猫1匹・犬(ウィペット)2匹・おかやどかり・音楽を愛し、エキセントリックな日々を過ごす管理人の日常を綴ります。


by nana_gizmo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

生後4日目&キューのピンチ

b0118624_01561.jpg

 出産後は下痢になりやすい。
というか、ほとんどが下痢になってしまう。
キューはあっという間に胎盤を2個食べてしまい、
速攻で猛烈下痢になるかと思いきや、月曜の晩まで出さなかった。

が、出したと思ったら、今度は止まらない。
火曜の夜は15分に一度は踏ん張ってしまうほどの激しさ。
絶食をしたいけれど、授乳をして痩せ細っているキューにやらせたくない。
でも、もし水曜の朝まで止まらないなら、絶食だな…。
こんなふうに思っていた昨晩。

もちろん夜中ケージ内のトイレで踏ん張り続け、おまけに吐いてしまった。
もう、ケージ内はドロドロ。絵にも描けないナントカ、というやつ。
朝、ケージの覆いを開けたとたん「散歩へ行く」というのでとりあえず外へ出すと、
なんと血混じりの便(直腸からの出血)。これはまずい!
慌てて家に一旦戻り、マーキーを置いて子犬をバリケンに入れ、
車でクマを会社へ送り、その足で動物病院へ向かった。



b0118624_02851.jpg




出産後は一時的に免疫が落ちるので、ちょっとしたことで下痢を起こしやすいし、
授乳をしていることで強い薬を使えず、治すのに苦労をする。
子宮の戻りは順調なのに。
あまりやりたくないけれど急遽、子犬たちの初外出。
日曜日に子犬の狼爪切除手術を予約していたので、
当然それまで外へ出さないはずだったのに。

とりあえずキューの下痢は大きな問題にならなかった。
授乳中でも飲める薬をもらい、ご飯の量を減らして様子を見ることに。
まぁ、ひとまず安心。

先生は子犬たちの健康チェックをざっとして、これくらい大きくて元気なら
狼爪手術はできる、というので日曜の予定を繰り上げて処置してもらった。
診察室から運び出されるバリケン。
キューはひどく狼狽えて、少し鳴いた。

処置が終わるのを待っている最中も狼狽するキュー。
たまに子犬の鳴き声が聞こえてしまい、ますます挙動不審。

やっと先生がバリケンを持って外へ出てきた。
途端にバリケンへ飛び乗ろうとし、怒られるキュー。
キューを乗っけたままバリケン抱えて歩くことはできないよ。



b0118624_023414.jpg




病院周辺でトイレをしなかったキュー。お腹は大丈夫なんだろうか?
ま、困ったらどこかで止まろうと思い、帰路についた。
最近、工事をしている海沿いの道が大渋滞を引き起こす。
下手をすると抜けるのに1時間くらいかかってしまうのだ。
その付近の道に明るくないので、脇道もよくわからない。

で、もちろん渋滞にはまった。とろとろ、のろのろ、車は進む。
ふと横を見ると、キューが後部座席から身を乗り出している。
私に頭を持たせかけ、しきりに目を見つめる。
これは。まさか。

何度「後ろへ戻れ」と言っても、頑に戻らず、ハアハア喘いで見つめる。
マズいな、この態度。



b0118624_024736.jpg




慌てて脇道へ入り適当な場所を探すも、車を止められる場所がない!
キューは横でハアハア、ブルブル。
ま、待て、もうちょっと頑張ってくれ。

かなり北上してから、とあるスーパーの駐車場へ車を止めた。
車から飛び出るなり、しゃがみ込むキュー。
5分はしゃがんでたんじゃないの、アナタ。



b0118624_022289.jpg




ということで、なんとか最悪の事態は免れたものの。
本当にやばかった。あれはホント、ギリギリ。
あら?キューのピンチっていうより、私のピンチなの??

そして午前中イッパイ下痢ウンチを拾いまくった飼い主には、
帰ってからのケージ内大掃除が待っているのだった…。

さすがに飼い主、あまりの汚れっぷりにヘコんだ。
子犬がいるから、いつも以上に徹底的な掃除が必要だ。
ブログのコメントを読んで、だいぶ元気づけられましたよ。
皆さん、本当に応援ありがとうございます。



b0118624_03167.jpg

ということで、今日の写真は外出バリケンバージョン。
いつもと違い子犬に動きがあって面白いと思います。
動きついでにせっかくなので、動画もアップ。
皆さんの応援へのお礼ですので、お楽しみください!








[PR]
by nana_gizmo | 2009-11-18 00:00 | ウィペット