので

 また、明日〜!
[PR]
by nana_gizmo | 2010-10-23 09:33 | 徒然

ヒートと連帯?欠席

 『足柄でBBQ』の記事中で「キューがヒートで不参加」
「キューのヒートでマーキーが連帯?欠席」について質問が
ありましたので、ざっくりと説明してみたいと思います。

犬を飼っている方には避けて通れない問題ですが、
飼っていない方にはまったく意味のない話ですので、
興味がない方はスルーでお願いします。




「連帯責任て…」
b0118624_8245523.jpg

「こんな感じ?それとも…」
b0118624_8245056.jpg










だいたい半年に一度、犬のメスには月経と同様なものがあります。
これを『ヒート』や『サカリ』などの言葉で表現します。
詳しくはこちら↓
犬の生理


半年に一度しか訪れませんが、その間に交配可能なのは僅か5日ほど。
1年で10日程度しか、子孫繁栄のチャンスがない訳です。

これは何を意味するかといえば、オスもメスも必死になって
子孫繁栄の僅かなチャンスにすがろうとするのです。


ヒートの来たメスは、効率的にオスを誘うためフェロモンを出します。
その威力は、数キロ先にいるオスが反応することもあるとか。
この時期のメスを散歩をすると、オスのように道の匂いを嗅ぎオシッコを
して歩き、自らのアピールに余念がありません。

対するオスの方も、ヒート中のメスの匂いに大変敏感です。
僅かなチャンスを逃してなるものかと、匂いを嗅いだ時点で寝食を忘れ、
飼い主さえ忘れ、子孫繁栄の本能に突き動かされるのです。


もし散歩中、ヒートのメスがオスと行き会えば、オスはキャンキャン鳴き、
メスのところへ向かおうともがき暴れるでしょう。
一度匂いを嗅いでしまうと、帰宅してもご飯を食べずにヒンヒン鳴いたり、
落ち着かなげに歩き回って、飼い主の言うことを聞かなくなります。


これがドッグランだったらどうでしょう。
オスはヒート中のメスをめがけ突進し、なんとか思いを遂げようとします。
交配できるかどうかの選択権はメスにあるので、もし意に染まない相手だと
メスが怒り、喧嘩に発展することもあります。

また、ヒート中のメスを巡り、オス同士で交配の権利をかけて
本気の喧嘩に発展することがよくあります。
これは大変危険で、運が悪いとどちらかが死亡する恐れもあります。


これだけ危険な状況を引き起こすヒートは、交配可能なのは5日程度なれど、
ヒートのフェロモンが匂う期間は大変長いのです。
僅か5日しかないからこそ、オスを誘う匂いの出る期間が長いのかもしれません。

発情前期から発情期は出血が始まってから15日前後、
発情後期が2カ月ほどあります。
オスの反応を見ると、発情前期の1〜2週間前くらいから態度が変わり、
出血が始まってから60日くらいで、ほとんど態度が変わらなくなるように見えます。


このようなことから未避妊メスの飼い主は、犬のヒートについて
かなりの気づかいが必要となるでしょう。
よく「出血が始まってから1カ月は外出を控える」と言いますが、
私は『1カ月ではまだ早い』と思っています。
1カ月では、未去勢オスのほぼ全数が匂いに反応します。
ヒート後のメスを公共の場所へ連れ出す時は、『出血から1カ月半過ぎ』
というのが一つの目安だと思います。

犬の飼い主たちの間で盛んになったイベント・レースへの参加となると、
出血から2カ月は参加を見合わせた方が安全だと思います。
ヒートはそれだけオスに与える影響が強いのです。


「そんなに長く?!」
と思われる方もいるかもしれませんが、ヒートのメスが出す匂いの影響は、
メスの飼い主が目にする「マウントした、しない」くらいの表面上のこと
だけではありません。
例えばレースならタイムに影響が出るでしょうし、帰宅してからも
ご飯を食べなかったり、夜通しメスを呼んで鳴き叫んだり、大変なものです。


未避妊メスの飼い主さんがどう感じるかはわかりませんが、これだけ密集した
日本の住宅事情の中で多くのペットが飼われている現状を鑑みると、
やはりヒートを迎えるメスの飼い主が気をつかうべきでしょう。
オスの飼い主には、フェロモンの反応を防ぎようがないのです。
早いうちに去勢手術をしても、反応する子が多いのです。


未避妊メスを飼っていて、将来交配予定がなく、ヒートがイベントやレース
参加の足枷だと感じるようなら、早々に避妊手術することをお勧めします。

昔は「一度ヒートを見送ってから手術」という説が支持されましたが、
今では『そのような説に根拠はない』というのがセオリーなようです。
また、避妊・去勢手術は将来、発症する可能性の高いホルモン系の病気を
防ぐ手だてにもなります。

その上ヒートを迎えたメスは、怠かったりイライラするため、
普段は仲の良い同居犬や家族に対し、攻撃する場合があります。
ヒート中でない未避妊メスも、子宮を温存するとメス本来の
行動のせいで攻撃性が高まる場合もあります。
攻撃性の高い未避妊メスの扱いに困っている時は、避妊手術が
功を奏する可能性もあります。


未避妊メスの飼い主さんは、ヒートを迎えたメスの扱いに細心の
注意を払うことを念頭に置いてください。
煩わしいなら避妊手術をお勧めします。

オスの飼い主さんは、ヒート中や前後のメスがいないかの確認を
怠らず、マウントや喧嘩の発生を食い止めてください。
未去勢オスは去勢手術をお勧めします。



こんな事情からヒート中のキューはもちろん不参加、
同居犬のマーキーもキューの匂いが付いているので不参加です。
オスの飼い主さんに不快な思いをさせるのは申し訳ないし、
オスたちの切ない姿、そして飼い主さんに怒られてしまうのは、
見ていてとても辛いです。

未避妊メスの飼い主さんはその辺の事情を踏まえ、譲り合う心を持ち、
友好的なドッグライフを送っていただければなぁ、と思います。






「つまり、こういうこ!」
b0118624_8244741.jpg

[PR]
by nana_gizmo | 2010-10-22 23:46 |